f0321768_02165006
廃墟を美しいと感じるのは、廃墟に対する思考の逆説ではなく、意識の倒錯に近いものであろう
by S.I.  



 廃墟とコンテンポラリー・ジャズ。


 壮大なこじつけをしようたくらんでいるわけではありませんが、まァ、辛気臭い屁理屈になってしまう危険性も感じながら、語ってみたいと思います。

 私は廃墟ファンです。ここで廃墟論を展開しようとしたらあまりに長くなってしまうでしょうし、本が一冊書けてしまうかもしれませんので、それは控えましょう。


私が良く考えるのは、「なぜ自分はこれほど廃墟に魅かれるのか」です。実は明確な結論があるわけではありません。


 いろいろな語り口があるのですが、その廃墟の魅力のひとつとして、廃墟の存在は、それ自体が不条理であり、社会の矛盾そのものだ、ということです。


 先日たまたま「奈良ドリームランド」のニュースを目にしたのです。この遊園地は1961年に開園したそうですが、時代の変遷ととも、2006年には閉園になり、そのまま放置され、廃墟の仲間入りしたわけです。


 例えば人里離れた炭鉱の廃墟や「軍艦島」のように離島ならあまり大問題にはならないでしょうが、奈良ドリームランドの場合はその近くに実際に人々の生活があるのです。現在でも奈良ドームランド前というバス停があるようです。


 この廃墟の中は落書きが目立ち、カラスの楽園になっている風体でもある。ということは、不審者の巣窟になっている可能性もあり、近くに住む、特に小さなお子さんを持つ親にとっては、大きな心配の種だろうと思います。街の生態系や環境にも少なからず影響があると思います。

一度は奈良市がこの敷地の一部に火葬場を建設しようと計画したようですが、住民の反対運動で、結局頓挫してしまったとのこと。


 ニュースによると、奈良市はここを公売にかけ、再開発をしてくれる業者を募集したのですが、一社も名乗りを上げなかったようです。入札の金額が高いのか私には分かりませんが、入札した業者は園内のアトクションなどから全て撤去しなくてはならないのが条件のようですので、いずれにしろ膨大な予算が必要でしょうし、簡単には引き取り手は見つからないかもしれません。


 つまり、廃墟はまだ「生き続けている」ということです。


 廃墟は、人々の管理を離れ、放置され、侵食され、喧騒から遠いところでひっそりと死んだようにたたずんでいるだけ、と思いがちですが、特にこの奈良ドリームランドのように人間の生活がそばにあるとなると、様々な問題をかかえながら存在している。


 実を云うと、人里離れた廃墟や離島でも、いろいろな問題を抱えているのではないかと容易に推察できます。つまり私が云いたいのは、廃墟の存在そのものが矛盾であり、「在ってはならない」ものなのです。


 先述したように私は廃墟ファンなのですが、本当はそんなことを云うべきではないのか。廃墟好きなんてことは、仲の良い友人や家族にさえ云うべきでなく、じっと押し黙って、ただ遠くから眺めて心の中で楽しんでいるだけにすべきなのかもしれません。廃墟好きであることを自覚しながらも、その存在そのものを喜んで肯定するわけには行かないのです。


 日本は世界的にみればむろん経済大国、技術もトップクラスで比較的インフラも充実しているはずですが、こんな我が国でも廃墟は数多く存在します。
つまりは日本でも、先進国と呼ばれる国々でも、多くの矛盾と不条理が交錯し、絶望的な状況が社会のあちこちに点在してるのだ、ということ。廃墟はそのことを教えてくれる手掛かりの一つだと思うのです。

 実は、私が廃墟に魅力を感じる理由として、そのことがあると思えてならないのです。廃墟は単に見捨てられた無機物というだけではなく、ちょっと大げさに云うなら、現在の不完全な人間社会が生み出したひとつの結論でもあるということなのかもしれません。


 さて、あまりに長くなってしまったのですが、それがなぜ、コンテンポラリー・ジャズと関係があるのか。ひとつだけ云うなら、双方とも、矛盾を孕んだ存在であると思えてならないということです。


 続きはPart.2で語らせていただければと思います。



si50posted by S.I.