“Vaghissimo Ritratto” (2007) Gianluigi Trovesi
Gianluigi Trovesi (alto clarinet)
Umberto Petrin (Piano) Fulvio Maras, Fulvio Marras (Electronics, Percussion)

Vaghissimo Ritratto (Ocrd)
Gianluigi Trovesi
Ecm Records
2007-04-24
ジャンルイージ・トロヴェシ 



 知る人ぞ知る(そうでもない?)イタリアのサックス、クラリネット奏者。
 ピアノとパーカッションを従えたトリオで、ジャズともクラシックともポップスともつかない、静かで優しく、美しい音楽を奏でてくれます。
 冒頭曲、天から何かが下りてくるようなキラキラとしたピアノ、シムノペティNo.1的なコードの上を牧歌的なアルトクラリネットが漂います。
 全編この質感。
 ジャズ的なスイング感、躍動感は薄く、また、激甘な美曲があるわけではありませんが、ゆったりとした静謐さの中に突然少しだけ甘いメロディ、あるいはスピード感のあるフレーズが次々と現れる展開。
 いかにもヨーロッパ~ECM的ですが、全曲明確なメロディ、リズム。
 このレーベルにありがちな難解さや陰鬱さはありません。
 雰囲気はさながら予定を入れていない晴れた日曜日の朝。
 心地よい落ち着いた一日が過ごせそうです。
 また、全体を通じて好サポートのピアニストUmberto Petrin、さらりとした音、控えめな演奏ながら、只者ではない感が漂います。
 とても穏やかでさりげないようで、とても素敵な音楽。




posted by H.A.