“The New Tony Williams Life Time” (1975) Tony Williams
Tony Williams(drums)
Tony Newton (bass) Alan Pasqua (piano) Allan Holdsworth(guitar)

Believe It
Tony Williams
Columbia Europe
2004-05-25





 トニーウイリアムス。
 60年代マイルスデイビスクインテットをささえた屈指の名ドラマーが、70年代に進めていたフュージョンバンドがニューライフタイムだ。
 ニューと言う位だからもちろんライフタイムがその前身バンド。
 こちらの方はハンコックのヘッドハンターズやチックコリアのリターン・トゥ・フォーエバー、ウェザーリポート、マハビィシュヌオーケストラ、と共にマイルス直系のフュージョン黎明期のバンドとして、時々、とりだたされているので、それなりに有名だが、ニューとなってからは、ギターにあのアランホールズワースを迎えて、ハードロックのヘヴィネスとは違う斬新なサウンドを創っている。
 プログレジャズフュージョンの元祖と言いかえれるかもしれない。
 トニー自身のドラムも60年代の正確かつシャープなイメージに加え、太くてたくましくなったように思える。
 VSOPでの凄まじいドラミングはライフタイムやニューライフタイムでの経験があったからこそ成し得たかもしれないと思えてくる。



posted by M.A.