吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2018年02月

【Disc Review】“Contra La Indecision” (2017) Bobo Stenson

“Contra La Indecision” (2017) Bobo Stenson

Bobo Stenson (piano)
Anders Jormin (bass) Jon Falt (drum)

Contra La Indecision
Bobo -Trio- Stenson
Ecm Records
2018-01-19


 スウェーデンの大御所ピアニストのトリオ作品。
 “Indicum” (2011)から久々のアルバム。
 メンバーは変更なく、音のイメージも同様のバラード集。
 静かだった前作よりもさらに静かで淡々としたイメージかもしれません。
 本作のアルバムタイトルはこれまでの作品でもよく取り上げていたキューバの楽曲。
 Bobo Stensonのオリジナル曲は一曲、盟友Anders Jorminが5曲、Bela BartokにErik Satieなどのクラシック曲、とても切ないスペイン曲。
 深く沈み込みながら静かなグルーヴを作るベースに、自由に動くドラム、漂うような美しいビアノ。
 しばしば現れるルバートでのスローバラード、ときおりの疾走・・・
 このバンドのいつものコンビネーション。
 Anders Jorminのいつになく饒舌なベースに、終始穏やかなピアノ。
 いまや“Underwear” (1971)の頃のKeith Jarrettを凌駕するような、あるいは血の出るようなハイテンションな演奏はありません。
 穏やかで漂うような近年のBobo Stensonの、あるいは近年のECMの色合い。
 静かに舞い落ちてくる雪のようなピアノ。
 とても淡くて穏やか。
 全編を覆うそこはかとない寂寥感。
 そんな静かなジャズ。

※近年の演奏から。



 Bobo Stenson参加作品、私が知る限り。

(1969)  “One Long String” Red Mitchell 
(1971)  “Listen to the Silence” George Russell 
(1971) “
Underwear” 
(1971)  “Terje Rypdal” Terje Rypdal 
(1971)  “Sart” Jan Garbarek 
(1973) “Witchi-Tai-To” with Jan Garbarek 
(1975) “Dansere” with Jan Garbarek 
(1983)  “The Sounds Around the House” 
(1984)  “Nordic Lights” Anders Jormin 
(1986) “Very Early” 
(1986)  “New Hands” Lars Danielsson 
(1989)  “Fish Out of Water” Charles Lloyd 
(1991)  “Notes from Big Sur” Charles Lloyd 
(1991)  “Poems” Lars Danielsson 
(1993)  “Dona Nostra” Don Cherry 
(1993)  “The Call” Charles Lloyd 
(1993)  “Bosonossa and Other Ballads” Tomasz Stanko 
(1993) “Reflections” 
(1994)  “Matka Joanna” Tomasz Stanko 
(1994)  “Far North” Lars Danielsson 
(1994)  “All My Relations” Charles Lloyd 
(1996)  “Leosia” Tomasz Stanko 
(1996)  “Canto” Charles Lloyd 
(1997)  “Litania:Music of Krzysztof Komeda” Tomasz Stanko 
(1997)  “Live At Visiones” Lars Danielsson 
(1997) “War Orphans” 
(1999) “Serenity” 
(2001)  “Rica” Parish
(2003) “Bobo Stenson/Lennart Aberg”
(2004)  “Parish” Thomas Stronen
(2005) “Goodbye” 
(2007) “Cantando” 
(2011) “Indicum
(2017) “Contra La Indecision

posted by H.A.

【Disc Review】“Obsidian” (2017) Kit Downes

“Obsidian” (2017) Kit Downes

Kit Downes (church organs) Tom Challenger(tenor sax)

Obsidian
Kit Downes
Ecm Records
2018-01-19


 イギリスのピアニストKit Downes、パイプオルガンのソロ演奏。
 “Time Is A Blind Guide” (2015) Thomas Strønenでカッコいいピアノを弾いていた人。
 ECMからの初リーダー作は、その疾走するピアノではなく、ちょっとビックリのパイプオルガン演奏。
 一曲のみサックスが加わりますが、オルガンの独奏。
 とても静かで淡い音。
 宗教的な雰囲気やクラシックな感じが強いわけではなく、シンセサイザーで奏でる幻想的なフューチャージャズ、あるいはフリーインプロビゼーションにも聞こえます。
 次々と音色を変えていくゆったりと漂うような音と、淡くて幻想的な音の流れ。
 抽象的なメロディと、変幻自在な先が読めない展開が続きます。
 そんな中に置かれたスタンダード“Black Is the Color of My True Love's Hair”の懐かしいメロディ。
 不思議感120%。
 最高のピアノニストが弾くパイプオルガンは、近年のECMの定番?、時代、場所が曖昧なトリップミュージック。
 楽器と音楽が全く予想外で、他の人とは違うパターンではありますが、ECM移籍第一弾は淡い色合いになる、の法則がこの人にも・・・かな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Lucus” (2017) Thomas Stronen,‎ Time Is a Blind Guide

