“Anders Jormin” at Shibuya, Tokyo
2014/5/22

Anders Jormin(bass)
Mariam Wallentin(voice)、Erika Angell(voice)、Fredrik Ljungkvist(clarinet, saxophone)、Jon Fält(drums)

 ヨーロッパジャズファンならばどこかで聞いたことがあるはずの、さながらヨーロッパのPaul Chambers、Anders Jormin。この度は自身のバンドでの来日。
 Jorminさん、バックに回ると堅実さに加えて何とも言えない上品なグルーブ感を醸し出す名ベーシスト、自身のバンドではこれも何とも言えない怪しい音楽を展開する。どんな音楽をやるにしてもライブでは凄いに違いない、と思い参戦。

 さて、やはり不思議な感覚の旋律やラテン語?で歌われる宗教っぽい曲は怪しさ満点なのですが、CDで聞くのとは何か違う。
 おそらくボーカルのお二人が気持ち良さげに体を揺らしていたこと(これが実にカッコいい)に象徴されるグルーブ感。そしてその根源はAnders Jorminのベースだと思います。
 ドラマーがかなり自由に動くタイプだっただけに、Jorminさんが終始さりげなくベーシックなリズムを決めていたように思います。これが超一流の人のなせる技なのかな。

 Arild Andersen、Lars Danielson、Palle Danielsonなど、ヨーロッパのベースの名手はたくさん、それぞれ特徴がありますが、Jorminさんが一番上品なグルーブを醸し出してくれる。私の好みはド派手なArild Andersenと堅実なAnders Jormin。

 なお、ボーカルの女性お二人、只者では無い感が漂っていましたので、これからメジャーになってくるかも。

 家に帰ってCDを聞いてみましたが、やはりライブの方が圧倒的にいいなあ。
 でも少々難解で取っ付きにくかったCDがいい感じで聞こえてくるようになりました。
 やはりジャズ、特にこの種の怪しい系の音楽はライブに参加すべきですね。
 
Ad Lucem
Anders Jormin
Ecm Records
2012-03-06





posted by H.A.