吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2016年07月

【Disc Review】“Balancando com Milton Banana Trio” (1966) Milton Banana Trio

“Balancando com Milton Banana Trio” (1966) Milton Banana Trio
Milton Banana (Drums)
Cido (piano) Mário (bass)

バランサンド
ミルトン・バナナ・トリオ
ユニバーサル ミュージック
2015-06-17


 “Milton Banana Trio” (1965)と同じく、こちらも怒涛のようなジャズサンバピアノトリオ。
 メンバーの違い、録音~ミキシングの違いもあってか、こちらの作品の方が強烈かもしれません。
 硬軟織り交ぜてスッキリとした洗練も感じる前作に対して、剛速球一般勝負の本作。
 どこを切り取っても高速なジャズサンバ。
 ジャズサンバの金太郎飴。
 ジャズサンバ=ボサノバなのだと思うけど、これをボサノバと書くと抵抗があるなあ。
 最初から最後までハイテンション、エキサイティングなジャズサンバ。
 手数の多いドラムとこれまたたたみかけるようなピアノ。
 ブロックコードを中心に、大汗かきながら鍵盤を叩き続ける姿が目に浮かぶような強烈な演奏。
 これでもかこれでもか続く演奏。
 どこかで聞いたことがあるようなメロディ、ブラジルの巨匠の名曲の連続。
 潔く左右のチャンネルに振り分けられたドラムとピアノ。
 前時代的と言われればそうなのだけども、この音楽ならそのほうがいいじゃん、と思わせるおおらかさ。
 あっという間の30分弱。
 この短さもなんとも潔くていいなあ。
 最後にやっとクールダウンしたバラード。
 お疲れさまでした。




posted by H.A.

【Disc Review】”Milton Banana Trio” (1965) Milton Banana

”Milton Banana Trio” (1965) Milton Banana
Milton Banana (Drums)
AzeitonaGuará (Bass) Walter Wanderley (Piano)

Milton Banana Trio
Milton Trio Banana
EMI Europe Generic

ミルトン・バナナ

 ブラジルのジャズサンバ、ピアノトリオ。
 モダンジャズ系のピアノトリオはほとんど聞かなくなったのですが、この手の音をたまに、いや、よく聞きたくなります。
 なんでだろ?
 時代を感じさせるラフな感じの音ですが、同じようなアレンジでも今の音だとキレイでクールな感じになってしまうからかな?
 これはウキウキしてくるなあ・・・
 この季節の昼にはピッタリの音。
 ちょっと暑すぎるかな?




posted by H.A.

【Disc Review】"E Dona Da Bossa " (1963-1965) Claudette Soares

"E Dona Da Bossa " (1963-1965) Claudette Soares
Claudette Soares (vocal) and others

クラウデッチ ソアレス

 真夏の夜のボサノバ。
 ブラジルの女性ボーカルClaudette Soares、ノスタルジックなポピュラー音楽~ボサノバ。
 楽園へのトリップツール。
 前半はストリングスを従えたあの時代のジャズ~ボサノバ~ポップス仕立て、ブラジルというよりむしろアメリカ西海岸っぽいテイスト。
 後半はコンボをバックに素直なボサノバ。
 オーソドックスなボサノバ的なサラッとした歌い方ではなく、後ろに引きずり気味、ビブラート強め、いかにも女性です、なタイプ。
 これがあの時代のストリングスアレンジとマッチしてなんともゴージャス。
 英語ではなく、柔らかなポルトガル語の響きも含めて、楽園テイスト。
 そして、このアルバムがいいのは、A面とB面の質感が全く異なるところ。
 CDで聞いていると、夢見心地もベタついてきて飽きたかな・・・と思う頃、いいタイミングで乾いたボサノバが始まります。
 これは軽妙でいい感じの口直し。
 単に便利なだけじゃん、と言ってしまえば元も子もないのですが、これが結構あなどれない素晴らしさ・・・
 もちろんA、B両面ともに音楽自体が素晴らしいアルバムです。 
 この季節の夜にピッタリの音。


 

posted by H.A.

【Disc Review】“Piano e Voz” (2004) Ná Ozzetti, Andre Mehmari

“Piano e Voz” (2004) Ná Ozzetti, Andre Mehmari
Ná Ozzetti (voice) Andre Mehmari (piano)

