吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2016年06月

【Disc Review】"Holon" (2007) Nik Bärtsch's Ronin

"Holon" (2007) Nik Bärtsch's Ronin
Nik Bärtsch(Piano)
Sha (Bass Clarinets, Alto Saxophone) Björn meyer (Bass) Kaspar Rast (Drums) Andi Pupato(Percussion)

Holon
Nik Bärtsch's Ronin
ECM
ニック・ベルチェ


 アルファベット以外の文字打ち出すのってホント大変です。
 時間掛かりました。
 スイス人ピアニスト、ニック・ベルチェ。
 読み方、合ってますかね?
 初めてライブを見に行った時は、普段CDで聞いている音の綺麗な箇所と、ライブならではの音の美しさが、手法は違えども、凄く近い!
 いったい何?
 PAさんとの意思疎通でこんなにも音楽を表現できる物なのかと、まるで手品を見ているかのように驚いた事を覚えています。
 このCDの中で一番惹き付けられたのは、2曲目”Modul 41_17”。
 テクノのアーティストUnderworldの”Beaucoup Fish”の冒頭曲”cups”を想わせる展開。
 一定の流れの後にくる、テンポが変わったとさえ感じる、力強いシンプルなシンセコード。
 ミニマルな進行から突然色々な要素を重ねる、リスナーをいい意味で裏切る構造。
 それに近いモノが“Modul 41_17”にはあります。
 少量ずつ音を足して行き、時間軸上此処だ!と言う所で一気に全体表現に移る瞬間・・・
 ぐっと来ます。
 曲の起承転結を考えた時、前後関係が大事だなといつも思います。
 この曲はその大事な部分を見事に形にしています。
 心地よく、力強い音楽を聴きたい方にお薦めな1曲です。




posted by N.A.

【Disc Review】"Shadow Theater" (2013) Tigran Hamasyan

"Shadow Theater" (2013) Tigran Hamasyan
Tigran Hamasyan (Piano, Harpsichord, Celesta, Synth, Glockenspiel, Voice)
Christopher Tordini, Sam Minaie (Bass) Nate Wood (Drums, Percussion, Voice) Ben Wendel (Bassoon) Ben Wendel (Saxophone) Jean-Marc Phillips-Varjabédian (Violin) Areni Agbabian, Christopher Tordini (Voice)

Shadow Theater
Tigran
Imports
ティグラン・ハマシヤン


 「作風変えて来たなあ」が第一印象。
 音作りがjazzじゃなく、ヒップホップやエレクトロニカから影響を受けている感じがします。
 prefuse73とか好きなんじゃないのかな?
 演奏にエフェクトを掛けようが何しようが、根元は間違いなくティグランそのもの。
 電子音楽好きに薦めたい一枚です。
 後半9、10曲目の”Pt2 Alternative Universe”。
 独特のリズム感に持続する和声とブリッブリベースが謎のマッチング。
 出だしjazzで最後混沌。
 jazz好きな方にはキツいかな?と思いますが。
 このアルバムで一番好きなのは最後の“Road Song”。
 盛り上がり方がスマートで陶酔感があり、吸い込まれる感じがします。
 独特な疾走感が楽しめる作品です。





posted by N.A.

【Disc Review】"Cribas" (2006) Mono Fontana

"Cribas" (2006) Mono Fontana
Mono Fontana (piano, etc.) and others

Cribas
モノ・フォンタナ

2007-05-18


 アルゼンチン音響派のピアニスト。
 穏やかなピアノの周囲をさまざまな効果音が絡む構成。
 時計の音、靴音、ドアの閉まる音、椅子のきしむ音などの生活音。
 話し声、朗読・・・その他もろもろ。
 タイトルは「検査官」って意味のようですので、その情景を描こうとしたのでしょう。 たぶん。
 さりげなくて、ふわふわとしていて、コミカルなようで、哀感が漂うメロディ。
 ジャズの香りも強いピアノ。
 Paul Bleyあたりの雰囲気。
 それをもっと丸くしたような音使い。
 内省的なようでどこか冷めた質感。
 生活感があるようで、世間を拒絶しているようなムード。
 これを厭世感ととらえるか、淡々とした通常の人間個人の営みと感じるか?
 展開は予測不可能。
 グラデーションをつけながら、徐々に、次々と場面が変わっていくような展開。
 それでも穏やかな音。
 ピアノによる演劇、あるいは音による情景描写。
 音楽で○○○を表現、○○○にインスパイアされて・・・というより、あくまで情景描写優先。
 これは新しい行き方でしょう。




posted by H.A.

