吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2016年10月

【Disc Review】“Amazon River” (1993) Wanda Sa & Celia Vaz

“Amazon River” (1993) Wanda Sa & Celia Vaz
Célia Vaz, Wanda Sá (Vocals, Guitar)
Gal Costa, Joyce, Marcio Malard, Nana Caymmi, Quarteto Em Cy (Vocals) Reginaldo Vargas (Percussion)

ブラジレイラス (BOM17008L)
ワンダ・サー & セリア・ヴァス



 ボサノバを歌う女性ボーカリストはいったい何人ぐらいいるのでしょう?
 古今東西合わせれば10万人?100万人?1000万人?・・・
 その頂点の人たち、ベテランのビッグネームが集まった企画アルバム。
 鳥の声なども絡めながらの楽園サウンド。
 安易な企画と疑うことなかれ、これが素晴らしいアルバム。
 歌いつくされ、演奏しつくされた楽曲、ギターとパーカッションのみのシンプルなサポート、奇をてらうことのないアレンジ。
 それでも全曲名曲、名演、名唱。普通に豪華な編成、アレンジではなく、シンプルなのがカッコよさの決め手なのかもしれません。
 主役のボーカリストが入れ替わり立ち替わりでも、サウンドイメージは一貫性しています。
 とても優雅な歌、コーラス。
 あくまでさりげない音がなんとも言えないカッコよさ。
 やはりこのあたりの人たちには、巧拙とか年齢とか何とかを超えた何かがあるんでしょうねえ。
 何か持っている人たちによる素敵なボサノバ・ボーカルアルバム。




posted by H.A.

【Disc Review】“Brasil '65” (1965) The Sérgio Mendes Trio, Wanda De Sah, Rosinha De Valenca

“Brasil '65” (1965) The Sérgio Mendes Trio, Wanda De Sah, Rosinha De Valenca
Sérgio Mendes (Piano) Wanda De Sah (Vocals) Rosinha De Valenca (Guitar)
Sebastião Neto (Bass) Chico Batera (Drums) Bud Shank (Flute, Sax)

ブラジル’65
セルジオ・メンデス・トリオ~ワンダ・ヂ・サー



 Sérgio Mendes、Wanda De Sahを半数の曲でフィーチャーしたアルバム。
 ジャズファンからすれば“Getz/Gilberto” (1963)の方が馴染みがあり、Sérgio Mendesを好まない人もいるのかもしれません。
 が、タイプは違えど、こちらもアメリカ制作ジャズサンバの名作。
 沈んだ凄み、湿り気のある“Getz/Gilberto”に対して、乾いた質感の本作。
 こちらの方が本場のムードには近いのでしょう。
 Sérgio Mendesとしてもこの作品がアメリカ進出の端緒だったのでしょうかね?
 Jobimナンバーはもちろん、キャッチーな曲を選りすぐったような、今から見ればベタベタな選曲。
 どこかで聞いたメロディ揃い。
 Wanda De Sahはいつも通りのハスキーな声で淡々とした歌。
 神様Joao Gilbertoと比べても仕方ないのですが、同じような沈んだムード。
 かわいらしい云々だけでなく、どことなく凄みが漂っているような気もします。 
 もう一人のフィーチャリングアーティストRosinha De Valencaのギターもタメを活かしたしっとり系。
 Sérgio Mendesのピアノもそれにつられたかどうか、少し沈んだ面持ち、淡々としたビート。
 Bud Shankのサックスだけが明るく元気です。
 気のせいなのかもしれませんが・・・ 
 といったところで、明るく元気になりすぎないジャズサンバ、素晴らしいコラボレーション。




posted by H.A.

【Disc Review】“Softly!” (1965) Wanda De Sah

“Softly!” (1965) Wanda De Sah
Wanda De Sah (Vocals)
Sérgio Mendes (Piano) Rosinha De Valenca (Guitar) Sebastião Neto (Bass) Chico Batera (Drums) and Orchestra

Softly!
Wanda De Sah
Rev-Ola
ワンダ・サー


 Wanda Sá、優雅この上ないオーケストラを背景にしたボサノバ~ポップスアルバム。
 “Wanda Vagamente” (1964)はブラジル制作だと思いますが、こちらはアメリカ西海岸での録音、アメリカのレーベルでの制作。
 “Brasil '65” (1965) Sérgio Mendesと連続するセッションでしょう。
 いかにもあの時代の西海岸のオーケストラサウンド。
 とても優雅でノスタルジックなストリングスと、軽快なSérgio Mendesのジャズサンババンドを背景にした優雅な歌。
 ジャズ、ポップス系の人だとベタベタで艶っぽい感じの作品が多いのでしょうが、本作はあくまで爽やか。
 淡々とした歌、軽快なコンボ、少々ベタッとしたロマンチックなオーケストラの絶妙な組み合わせ。
 これはまさに桃源郷。
 この手の作品、他にもたくさんあり、大仰で時代を感じさせるものが少なくありませんが、本作はあくまでナチュラル。
 ノスタルジックだけども、あくまで上品。
 Sérgio Mendesの存在も大きいのでしょう。
 歌の後ろで低く鳴るコロコロと転がるようなオブリガードのカッコいいこと。
 また、ボーカルも可憐なようで、ハスキーで少し沈み気味のムード。
 意図したものかどうかはさておき、それがなんとも言えない深みに繋がっているようにも思います。
 とても優雅な別世界にトリップさせてくれる音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Wanda Vagamente” (1964) Wanda Sá

