“Death and the Flower” (1974) Keith Jarrett
Keith Jarrett (Piano, Soprano Saxo, Percussion, Wood Flute)
Dewey Redman (saxophone, Percussion) Charlie Haden (bass) Paul Motian (drums, Percussion) Guilherme Franco (Percussion)

Death and the Flower
Keith Jarrett
Grp Records
キース ジャレット


 Keith Jarrett若かりし頃のドラマチックでアグレシッブなジャズ組曲。
 当時の雰囲気は分かりませんが、相当新しい感覚の音楽だったのでは?
 モダンジャズの香りはほとんどなく、かといって、フリージャズでもマイルス的ロックジャズでもなく、プログレッシブロックに近いかな?クラシックの香りも少々。
 あまりにも美しい曲がジャズっぽくなく、構成もインプロビゼーションに頼るのではなく編曲重視。ピアノもクラシックの香りが強いか、少なくともモダンジャズピアノとは全く違う感覚。リズムも普通の4ビートではない。でも、なぜかジャズの雰囲気。
 さて、一曲目。
 いきなり怪しい笛とパーカッションのインプロビゼーションが数分。
 これにくじける人もいるかもしれないけども、しばらくするとこれも怪しいベースに導かれながら、ピアノによる美しい展開~サックスによるドラマチックなテーマが始まりますので、慣れなくても我慢。
 さらにDewy Redmanのハードボイルドなサックス、少しテンポを落としてKeithの美しくも激しいピアノ、続いてCharlie Hadenのメロディックなベース。
どのソロにも印象的で美しいフレーズが満載。
 ドラマチックで沈痛で美しいバラードに続いては、ペースを上げて、Keithお得意のゴスペルチック~エキサイティングな展開へ。
 曇っていた空が一気に開け、燃えるような色に変わる感じ。
ノリノリでもっともっと続いてほしいのだけども、アナログ時代の時間の制約か、そそくさと終わってしまうのがもったいない。
 アナログでのA面はそんな20分を超える組曲ですが、B面の2曲もカッコいい。
 祈るようなメロディのピアノとベースのDuoでのバラード、サックスの尖ったメロディの繰り返しと、バックのさまようようなピアノの組み合わせが何とも言えず絶妙な、不思議な感覚のエキサイティングな曲。
 全編通して怪しい雰囲気、妙な緊張感が漂っていますが、それがこのアメリカンカルテットの魅力。
楽曲の美しさ、ピアノの鋭さと合わさって、クリエイティブさ満載。
 ひねり過ぎていて今聞くと古い?私はそんなことは全く感じません。
 また聞き通してしまった。こりゃカッコいいわ。
 この前年がSolo Concerts、翌年があの”The Köln Concert”ですので、この辺りがKeithのピークその1なのでしょう。

(※本投稿は2014/04/02から移動しました。)

※これはB面。


posted by H.A.