f0321768_03032258
廃墟を保存することは、もっとも醜い逆説である
by S.I



 モダン・ジャズの演奏のスタイルは、なによりも参加しているミュージシャンたちが、魅力的なソロ(インプロビゼイション/アドリブ)をプレイすかが肝心だ。

 
 例えばサックス、トランペット、プラスピアノトリオの編成だと、まずはサックス等の管楽器が曲のリフを演り、何コーラスかアドリブをする。つぎにトランペットのソロ。続いてピアノのソロ。その後、ベースのソロも続いたりする。それから4バースとか8バースのいわゆるドラムとの掛け合いをプレイしたりする。最後にまた再び曲のリフに戻りエンディング、というわけだ。

 
 ジャス・ファンなら誰でも知っているお決まりのフォーマットだ。ライブ盤のアルバムなんかだと、それぞれのソロが終わるたびに拍手が起き、ヒューヒューと口笛が鳴り響いたりして臨場感もある。これはもう、一種の儀式みたいな感じだ。

 
 私がずっと聴き続けてきたモダン・ジャズは、あくまでも、そのプレイヤーのソロが、いかにエキサイティングで光り輝いているかが、もっとも重要だ。

 
 「名盤」と呼ばれるものは、もちろんそのアルバムに参加したミュージシャン達のまとまりとかバランスと、いろいろあるけど、やっぱりプレイヤー達のソロがいかに素晴らしいかが評価のもっとも重要なポイントだろう。参加したミュージシャンがみんな仲が良く和気藹々としていたかと云うと、必ずしもそうではないなんて話も耳にしたことがある。それでも名演、名盤は出来る。

 
 若い頃、ジャズ仲間でサックスを演っていた友人が、マイルスの50年代の名作スティーミン、とかリラクシンなどのアルバムで、「俺はコルトレーンしか聴いてないんだ、マイルスもレッドガーランドもどうでもいい」なんて言い放っていた。まァ、コルトレーンフリークの彼だから致し方ない発言かもしれない。

 
 さて、一転してコンテポラリー・ジャズはどうかというと、だいぶその様相が変わっているように思える。もちろんプレイヤーのソロの質そのものも、それなりに重要ではあるけど、そのアドリブそのものよりも、参加しているミュージシャン全員でいかなるサウンドを創るか、そして皆でいかにそのアルバムのクオリティを上げるか、つまり演じるというより「創作」しているような気がしてならない。

 
 アルバムの中では殆どソロをとらない演者もいる。でも全体としてはその音が「効いている」場合も少なくない。単なるバッキングというより、いかに全体のサウンドを彩り、創りあげるかが最重要課題である印象が強い。

 
 以前、私がモダンジャズのアルバムを聴いていた際、どうしてもそのお気に入りのミュージシャンのソロそのものに注目してしまいますが、でもコンテンポラリーはソロというより、つまりいかに演じるか、とかいうよりアルバムとしていかに創作するかということこそが問題なのでしょう。

 
 このことは、アルバムのジャケットなんかにも現れている感じがする。モダンのアルバムのジャケットはミュージシャンの顔写真が多かった気がする。イラストでもそれはミュージシャンの顔や楽器をデフォルメしたとかポップな感じが少なくなかった。

 
 でもコンテンポラリーのアルバムは、圧倒的にミュージシャンの写真とかよりアーティステックな風景写真とか、絵だとしても、イラストというより抽象画とか、芸術性を感じさせるような絵画が多く見受けられる。

 
 私が好きなレーベルのひとつであるECMのジャケットは、どんよりとした空とか、荒涼とした大地とか、そんな感じの写真が圧倒的に多い。そしてジャケットから受けるイメージと中身の音は、けっこう同調している。つまり少なくとも何を表現するのか、というテーマ性とか、録音後に出来た作品のイメージをジャケットを通じて伝えようとしている気がするのです。

 
 コンテンポラリー・ジャズは、モダンのように、いかに演じるか、というより全体として何を表現するかが、問われているのではないか。ミュージシャン達は、ソロ・プレイヤーとしての技術や力量よりも、アルバムとしていかなる世界が創造できたかが問われているのではないか。だからジャケットもけっこう重要だと思います。

 
 音楽である以上、そしてそれぞれが楽器を駆使するという点では、もちろんある程度はそのテクニックや力量は問われるだろうが、もっとも肝心なのは、それが具体的なモノであれ文学的なモノであれ、プレイヤー達は、どんな音世界を創り上げるのか、そのことに苦心しているに違いない。

 
 いかに演じるか、ではなく、いかに創作するか、これからのジャズに問われる本質のような気がしてならないのです。少なくとも私にとっては誰がもっとも巧いのかとか、凄いのかではなく、その音世界がいかに心を揺さぶるか、それがもっとも重要なのだと思えるのです。

si50posted by S.I.