“Lucus” (2017) Thomas Stronen,‎ Time Is a Blind Guide

Thomas Strønen (drums, percussion)
Ayumi Tanaka (piano) Ole Morten Vågan (double bass)
Håkon Aase (violin) Lucy Railton (cello)

Lucus
Thomas Stronen
Ecm Records
2018-01-19


 ノルウェーのドラマーThomas Strønenの静かなコンテンポラリージャズ。
 前作”Time Is A Blind Guide” (2015)のタイトルを冠したバンド。
 前作からパーカッションが抜け、ピアニストが日本人女性に変わっています。
 時空が歪むような弦の妖しいアンサンブルと静かなグルーヴが絡み合う、フリージャズ混じりの北欧ジャズ。
 基本的な空気感は同じですが、ここまでの作品よりもフリー度が下がったイメージでしょう。
 メロディ、コードが明確で、ビートも定常な場面が多くなっています。
 バンドが一体となって静かななうねりを作りながらヒタヒタと迫りくるようなアンサンブル。
 ベースが土台を作り、つかず離れずうねるように揺れるように旋律を奏でるバイオリンとチェロ、さらに別の周期で揺れるピアノ、自由に動くドラム・・・
 全体を通じた淡い色合い。
 その中からときおり浮かび上がるピアノ、バイオリン、チェロのシングルトーンがとても美しく響きます。
 が、その時間は束の間、また次の音のうねりへ・・・
 それらが織り重なるような繊細な音の綾。
 前作の”I Don't Wait For Anyone”のような突出した名曲はないのかもしれませんが、タイトル曲をはじめとして、概ね全編でメロディ、ビートが明解な分、全編がそんな感じ。
 明確なような曖昧なような、どこか遠い所を眺めているような非現実的な時間。
 とても静かで繊細で、それでいてハードボイルドな一作。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Windmills of Your Mind” (2010) Paul Motian

“The Windmills of Your Mind” (2010) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Bill Frisell (electric guitar) Thomas Morgan (bass)
Petra Haden (vocals)

The Windmills of Your Mind
Paul Motian
Winter & Winter
2011-08-09


 Paul Motian、これがリーダー作としては最終アルバムになるのでしょう。
 静かなジャズスタンダードのバラード集。
 盟友Bill Frisellが再び参加し、“Small Town” (2016)など彼と近年までも共演する静かな名ベーシストThomas Morganとのギタートリオに、ボーカルは“Petra Haden & Bill Frisell” (2003)でBill Frisellと共演していたCharlie Hadenの娘さん。
 楽曲は演奏しつくされたスタンダード。
 "Tennessee Waltz"、"The Windmills of Your Mind"、"Let's Face the Music and Dance"、"Lover Man"・・・
 少し枯れた感じの寂寥感の強い演奏。
 普通に演奏される当たり前のジャズスタンダードのメロディも、Paul MotianとBill Frisellのコンビだと強い浮遊感の不思議な音。
 そこに静かなグルーヴを出す希少なベース、かわいらしい系の女性ボイス。
 少しダルな感じが、とても力が抜けて心地よいジャズ。
 Bill Evans, Keith Jarrett、そしてECMを支えた芸術的なドラマーPaul Motian、2011年逝去。




posted by H.A.



【Disc Review】“Lost in a Dream” (2009) Paul Motian

“Lost in a Dream” (2009) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Chris Potter (tenor saxophone) Jason Moran (piano)

Lost in a Dream (Ocrd)
Paul Motian
Ecm Records
2010-03-09


 Paul Motian、ECMでのリーダー作としては最終作になるのでしょう。
 旬なアーティストを従えてホームグラウンドであろうVillage Vanguardでのライブ録音。
 メンバーは変わりましたが、少人数での限られた音数、ベースレスゆえ、またPaul Motian の音楽ならではの強烈な浮遊感はあります。
 が、“Time and Time Again” (2006)などとは少々異なる輪郭が明確なサウンド。
 Bill Frisellの漂うようなギターではない、しっかりとした地面のようなピアノ。
 サックスもよりシャープでメカニカル、今風になったイメージ。
 楽曲はあの漂うようなバラードを中心として、Ornette Coleman風フリージャズなど、ここまでのバンドと大きくは変わりませんが、新しい編成、新しいトリオで新しいサウンドを作ろうとしていたのでしょう。
 強い浮遊感を維持しつつ、オーソドックスなジャズっぽさを強くして、それとは逆に現代的なサックス、ピアノのサウンドを取り入れて、漂う、あるいは激烈なフリーだけでなく、軽快に疾走する時間を増やして・・・
 が、残された時間は長くなく・・・
 リーダー作としては遺作にあたるのであろう“The Windmills of Your Mind” (2010) へと続きます。

