“Alma” (2012) Omar Sosa & Paolo Fresu
Omar Sosa (piano,keybords,percussion) Paolo Fresu (trumpet)
Jaques Morelenbaum (cello)

Alma
Omar Sosa & Paolo Fresu
Ota Records
2012-01-10
オーマ ソーサ
パオロ フレス



 何故か繋がっているイタリアのトランぺッターとキューバ出身のピアニスト。
 さらにブラジルのチェリストを加えた本作。
 明るく前向き、無国籍な音。
 強いて言えば南米、アルゼンチンあたりの雰囲気。
 全体を仕切っているのはOmar Sosaでしょうか。
 激しい系を含めていろいろやってきた人ですが、ここでは音数を絞ったピアノがPaolo Fresuの端正なトランペットと合います。
 ピアノが作るゆったりとしたリズムの上で、トランペットがもの悲しげにリードし、チェロ、パーカッションが彩りを付ける構成。
 基本的にはアンサンブルが中心。
 派手さはありませんが、音数の少なさが深みのある不思議な音楽。
 超人ではなく、普通の人間の香りがする、すごくナチュラルな音。
 それが二人の共通点なのでしょうかね。
 ジャケットはなぜかちょっと怖いですが、音は全く穏やか。
 暖かい晴れた日の午後の音。
 少しの寂寥感。
 いい感じのゆるさです。




posted by H.A.