Piano e Voz
MCD
アンドレ・メーマリ
ナ・オゼッティ

 ブラジルのスーパーピアニストAndre Mehmari 、ボーカリストNá OzzettiとのDuo作品。
 とても上品で優しい音楽。
 オムニバス“Veredas” (2005-2008)にいいところは収められていますが、やはりオリジナルアルバムが素晴らしい。
 クラシックの香りが濃厚な音。
 Ná Ozzettiもクラシック畑の人かと思っていましたが、諸作からするとポップス系の人なのでしょうかね。
 いずれにしてもとても優し気な声、完璧な歌、とても優雅。
 ピアノはいつもながらに圧倒的な演奏力、表現力。
 伸び縮みするようなビートに、音が天から舞い降りてくるような繊細な音使い。
 本作は全編クラシックのテイストですが、ゴムまりが弾むようなしなやかさ。
 バラード中心、伴奏中心ですので、突っ走る場面こそ多くはありませんが、スローテンポでの絶妙なタメ、アップテンポでのグルーヴ、さりげないけど強烈なオブリガードのカッコよさは他では聞けないこの人ならではの凄み。
 ブラジルの巨匠たちの名曲に加えて、後半に突然現れるスタンダード”Cry me a River”。
 上品な演奏の中のベタベタな恨み節。
 だから何なの・・・ですが、ジャズの耳としては意外でもあり、懐かしくもあり、もちろん素晴らしい歌、演奏です。
 全編通じた強烈な浮遊感。
 ノスタルジックなような現代的なような、不思議な郷愁感。
 遠いところを眺めているような、穏やかで落ち着いた音。
 上質かつ上品な心地よい時間、空間。
 これままた大名作。





posted by H.A.

【Disc Review】“ao vivo” (2014) Rosa Passos

“ao vivo” (2014) Rosa Passos
Rosa Passos (vocal, guitar)
Lula Galvao (guitar) Jose Reinoso (piano) Paulo Paulelli (bass) Celso de Almeida (drums) 

Ao Vivo
Biscoito Fino
2016-05-13
ホーザ パッソス

 現代最高のボサノバ~MPBのボーカリストRosa Passos、2016年発表の最新作、ライブアルバム。
 サポートはいつものLula Galvaoのギターに加えて、ジャジーなピアノトリオ。
 集大成の意味合いもあるのでしょう.
 近年の作品のイメージ通りジャズのムードが濃厚な華やかな演奏から、少人数での静かな演奏まで。
 コンボもいいのですが、ここでも何曲かのギターとベースのみ、ピアノのみの少人数での伴奏の方が彼女ならではの凄みが一番出る演奏のように思います。
 “Rosa” (2006)、“Entre Amigos” (2003) のような沈んだ凄み。
 この人とJoao Gilbertoのみが出せるムードだと思っています。
 さておき、彼女はもちろん、バンド全員が手練れ。
 ピアノ、ギター、ベースのカッコよさが前面に出る場面も多々。
 静かなボサノバで始まり、間奏に入るとベースが動き出し、4ビートの強いグルーヴとエキサイティングなインプロビゼーション、間奏が終わるとまた静かな彼女の世界に戻る・・・ってなカッコいい編曲。
 楽曲は、いつものお気に入り、Gilberto Gil, Djavan, Jobimなどのブラジルの巨匠の名曲揃い。
 但し、有名曲ではなく隠れた名曲の渋い選択。
 いいメロディばかりですが、彼女のオリジナル曲がチョイスされていないのは少々残念なところではありますが・・・
 終盤に向けて盛り上がっていくライブ定番の構成、さりげない高揚感。
 普通に演奏しているようで、このバンドでしか聞けなさそうな上質なグルーヴ、そして全編を漂う穏やかな郷愁感。
 やはり集大成。
 彼女の作品にハズレなし。
 すべて名作。

※別のステージから。



 初期は作り込まれたMPB。
 今風に洗練されたオーソドックスなボサノバ、さらにはファンクを経て、“Entre Amigos” (2003)あたりで音数が絞り込まれ、以降ジャズ色が強くなっている、といったイメージでしょうか?
 当時流行っていた録音やアレンジが自然な形に落ち着いただけで、実は全く変わっていないのかもしれません。
 ボーカルは初期から特別。
 少し遅れ気味のビート、沈んだムードの自身のギターも特別。
 個人的な好みは、それらの両方がたっぷり聞ける弾き語りの“Rosa” (2006)。
 コンボだとオリジナル曲が映える“Morada do Samba”(1999)ですかね。
 キッチリ作りこまれた完成度の高いMPB作“Pano Pra Manga”(1996)もいいなあ。 
 いずれにしてもハズレなし、どれも名作のスーパーアーティストだと思います。

(1979) “Recriação
(1988) “Amorosa”
(1991) “Curare
(1993) “Festa
(1996) “Pano Pra Manga
(1997) “Letra & Música - Ary Barroso” with Lula Galvao
(1998) “Canta Antonio Carlos Jobim
(1999) “Morada do Samba
(2000) “Rosa Passos Canta Caymmi
(2001) “Me and My Heart”  
(2002) “Azul” 
(2003) “Entre Amigos
(2004) “Amorosa
(2006) “Rosa
(2008) “Romance
(2011) “É Luxo Só
(2013) “Samba dobrado”
(2014) “ao vivo

 彼女のOfficial Web Site 

posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