※別のバンドから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Time and Time Again” (2006) Paul Motian

“Time and Time Again” (2006) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Joe Lovano (tenor saxophone) Bill Frisell (electric guitar)

Time & Time Again (Slip)
Paul Motian
Ecm Records
2007-04-03





 Paul Motian, Joe Lovano, Bill Frisellのトリオ、そのおそらく最終作。
 ECMでは“It Should've Happened a Long Time Ago” (1984)、“I Have the Room Above Her” (2004)に続く三作目。
 基本的には前作と同じテイスト、オリジナル曲を中心に、ジャズスタンダード、Monkナンバーを一曲ずつといった構成も同じ。
 少々印象が違うのは、アップテンポでハードな場面が減少し、淡いメロディのゆっくりとしたフワフワとした時間が続きます。
 ルバートでのバラード演奏集。
 夢と現を行き来するような不思議感、本作は夢の時間がさらに長くなったようなイメージ。
 幽玄。
 そんな不思議な時間の中で、フロントの二人を無視するかのようにひたすら刻み続けられる乾いたビート・・・
 このバンドにPaul Bleyのピアノが加わっているともっと過激で甘美なバンドだったのかもしれないし、Marilyn Crispellだともっと情熱的になっていたのでしょう。
 あるいはAnders Jorminのベースが加わると、もっと安定感のあるサウンドになっていたのでしょう。
 が、この極上の不安定感とクールネスは消え失せ、全く別の音楽になってしまうのでしょう。
 やはり唯一無二の素敵なバンド。




posted by H.A.


【Disc Review】“Garden of Eden” (2004) Paul Motian

“Garden of Eden” (2004) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Chris Cheek (tenor saxophone, alto saxophone) Tony Malaby (tenor saxophone) Jakob Bro, Steve Cardenas, Ben Monder (guitar) Jerome Harris (bass)

Garden of Eden
Paul Motian
Ecm Records
2006-01-24





 Paul Motian、クレジットはされていませんが、ピアノレス、複数のギターとホーンの構成、ジャズ曲の選択などからすれば“Paul Motian and the Electric Bebop Band” (1992)の流れを汲むプロジェクトなのでしょう。
 その唯一のECMでの作品。
 若手の先端系のギターとサックスのアンサンブルが絡み合いながらジャズ曲を奏でていく構成。
 カバー曲では“Pithecanthropus Erectus”, “Goodbye Pork Pie Hat”のCharles Mingusの代表曲にMonk, Charlie Parkerなどなど、およそECMとはイメージが合わないジャズチューン。
 ドロドロゴツゴツとしたあの時代のブラックアメリカンのメロディがクールな演奏で綴られていきます。
 半数以上のオリジナル曲はフリービートでのスローバラードやら、Ornette Coleman的フリージャズなど、あのアバンギャルド系のPaul Motianの色合い。
 “Paul Motian and the Electric Bebop Band” (1992)のオーソドックスなジャズっぽさからは遠い、クールで強烈な浮遊感のECM的な音。
 フロントに立つ複数のサックス、複数のギターが微妙にズレながら、あるいはコール&レスポンスしながら積み上げられていゆく音。
 ベースは概ねビートをキープしていますが、ドラムはフリーな演奏が中心。
 明後日の方向に向いてシンバルが舞い、音楽の流れを無視するようにアクセントが入り、フロントが揺れている時に逆に定常なビートを刻むドラム。
 Paul Motian, Joe Lovano, Bill Frisellトリオのスタイルをエレクトリックビバップバンドでも、というか、この期のPaul Motianのスタイルというか・・・
 どんな編成であれ、クールでハードボイルド、強烈な浮遊感のPaul Motianサウンド。
 このバンド、徐々に色合いが変わってきたのだとは思いますが、やはりECMの方が似合っているように思います。




posted by H.A.


【Disc Review】“I Have the Room Above Her” (2004) Paul Motian

“I Have the Room Above Her” (2004) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Joe Lovano (tenor saxophone) Bill Frisell (electric guitar)

