吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2016年04月

【Disc Review】“Surrender” (2007) Jane Monheit

“Surrender” (2007) Jane Monheit
Jane Monheit (Vocals)
Sergio Mendes (Piano) Ivan Lins (Vocals, Keyboards) Alphonso Johnson (Bass) and others

Surrender
Jane Monheit
Conco
ジェーン モンハイト


 Jane Monheit、こちらからはSergio Mendesの定番”So Many Stars”。
 作者本人のご降臨。
 さらにはIvan Linsも自身の”Rio de Maio”でご客演。
 ゴージャスこの上ないストリングス、豪華なバンド、豪華なゲスト。
 完璧なアレンジ、完璧なボーカル。
 どうせやるならここまでやらないとね。
 最高です。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Lovers, The Dreamers And Me” (2009) Jane Monheit

“The Lovers, The Dreamers And Me” (2009) Jane Monheit
Jane Monheit (Vocals)
Neal Miner, Scott Colley (Bass) Antonio Sànchez, Rick Montalbano (Drums) Peter Bernstein, Romero Lubambo (Guitar) Gil Goldstein, Michael Kanan (Accordion, Piano) and others

Lovers the Dreamers & Me
Jane Monheit
Concord Records
2009-01-20
ジェーン モンハイト

 ブラジル的ボーカルが続いていますが、次はメインストリームジャズのボーカリストJane Monheitのブラジル曲。
 あまりジャズ的な歌い方の人ではありませんが、美しい声、クラシック的な?確かな歌唱力、豪華なサポートメンバーで良質な作品がたくさん。
 また、どのアルバムもブラジル系を含め、ツボを押さえたいい選曲。
 ここではブラジルの大御所Ivan Linsの”No Tomorrow” (Acaso)。
 涙がちょちょ切れるような、激甘、ベタベタの哀愁曲、いかにもIvan Linsな曲。
 その激甘ベタベタの曲を、激甘ベタベタのお姫様が、豪華メンバーのたっぷりエコーを効かせた音を背景に歌うんだから、これに勝るモノなし。
 作者本人も顔負けの、この曲の世界。
 もはやひれ伏すのみ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Adentro Floresta Afora” (2015) Leonora Weissmann

“Adentro Floresta Afora” (2015) Leonora Weissmann
Leonora Weissmann (Vocal)
Rafael Martini (Piano, Gutar, Steel drums, Vocal, etc) Rafael Macedo (Guitar, Vocal) Alexandre Andrés (Flute, Vocal) Frederico Heliodoro (Contrabass) Edson Fernando (Percussion, Steel drums, Vibraphone, Glockenspiel, Vocal) Felipe José (Violoncelo), Renato Motha (Guitar, Vocal) Patricia Lobato, Sérgio Pererê, Leopoldina, Beth Dau (Vocal)

レオノラ ヴァイスマン

 ミナス系MPBボーカリストLeonora Weissmann。
 詳細な情報は持っていませんが、例のごとく優しいミナスサウンドながら、普通とは少々異なるカッコよさ。
 いろんな楽器が絡みますが、基本的にはピアノトリオ、ギター+管のサポート。
 基本的はフォルクローレの色も強いミナス系のサウンドですが、不思議系が入る音。
 アレンジが凝っていて、Vibraphone、Steel drumなどこの種の音楽ではあまり使われない楽器、コーラスワーク、Naná Vasconcelos的なvoiceと効果音、Egberto Gismonti的展開、アグレッシブ系のビート、などなど、要所にいろんな仕掛けが組み込まれています。
 また、基本線はポップで優しいメロディの中に、不協和音ではないのだけも、ちょっと変わったメロディや展開が組み込まれています。
 諸々あわせて不思議系、幻想的なムードも漂います。
 さらに、ピアノのタッチが美しく、只者ではない感が漂う音使い。
 フルート、ベースなども含めてインプロビゼーションもカッコいいし、ジャズ的なグルーヴもしばしば。
 ビートが常に効いているわけではありませんが、普通にコンテンポラリージャズとしてもカッコいい演奏。
 ボーカルはキレイ系。
 素直で伸びやかな歌ながら、スキャット中心にこれまた少々幻想的な質感。
 例によって水彩画系のジャケット。
 ジャケット通りにナチュラルでアコースティック、淡くて、優しくて、郷愁感が漂ういつもの質感・・・ではあるのですが、少々のひねり。
 全体を眺めると、前向きで優しいミナス系の音からは外れないものの、クリエイティブ系。
 これはカッコいいんではないでしょうか。




posted by H.A.

