f0321768_03010621

欲深く醜い希望と、悲しく美しい絶望。その倒錯を証明する手掛りが廃墟である。
by S.I.
 

 
 そういえば、ミュージシャン同士の会話とか、その演奏への褒め言葉としてよくこんなセリフを耳にしました。

 「日本人っぽくないね」とか「日本人離れしてるね」とか、そんなセリフが、ミュージャンへのある種の褒め言葉として使われていた気がします。今もそうかもしれない。

 
 これって、海外ではどうなんだろうと、思ったりします。例えば、フランス人同士やドイツ人同士でも、こんな会話があるのだろうか。

 
 素晴らしいジャズの演奏に対して「フランス人っぽくないね」とか「ドイツ人離れしてるね」とか云うだろうか・・・? どうも私にはそうは思えないのです。

 
 日本人っぽくないね、みたいなセリフは妙に海外の文化に対し必要以上にありがたがる日本人の特性のような気がしてならないのです。確かにジャズはアメリカが生んだ音楽であり文化ですが。

 
 ところで、こんな話を聞いたことがあります。日本が誇るアニメで、海外の興行収入、つまり版権収益で、第1位が「千と千尋の神隠し」で第3位が「もののけ姫」だそうです。(2位は確かピカチュウだったと思います)

 
 これにはちょっと驚きました。ジブリの作品で云うならば、例えばナウシカとかラピュタのほうが設定も西欧っぽくて、特に欧米人にはウケるのでは、と思うのですが。でも、海外でウケているのはきわめて日本っぽい色合いの作品なんですね。果たして欧米人に「八百万の神」とか「しし神」とか分かるのかな、なんて思うわけです。

 
 まァ、理解できるかどうかは別として、それは海外の人々にとってエキゾチズムを感じるのかもしれません。結局もっともウケているのは日本っぽいものなんですね。

 
 こんな話も聞いたことがあります。日本でもそこそこ有名なジャズピアニストがドイツのジャズフェッシバルで大変な喝采を浴びているということで、毎年のように呼ばれて参加しているようです。私としては、正直なところ「なんであのピアニストがヨーロッパでそんなにウケるのかな」とちょっと首をかしげてしまいました。

 
 でも、ある方の意見では、彼のピアノはけっこう日本人っぽくて、ちょっと悪口っぽく云うなら、演歌っぽい。その何というか「日本人特有のぎこちなさ」みたいな感じが返って欧米人にはエキゾチックな印象を与え、ウケているんじゃないかとのことです。

 
 その真偽はともかく、私としては、それはそれでいいじゃないか、と思います。その「日本人っぽさ」は、それこそ欧米人には真似の出来ないことでしょうから。

 
 さて、これは私にとってちょっとお恥ずかしい話なのですが正直に告白します。もう10年以上前の事なんですが、年末何気なく紅白歌合戦を観ていたら、由紀さおりさんの姉妹が登場して、童謡の「赤とんぼ」を唄い始めたのです。

 
 唄い始めてから30秒ほどで私は不覚にも涙が溢れてきました。唄い終わるころは涙で画面が見えなくなるくらいでした。自分でもあの時何が起きたのか良く分からなかったのです。それまで流れていた流行りの曲は半ば嘲笑しながら聴いていたのに・・・

 
 「私もやはり日本人なんだ」というセリフはともかく、あの時、私の心の中の琴線に触れたのだと思います。子供の頃耳にしていたシンプルなあのメロディが、ずっと長い間ジャズファンだった私の血の中にある何者かを呼び起こしたのかもしれません。由紀さおりさん姉妹の歌唱力も関係していたでしょうね。

 
 昨今はユーチューブのおかげで様々な類の音楽に手軽に触れることができます。日本民謡で検索すると、日本各地の民謡やらがたくさん視聴でき、日本には全国各地にこんに様々な民謡があるんだな、と驚かされます。

 
 私たちには、これほど豊富な民族性あふれる旋律やリズムがあるのですね。それが滅びる途上にあるのか、細々とではあるけど脈々と受け継がれているのはよくわかりません。

 
 日本の若いミュージシャンたちは、もっとこの日本古来の音楽に注目し、追求し、それを自分の表現に巧みに取り込むようにしたらどうだろうと私は思うのです。日本人はまだそれを完全には失っていないはずですから。

 
 ジャズはアメリカで生まれたのは間違いないのですが、昨今は世界中のミュージシャンたちがそれぞれの民族性を顕わにしたバラエティ豊かなサウンドを続々と生み出しているのです。

 
 近いうち、日本のミュージシャンの中から、我々日本人の魂を揺さぶるようなきわめて「日本的」なコンテンポラリー・ジャズが生まれてこないか、私はひそかに期待しています。

 
 そして、そのほうが実際には海外の人々に受け入れられ、より多くの人々に聴かれるようになるのではないかと思えてならないのです。

 
 いい加減、グローバル・スタンダードという名の、アメリカン・スタンダードとはそろそろ決別しようではありませんか。


si50posted by S.I.