I Have the Room Above Her
Paul Motian
Ecm Records
2005-02-08



 Paul MotianトリオのECM復帰作。
 ECMでは“It Should've Happened a Long Time Ago” (1984)以来、20年振りの作品になるのでしょう。
 “On Broadway Volume 1” (1988)など、別レーベルではジャズスタンダードを演奏するのが定番でしたが、本作はトリオのみでオリジナル曲中心の演奏。
 Jack Dejohnette、Jon Chrsitensenのヒタヒタと迫ってくる系とはまた違った、音数、音量を絞ったフリービートのドラム、舞い散るシンバルはこの人の真骨頂、いかにもECMなアーティストの一人。
 音の色合いは21世紀型ECMの穏やかで、静かで漂うような音。
 多くがルバートでのスローバラード。
 浮遊するギター、力の抜けた流麗なジャズサックス。
 その後ろで縦横無尽に、でも静かにビートを散りばめるドラム。
 ビート感を決めているのは、むしろフロントの二人のようにも聞こえるフリーなドラム。
 フロント陣が揺れているときには淡々と定常なビートを刻み、定まった時にはフリーに動くような不思議なバランスとアンバランス。
 今にも壊れそうで壊れない危うく繊細な美しさ。
 中盤以降、アップテンポでハードな演奏もありますが、その繊細さは変わりません。
 楽曲はジャズスタンダード、Monkナンバーを一曲ずつ、他はジャズスタンダードの香りが漂うメロディアスなオリジナル曲、Ornette Coleman風フリー的ジャズなどなど。
 夢と現、現実と非現実が交錯するような音の流れ。
 もちろん普通のジャズではありませんが、フワフワとした浮遊感と不思議なクールネスがとてもとても心地よい名作だと思います。




posted by H.A.


【Disc Review】“At the Village Vanguard” (1995) Paul Motian

“At the Village Vanguard” (1995) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Joe Lovano (tenor saxophone) Bill Frisell (electric guitar)



 Paul Motianトリオ、ホームグラウンドであろうVillage Vanguardでのライブ録音。
 別のプロジェクト“the Electric Bebop Band” (1992)も動いている時期ですが、レギュラートリオでの円熟した演奏。
 冒頭はジャズスタンダードのスローバラード。
 あのミュージカルシリーズのそれ。
 フリーなドラムにフワフワとした強烈な浮遊感のギター、キッチリとメロディを紡いでいくサックス。
 が、二曲目からは激しいOrnette Coleman風フリージャズ。
 パタパタとフリーに叩きまくるドラムに、歪んだギュンギュンギター、サックスはオーソドックスなジャズから狂気の咆哮まで縦横無尽。
 続くは“Le Voyage” (1979)に収められていた名バラード”Folk Song for Rosie”、こちらは後に復帰するECM的な静かで幽玄な音。
 そんな楽曲が交錯する、“Motian in Tokyo” (1991)と同様、Paul Motianトリオのさまざまな色合いが濃縮されたようなステージ。
 フリーな場面ではKeith Jarrettアメリカンカルテット"Fort Yawuh" (Feb.1973)などを想い起こす場面もしばしば、漂うようなバラードでは2000年以降のECMの香りが濃厚。
 それぞれにPaul Motianの影響が強かったのだろうなあ・・・とあらためて思ったり・・・
 まだまだ名演は続きますが、ほどほどの不思議感、非日常感がクリエイティブ、強烈な浮遊感のPaul Motianサウンド。
 稀代のスタイリストの20世紀までの集大成、といった面持ちのステージの記録。




posted by H.A.


【Disc Review】“Paul Motian and the Electric Bebop Band” (1992)

“Paul Motian and the Electric Bebop Band” (1992)

Paul Motian (drums)
Joshua Redman (tenor saxophone) Brad Schoeppach, Kurt Rosenwinkel (electric guitar) Stomu Takeishi (electric bass)

Paul Motian & The Electric Bebop Band
Paul Motian
Winter & Winter
2005-02-01




 Paul Motian、Electric Bebop Bandでの第一作。
 Joe Lovano, Bill Frisellとのトリオもまだまだ続くのですが、それよりもさらにオーソドックスなジャズ寄り、全く意外に普通に4ビート中心、妖しさもない明るい音楽。
 後のメンバーがまるっきり交代したECM作品“Garden of Eden” (2004)あたりとは全く雰囲気が異なります。
 Dewey Redmanに通じるJoe Lovanoに変わって、Dewey Redmanとは全く違う感じの息子さんJoshua Redman、抜群の相性のBill Frisellではなく、今やスーパーギタリストKurt Rosenwinkel、なんてのは極めて趣のある人選。
 強い推進力のエレキベースにピアノレス、先端系のギターを二人にサックスの変則編成。
 ファンク、あるいはプログレッシブロックな音になってもよさそうなメンツですが、あくまでジャズ。
 Joshua Redmanはリーダー諸作のリリース前ですが、流麗なフレージングできっちりとジャズしています。
  ギター陣は少々歪んだ音で変態的、いや斬新なフレージングもちらほら。
 Kurt Rosenwinkelのリーダーデビュー“East Coast Love Affair” (Jul.1996)はまだ少し先。
 CrissCrossあたりでのセッションは始まっていた時期でしょうか?
 まだまだ若いというか、それでも大きくフィーチャーするPaul Motianの慧眼というか・・・
 ほんの少しだけコンテンポラリー風味を付けつつも、きっちりとジャズを演奏した、1992年のジャズドラマーPaul Motian。
 ちょっとむず痒いのは私だけ?




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