“Eyes of the Heart” (1976) Keith Jarrett
Keith Jarrett (piano etc.)
Dewey Redman (saxophone) Charlie Haden (bass) Paul Motian (drums)

Eyes of the Heart
Keith Jarrett
Ecm Records

キース ジャレット

 アメリカンカルテット、ライブ盤。
 "The Survivor's Suite" (1976)が凄まじいアルバムでしたので、バンドとしてのエネルギーを使い果たしてまった感も。
 その抜けた感じが何とも言えないバランス。
 前聞いたことのあるあの感じでガツンと来るか、と身構えているとサラリとかわされます。
 拍子抜け、と言えばそうなのかもしれませんが、結果、肩に力を入れずに聞けるので結構気に入っています。
 とはいえ、このバンドならではの緊張感、妖しさ、美しさは健在。
 残り火の妖しさ、悲しさ、寂寥感いうか・・・いいバンドでした。

(※本投稿は2015/08/20から移動しました。)



posted by H.A.