“Wanda Vagamente” (1964) Wanda Sá
Wanda Sá (Vocal)
Manuel Gusmao, Octavio Bailly Jr, Sergio Barroso (Acoustic Bass) Dom Um Romao, Edison Machado, João Palma (Drums) Henri Ackselrud (Flute) Celso Brando, Roberto Menescal (Guitar) Eumir Deodato, Luiz Carlos Vinhas, Tenorio Jr. (Piano) Pedro Paulo (Trumpet) Ugo Marotta (Vibraphone) and others



 ボサノバの聖典、なのでしょう。
 あくまで個人的な見解ですが、このアルバムはボサノバとジャズの分水嶺。
 一ジャズファンから見れば、ボサノバ、ブラジル音楽の魔境への入り口のように思います。
 ほとんどのジャズファンからすれば、“Getz/Gilberto” (1963)への抵抗はないと思いますが、このアルバムは?な人も少なくないのでは・・・?
 歌い方や巧拙は好みの問題も大きいのでさておいて、おそらくポップに過ぎるメロディライン、アレンジだから。
 特に一曲目。
 ここさえ切り抜ければ、後は少々ジャズっぽくもあるし、演奏もいいし、とても優雅なブラジル音楽~本場のボサノバワールド。
 慣れてしまえば一曲目もこれしかないように思えてきます。
 また、この人の歌、不安定だし、ルックスも含めて単なるアイドルのように思えるかもしれないけども、よく聞くと何だか沈んだ感じで、深いものを感じてしまいます。
 もう一人のアイドル、Astrad Gilbertoも然り。
 単にブラジル人の好みなのか、もっと深いものがあるのか・・・
 まあ、前者でしょうかね・・・?
 汗が飛び散るような強烈でエキサイティングな音や、ECMのような深刻な音もいいのですが、こちらの音は大らかで優雅。
 ってな感じでコアなジャズ好きの人も、気持ちの清涼剤にお試しください。
 ここを抜ければ、待っているのは桃源郷。
 あるいはジャズよりももっとたちの悪い魔境なのかもしれませんが・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Mingus” (1978-1979) Joni Mitchell

“Mingus” (1978-1979) Joni Mitchell
Joni Mitchell (guitar, vocals)
Jaco Pastorius (bass) Wayne Shorter (soprano saxophone) Herbie Hancock (electric piano) Peter Erskine (drums) Don Alias (congas) Emil Richards (percussion)
 
ミンガス
ジョニ・ミッチェル
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-07-24

 Joni Mitchell、大名作”Don Juan's Reckless Daughter” (1977)に続く、スーパーフュージョンミュージシャンを従えたCharles Mingusトリビュートアルバム。
 バンドの軸はもちろん Jaco Pastoriusですが、キーボードがJoe Zawinulに変わるとWeather Reportになってしまう凄いメンバー。
 “Mr. Gone” (May.1978)、“8:30” (Nov.1978-1979) Weather Reportと同時期ですので、ちょうどJaco、Weather Reportともに絶頂期。
 と、興味は尽きないのですが、もちろん内容はWeather Report的ではないJoni Mitchellの世界、ジャズ寄りの音。
 ”Don Juan's Reckless Daughte”と比べると、淡い色合いで、少しビート感が弱い感じもします。
 しっとりとした曲、ジャズ寄りの曲が中心で、あの恐ろしくカッコいいJoni MitchellのギターのカッティングとJaco Pastoriusのベースとの絡みの場面が短いから、さらにミキシングの違いなのかもしれません。
 その分、最高のジャズ、フュージョンバンドの最高の演奏がたっぷり聞けるので贅沢は言えません。
 Jaco Pastoriusはもちろん、Herbie HancockもWayne Shorterも説明無用のカッコいい演奏。 
 ちょっと普通の人とは違う音と存在感。 
 Mingus53歳の誕生祝いの音源から始まり、途中Mingusの肉声をはさみながら、Mingusの曲に歌詞を付けた演奏を中心にオリジナル曲を数曲、”Goodbye Pork Pie Hat” で締める泣かせる構成。
 発表以来概ね40年、フュージョン系のボーカルアルバムの最高峰は、いまだに”Don Juan's Reckless Daughte”と本作だと思っています。
 他に何かいいのがあったかなあ・・・と考えながら行きつくのはいつもこのシリーズ。
 早く新しい何かに出てきてほしいのだけど・・・
 この一連の作品、さらにPat Metheny、Lyle Mays、Michael Breckerまで迎えたライブ作品”Shadows and Light” (Sep.1979)へと続きます。




 
 posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