【Disc Review】"Irene Preta, Irene Boa" (2013) Irene Bertachini

"Irene Preta, Irene Boa” (2013) Irene Bertachini 
Irene Bertachini (vocal)
Leandro César (guitar) Edson Fernando (Drums, Marinba, etc.) Rodrigo Lana (Keyboards) Tiago Buiú (Bass) and others

イレーニ ベルタチーニ

 ブラジルのボーカリスト、ミナスな音楽。
 水彩画をあしらったジャケットから想像されるように、近年のアルゼンチンのフォルクローレ、オーガニック系音楽に近い質感。
 とても優しく平和な音楽。
 そもそもブラジル・ミナスとアルゼンチンって音の質感が近いんでしょうね。
 リオの陽気なサンバ、あるいは都会的なボッサとは全く別の質感。  
 ゆったりとしたテンポ、のどかなムード。
 ギター、ピアノを中心とした穏やかな演奏に加えて、小編成のストリングスやら、クラリネットやらが彩りをつける背景。
 要所で出てくるマリンバが素朴な感じを醸し出していい感じ。
 ボーカルはこれまたブラジルの定番、透明なようでわずかにスモーキーな優しげな声。
 怒鳴ったり、声を張り上げたりはしない穏やかな歌。
 柔らかなポルトガル語の響き。
 楽曲はオリジナル中心、いかにもミナス的、あるいはフォルクローレ的なふわりとした優しげなメロディ。
 南米音楽特有の穏やかな郷愁感。
 部屋で小さな音で流していると、別の場所へトリップしたような不思議な感覚。
 とても優雅、これまた和みます。




posted by H.A.

【Disc Review】“Tanto Tempo” (2000) Bebel Gilberto

“Tanto Tempo” (2000) Bebel Gilberto
Bebel Gilberto (Vocals)
Luis do Monte, Chris Franck (Guitar) João Parahyba (Percussion) and others

Tanto Tempo
Bebel Gilberto
Imports
ベベウ ジルベルト


 大ヒットしたアルバムなのでしょう。
 ものすごくよくできたクラブ〜ラウンジ?フレンチボッサ?テイストのブラジリアンポップス。
 人工的なような、ナチュラルなような、不思議な浮遊感。
 現代的なような、ノスタルジックなような、不思議な空気感。
 前半は終始ゆったりとしたリズム、とても静か。
 基本、ギターとパーカッション+電子しかないはずなのですが、もの凄く豊かな音空間。
 それを背景に、クールで優し気なブラジリアンボイス。Gilbertoブランドがなくとも有無を言わせない素晴らしさ。
 後半は少し昔の普通のボッサっぽかったり、8ビートだったり、ついにはいかにもクラブっぽい音も出てきますが、それでも不思議な浮遊感は消えません。
 何のことはない演奏、歌のようで、アレンジと電子音がとてもクールで現代的。
 現代ブラジリアポップスの金字塔というと大げさか?
 決して流行りものではなく、10年以上経過した今聞いても、私は古くないと思います。
 George Clooney主演の何かの映画の中でやたら使われていましたが、映画のタイトルすら思い出せないけども、山中?海辺?のバーのかがり火の映像だけがイメージに残っています。
 そんな映像的な音でもあります。

 なお、彼女がユーミンの曲を歌った”海を見ていた午後”(1991)は遠い昔のドライブのお供。
 タイトル曲をバラードにしないアレンジにガッカリしたり・・・
 もろバブル時代ですね。
 懐かしいような恥ずかしいような・・・まだ売ってる・・・





posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