【Disc Review】“Khali” (2007) Alejandro Franov

“Khali” (2007) Alejandro Franov
Alejandro Franov (Sitar, Arpas, Bass, Keyboards, Kalimba, Vocals, Handclaps, Guitar, Percussion, Indonesian Flute, Glockenspiel, Whistle, Marimba, Accordion, Rainstick)
Emiliano Rodriguez (Udu) Lea Franov (Vocals) Marcos Cabezaz (Marimba) Emiliano Rodriguez (Guitar Synthesizer)

アレハンドロ・フラノフ

 アルゼンチンのアーティスト、マルチ楽器奏者Alejandro Franov。
 アルゼンチン音響派といった括りがあるようですが、この作品あたりが真骨頂なのでしょうか?
 これだと電子音系が足らないのかな?
 シタールを中心とした弦楽器、カリンバの素朴な響きが印象に残る作品。
 穏やかで幻想的な音楽。
 聞きなれない音色、妖しいムードはありますが、ほどほどポップな感じがいいバランス。
 曲ごとに軸となる楽器が変わり、さらにさまざまな楽器の響きが絡み合う空間。
 微妙で繊細な漂うような音。
 緩やかなビート、穏やかでナチュラルなグルーヴ、電子臭はありません。
 今のクリエイティブ系の人らしく、ミニマル的な音使い、シンプルなリフを繰り返す場面も多く、穏やかな陶酔感。
 要所に入る遠くから聞こえるようなvoiceが幻想的なムードを助長します。
 エスニックな音であるとともに、どこか懐かしい感じ、南米的郷愁感もあるような気もします。
 でも、現代的で洗練されたイメージが強いかな?
 いずれにしても、過去、現代、南米、アジア、洗練、自然、その他諸々の要素が交錯する、不思議で絶妙なバランスの音の流れ。
 とても素敵なジャケットそのままの音、でもあります。
 いいオーディオ、天井の高い広い部屋で聞くと気持ちいいんだろうなあ。
 そんな音。
 どこの国にいるのか、また、どの時代にいるのかさえ曖昧になる素敵なトリップミュージック。




posted by H.A.

【Disc Review】“Melodia” (2005) Alejandro Franov

“Melodia” (2005) Alejandro Franov
Alejandro Franov (piano)

Melodia
NATURE BLISS
アレハンドロ・フラノフ


 アルゼンチンのアーティスト、マルチ楽器奏者Alejandro Franov、ピアノソロ作品。
 静かで穏やかな音。
 郷愁感も漂う美しいメロディが揃っていますが、なんだか不思議系。
 一分~四分程度の短い曲を次々と演奏していくスタイル。
 全て即興なのかもしれません。
 次々と緩やかに景色が変わっていくような展開。
 一曲の中でも演奏が進むにつれ少しずつ変化する音楽の流れ。
 一様でなく、微妙なグラデーションがついた音。
 明らかにズレた音や不協和音を使うわけではないのですが、全体を漂う不思議感、微かな違和感。
 波紋が広がるように・・・といったコピーがあったように思いますが、まさにそんな音。
 定常で規則性があるようで、静かに次々と微妙に変化していく流れ。
 強風、微風、温かい風、冷たい風・・・さまざまな風も吹くし、木の葉も舞うし・・・・
 規則性があるようで無い、あるいは、無いようで大きな流れとしてはある、自然な情景を描こうとしたのでしょうかね。
 ・・・ってな想像力を掻き立てる音。
 この断続的な微妙な変化と、そこから何を感じ取るか・・・
 ってなのがこの種の音楽の楽しみ方なのかもしれません。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