吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2016年09月

【Disc Review】“Noites de Gala - Samba Na Rua” (2006) Mônica Salmaso

“Noites de Gala - Samba Na Rua” (2006) Mônica Salmaso
Mônica Salmaso (Voice)
Paulo Bellinati (Guitar, Cavaquinho) Rodolfo Stroeter (Bass) Ricardo Mosca (Drums, Percussion) Nelson Ayres (Piano) Teco Cardoso (Saxophone, Flute)

Noites De Gala Samba Na Rua
Monica Salmaso
Imports
モニカ サルマーゾ


 ブラジルのボーカリストMônica Salmaso、Chico Buarque集。
 ブラジルネイティブな“Trampolim” (1998)、フォルクローレ的~ノスタルジック風味な“Voadeira” (1999)、Andre Mehmariらとのジャズ色が強い”nem 1 ai” (2000) などの作品がありますが、本作は現代的、オーソドックスなアコースティックMPBの音作り。
 バンドはピアノトリオ+ギター+リード。
 サウンド自体は混じりけなしのコンテンポラリージャズっぽい面持ち。
 もちろん奇をてらうことのないオーソドックスな音。
 決して派手さはないけども、端正で上品なグルーヴ。
 ブラジルのジャズバンドはどこか、おそらくビート感が欧米系とは違う感じで、決して厚すぎたり、過剰に、あるいは過激になりすぎたりしない音。
 シンプルにブラジル系の曲を演奏するだけで、カッコいいコンテンポラリージャズになってしまいます。
 “Live at Mojo Club” (1995) Joyce然り、“Agora” (2010) Dani Gurgel 然り、その他カッコいい作品が多数。
 本作も、その典型、しっとり版。
 そんな音を背景にして、少々ハスキーでこちらもしっとりとした沈み気味のvoice。
 抜群の安定感。
 この沈んだ感じが、他のMPB作品と一線を画すカッコよさ。
 アップテンポであっても決して熱くならない優雅で落ち着いた歌。
 こちらもそれだけで、歌いつくされたブラジリアンスタンダードが何か新しく聞こえてしまいます。
 そんな大人なMPB。





posted by H.A.

【Disc Review】“Trampolim” (1998) Monica Salmaso

“Trampolim” (1998) Monica Salmaso
Monica Salmaso (Vocals)
Bugge Wesseltoft (Piano, Keyboards) Lelo Nazario (Keyboards) Toninho Ferragutti (Accordion) Paulo Bellinati (Cavaquinho) Rodolfo Stroeter (Bass) Jose Eduardo Nazario (Drums) Nana Vasconcelos (Vocals, Percussion) Paulo Bellinati (Percussion) Teco Cardoso (Soprano Sax) Zezinho Pitoco(Percussion) Zezinho Pitoco (Caixa) Mario Gil (Viola) Paulo Bellinati (Viola)

Trampolim
Monica Salmaso
Blue Jackel Ent.
モニカ サルマーゾ


 ブラジル、サンパウロのボーカリストMonica Salmas、おそらくこれが最初のリーダー作なのでしょう。
 いきなりNana VasconcelosとのDuoによるプリミティブな音。
 と思っていたら、アコーディオンと妖しげなコーラス。
 楽し気なような妖し気なような不思議な音。
 Edu Loboの曲、ポップなメロディですが、山奥で響いていそうな神秘的な感じ。
 ネイティブなブラジルの音をイメージしたアレンジなのか、あるいは“Afro-Sambas” (1997)の流れを汲んでアフリカ系を入れたのか、いずれにしても不思議系です。
 そんな音が続きます。
 このアルバムは後追いで聞きましたが、後の優雅な作品のイメージでクラシックからポップスへ転向したように思っていましたが、どうやら違ったようです。
 これはカッコいい。
 楽曲は、ブラジル曲。
 半数は著名な作者の作品のカバーですが、他のブラジル土着の伝統曲と思われる楽曲含めて、普通のMPBとは違います。
 サンバやボッサっぽいリズムはほとんど出てきません。
 ボーカルは低いトーン。
 穏やかで柔らかなブラジルテイストでしっとりとした声、クラシック的な朗々とした歌唱法。
 プリミティブな印象だったり不思議だったりする背景と合わせて、なんだか幻想的、神秘的なムードです。
 この人、巫女さんみたいですね・・・
 ってのは違和感もありますが、なかなかいないそんなムード。
 これはクリエイティブな一作。
 一曲一曲を見ると少々妖しげですが、全体を眺めると難解さや深刻さ、暗さはありません。
 あくまで穏やかで柔らかなブラジルテイスト。
 少々神秘的。
 “Duas Vozes” (1984) Egberto Gismontiあたりをポップにわかり易く、さらに上品にしたムード。
 いきなりの大冒険のようにも感じますが、次はとても優雅な“Voadeira” (1999)、Andre Mehmari, Tutty Morenoとのジャズ色の強い”nem 1 ai” (2000)へと続きます。



【Disc Review】“Afro-Sambas” (1997) Paulo Bellinati, Monica Salmaso

“Afro-Sambas” (1997) Paulo Bellinati, Monica Salmaso
Paulo Bellinati (Guitar) Monica Salmaso (Vocal)
 
Afro-Sambas
Paulo Bellinati
Gsp Records
モニカ サルマーゾ


 ブラジルのギタリストとボーカリストのDuo。
 二人のみで"Os Afro-sambas"(1966) Baden Powell / Vínicius de Moraesをカバーした作品。
 サンパウロ系、クラシカルで上品なMonica Salmasはこれがデビュー作品なのでしょう。
 元々幻想的な色合いが強い"Os Afro-sambas"のカバーからキャリアがスタートしたのだとすればピッタリの色合い。
 少し低めの穏やかな声、しっとりたしたうえに朗々とした歌唱法。
 それ自体が幻想的、神秘的なムード。
 これははまり役でしょう。
 緊張感のあるメロディを緊張感のあるギター、穏やかなようでこれまた緊張感の強いvoice。
 それでも淡々とした静謐なムード。
 どこかで聞いたことのあるような、哀感、郷愁感漂う旋律が次々と流れていきます。
 Jobimの都会的に洗練されて洒落たムードではなく、アーシーでナチュラルな感じの哀感、郷愁感。
 激情は表出しないけども、どこか感情的なようで人臭いメロディ。
 緊張感と穏やかさの微妙なバランス、そのうえでの人臭い郷愁感が独特のムード。
 抜群の技巧、音数が多くて性急な印象のギター、それを引き戻しクールダウンするようなゆったりとしたvoiceとのバランスが絶妙だからこそ醸し出せるムードなのでしょう。
 メロディは同じですが、"Os Afro-sambas"(1966)との比較は野暮。
 こちらは清廉で瑞々しいジャケットのポートレートのイメージ通りの音。 
 躍動しているようで、とても落ち着く、素晴らしい音楽、素晴らしいvoice。
 忙しかった後のクールダウン、疲れた時の清涼剤としてもどうぞ。





posted by H.A.

【Disc Review】“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini

“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini
Phil Woods (sax) Barbara Casini (vocal)
Stefano Bollani (piano)

VOCE E EU-FEATURING STEFANO BOLLANI
PHIL WOODS&BARBARA CASINI
PHILOLOGY
バーバラ・カッシーニ  フィル・ウッズ


 大御所Phil Woods、ボーカリストBarbara Casiniとのボサノバアルバム。
 どうもPhil Woods in Italyってなシリーズがあるようで、そのChapter 2。
 相棒はイタリア系ブラジル人かブラジル系イタリア人なのかわかりませんが、イタリア在住のボーカリストBarbara Casiniと、こんな企画にはまり役のイタリアンStefano Bollani。
 Barbara Casini は”Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Rava、“Vira Vida”(2003) Nicola Stilo / Toninho Hortaといったアルバムがある人。
 イタリアでジャズの人がボサノバをやるときにはファーストコールなボーカリストなのでしょう。
 確かにいかにもボサノバチックな柔らか、かつ華やかなvoice。
 オシャレです。
 後追いで聞いた“Outro Lado” (1990)のハイテンション加減には仰天しましたが、ここではこの時期の諸作同様、優し気で穏やか、典型的なブラジリアンな歌い方。
 雰囲気はもちろん、歌唱力、表現力ともに抜群です。
 Stefano Bollaniは説明無用・・・かもしれませんが、BossaNova大好きなようでそんな作品も多いのですが、ちょっと変わったBossaNovaピアノ。
 本作ではドラムもベースもいませんので、ビート作りもバッキングもやり放題。
 あっちに行ったりこっちに行ったり、伸びたり縮んだり、遅くなったり速くなったり、意外な方向に音を飛ばしてみたり。
 ボサノバ特有の柔らかさはあるものの、線が細くて鋭い音。
 ジャズの時を含めて、この人のピアノにはいつもそんな色合いを感じます。
 楽曲はどこかで聞いたことのある代表曲揃い。
 Antônio Carlos Jobim, Ary Barroso, Carlos Lyra, Baden Powell, Caetano Veloso・・・。
 Phil Woodsはいつもながらの王道ジャズサックス。
 変わったピアノが背景を作って、オシャレなvoiceと渋いサックス。
 ピアノの不思議さ加減がいいアクセントになったオシャレで素敵なボサノバアルバム。
 アメリカ系のボサノバよりも柔らかい感じがするのは気のせいでしょうか?
 私の好みはこちらです。
 もちろん本場ブラジルがいいのですが、イタリア系はオシャレで、洗練されていて、繊細で。
 本作もその通りのアルバムです。




posted by H.A.

【Disc Review】“Outro Lado” (1990) Barbara Casini

“Outro Lado” (1990) Barbara Casini
Barbara Casini (vocals, percussion)
Beppe Fornaroli (guitar, Cavaquinho, guitar synth) Naco (percussion, vocals)
Novelli (Vocals)



 イタリア系ブラジル人かブラジル系イタリア人のボーカリストBarbara Casini。
 ”Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Ravaなどでは優雅で柔らかないかにもブラジル的な歌でしたが、この作品はボサノバではなく、ハードなサンバ中心。
 ボーカルも穏やか系ではなくて、力が入った熱唱型。
 イタリア系のオシャレなボサノバを予想して、少人数で静かでインティメイトな音を期待していた立場としてはビックリ仰天。
 速いテンポのサンバに、抜群のリズムへのノリ、歌唱力、表現力の歌。
 これはサラリと聞き流すのは・・・
 たった三人、シンセサイザー、ストリングス的な音などを含めたオーバーダビングもありますが、決して分厚い音ではありません。
 が、とてもハイテンション。
 ボサノバでもなく、伝統的なスタイルのサンバでもなく、オシャレ系でもなく、スタイリッシュでハイテンションなコンテンポラリー系サンバ。
 ギターとパーカッションの二人はおそらくイタリアン。
 パーカッションはエスニック風味を醸し出していますが、カバキーニョ、ガットギターに加えて、エレキギター(ギターシンセ?)も使った現代的な音作り。
 ピアノ、ベースなど入れた普通のバンドでやってしまうと、普通な感じになってしまうのかもしれませんが、少人数ゆえのシャープな音。
 ブラジル的な柔らかさしなやかさはあって、うるさくはないのですが、ほどほどのエフェクティング、時折の不思議感のあるアレンジも含めてスタイリッシュです。
 楽曲はLuiz Gonzaga Jr., Dori Caymmi, Gilberto Gilその他諸々+オリジナル。
 予想していた音とは違うけども、とてもカッコいい現代サンバです。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