吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2016年02月

【Disc Review】“Mojave” (2011) Roni Ben-Hur, Nilson Matta

“Mojave” (2011) Roni Ben-Hur, Nilson Matta
Roni Ben-Hur (guitar) Nilson Matta (bass)
Vintor Lewis (drums) Cafe(percussion)

ニルソン マッタ
ロニ ベン・ハー





 ブラジル人ベーシストNilson Matta。ジャズギタリストとの共演盤。
 このアルバム、彼が所属する有名バンドTrio Da Pazよりもはるかにジャズ寄り。
 クリーントーンのエレキギター、ウッドベース、軽快なサンバっぽいドラム、パーカッション。
 洗練された感じのブラジリアンジャズ~フュージョンのTrio Da Pazに対して、このアルバムはちょっとヤクザな感じ。
 ギターがジャズだから?パーカッションが入っているから?ドラムがジャズのVictor Lewisだから?うーん、どうだろ?
 いずれにしてもこのサジ加減の音が気持ち良くていい感じ。
 ほどほど都会的、でも洗練され過ぎているわけではない。パーカッションがほどよく効いたノリノリのブラジリアン・グルーヴ、ギターは攻めまくり、スリリングなスピード感、それでも上品な質感。
 Trio Da Paz、一時期のPat Methenyあたりに柔らかげなリズムとスピード感は共通。でも、このアルバムはもっとラフで、ソリッド、よりジャズっぽい。
 普通のジャズとは一味違う、よりしなやかで柔らかで、気持ちいいギタージャズ。




posted by H.A.

【Disc Review】”TALISMAN” (2014) Sammy Figueroa & Glaucia Nasser

”TALISMAN” (2014) Sammy Figueroa & Glaucia Nasser
Glaucia Nasser (vocals) Sammy Figueroa (percussion)
Chico Pinheiro & Michi Ruzitschka (guitar) Bianca Gismonti (piano) Fernando Rosa (bass) Bernardo Aguiar (pandeiro) Chrystian Galante (percussion)

Talisman
Sammy Figueroa & Glaucia Nasser
Savant
2014-09-09
グラウシア ナッセール
サミー フィゲロア

 ブラジルの女性ボーカリストとアメリカのパーカッショニストがリーダーのブラジリアン・ポップス、MPB。
 ナチュラル、かつほどほど都会的ないい感じのMBP。
 MPB、ナチュラルな感じの音、ロック、ポップ色の強い音、デジタル入った派手目の音、に分かれそう。うまくナチュラル系を見つければ、サンバ系、ボッサ系、ミナス系に関わらず、当たりが多いのが経験則。
 これはもちろんナチュラル系。
 とりあえずギターにChico Pinheiroが入るとハズレがないなあ。さらにピアノに Bianca Gismontiが参加していたりもします。いずれも2曲のみですが。
 ボーカルはブラジル定番のハスキーで落ち着いた声、決して怒鳴らない上品で優しい歌。
 パーカッションはフュージョン系の大御所?ここではこれまた上品にスッキリと。
 彼の音が都会的ラテンな雰囲気を醸し出しているのでしょうかね。
 さらにベースがカッコいい。
 ファンク系の人なのでしょうかね。ちょっと固めと思いきや、しなやかで強烈なグルーブ。
 曲はメンバーのオリジナルを含めて最近のブラジルの曲が中心、著名な曲はありませんが、どれも哀愁感が漂う素敵なメロディばかり。
 優しげな声、柔らかくてしなやかなリズム、グルーブ、明るい雰囲気の中のほのかな哀愁感、カッコいいインプロビゼーション。
 さりげなくブラジル音楽のいいところが詰まった素敵なアルバム。




posted by H.A.

【Disc Review】“Nova” (2008) Chico Pinheiro & Anthony Wilson

"Nova” (2008) Chico Pinheiro & Anthony Wilson
Chico Pinheiro, Anthony Wilson (Guitar)
Fábio Torres (Piano) Paulo Paulelli, Marcelo Mariano (Bass) Edu Ribeiro (Drums) Armando Marçal (Percussion) Proveta (Clarinet) Matt Zebley, Vinícius Dorin (Flute) Proveta, Matt Zebley (Alto Sax) Vinícius Dorin, Matt Otto (Tenor Sax) Adam Schroeder, V. Dorin (Baritono Sax) Garrett Smith, Paulo Malheiros (Trombone) Gilbert Castelhanos, Daniel D'Alcântara (Trumpet, Flugel)

Nova
Chico Pinheiro
Goat Hill Recordings
2008-11-11
シコ ピニエロ
アンソニー ウイルソン

 ブラジリアンChico Pinheiro、アメリカンAnthony Wilsonの両ギタリストによるブラジリアン・フュージョン。
 穏やかなボッサ系リズムのピアノトリオに時折ホーンのアンサンブルを交えたサポートの上で、ギターが気持ちよさげにソロを繰り広げていきます。
 Fabio Torresのピアノも一級品。少ないスペースながら、表現力、瞬発力、グルーヴ感は抜群。只者では無い感が漂ってきます。
 オリジナル曲に加えてDorival Caymmi、João Donatoなどのブラジリアンスタンダード、穏やかで優しい曲揃い。
 そんなカッコいい音を背景に、主役のギタリストたち。
 Chico Pinheiro、もちろんガットギターもよいのですが、いつもながらにエレキギターがすごい。
 アップテンポ曲での高速フレーズの気持ちよさ。
 類似する人が思いつかないタイプで、ジャズとブラジリアン独特?の色が混ざり合い、ひょっとすれば一大スタイリストに化けるかも、と思っているんですがねえ。他にもいい録音がたくさん。
 Anthony Wilsonは何でもできそうな現代的Jazzギタリストっぽいけど、似たタイプだなあ。
 いい感じの絡み方。
 ほどほどのブラジルテイストと、ほどほどの洗練感が優雅で爽やか。
 とても素敵なブラジリアンフュージョン。




posted by H.A.

【Disc Review】“Chico Pinheiro” (2005) Chico Pinheiro

“Chico Pinheiro” (2005) Chico Pinheiro
Chico Pinheiro (Guitar, Vocals)
Fábio Torres, Rafael Vernet (Piano) Marcelo Mariano, Paulo Paulelli, Serginho Carvalho (Bass) Edu Ribeiro (Drums) Armando Marçal (Percussion) Paulo Sérgio Santos (Clarinet) Andréa Ernest Dias (Flute) João Bosco, Luciana Alves, Tatiana Parra (vocals)

Chico Pinheiro
Chico Pinheiro
Discmedi
2014-03-17
シコ ピニエロ

 ブラジリアンギタリストChico Pinheiro、2005年作。
 デビュー作?“Meia-Noite Meio-Dia”(2003)の延長線上、これまたカッコいいMBP、ブラジリアンフュージョン。
 シャープなオリジナル曲。
 ブラジルっぽい優しげで大らかな感じではなくて、現代的で洗練されたイメージ、リズムも少し早目でシャープな印象。
 ギターも同様。
 ガットギターとエレキギターを取り混ぜながら、これまた洗練されたシャープな音。
 弾き始めるとどこまでも行ってしまいそうな疾走感。 リズム隊も決して派手ではないけども、リーダーと同様にシャープ。
 軽快でうるさくならない、でも推進力のあるドラム、ベースの作る静かながら強いグルーヴ、ツボ抑えた美しいピアノ。
 さらに、こちらはいかにもブラジルっぽい少し線が細めの本人のボーカル、本作でも多くの曲でフィーチャーされる限りなく透き通ったLuciana Alvesの儚げなボイス。
 この組み合わせ、バランスが秀逸。
 しなやかなブラジルのムードと郷愁が根底に流れる中での、静かなクールネス。
 Pat Metheny的でもToninho Horta的でもない、唯一無二のカッコよさ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Camburi” (2012) Bruno Mangueira

“Camburi” (2012) Bruno Mangueira
Bruno Mangueira (guitars, vocal)
Fabio Torres (piano) Bruno Cardozo (keyboard & Rhodes) Sidiel Vieira (acoustic bass) Thiago Alves (electric bass) Celso de Almeida (drums) Gilson Peranzzetta (accordion) Robertinho Silva (percussion) Sidmar Vieira (flugelhorn) Joao Lenhari (trumpet, flugelhorn) Nicolai ILiev, Felipe Secamilli (viplin) Leila Pinheiro, Beth Bruno, Filo Machado (vocal)

Camburi
Bruno Mangueira
Tratore
2013-12-16
ブルーノ マンゲイラ

 ブラジルのギタリスト、第二作。
 今回は半数にボーカルをフィーチャーしたMPB~ブラジリアンフュージョン。
 多種多様だった前作“Bruno Mangueira” (2010) に比べて、スッキリ系、柔らか系MPB~ブラジリアンフュージョンにまとめています。
 ゲストに加えて本人のボーカルも渋めでいい感じ。
 主役はギターとボーカル、他の楽器はあくまでサポート。
 いかにもブラジル的な柔らかなグルーヴ、スッキリしたバンドサウンド。 前作では限られていたエレキギターのスペースが大きく増加した印象。アコースティックギターと丸っこいクリーントーンのエレキギターの絡みがいい感じ。
 柔らかくて浮遊感があって、Toninho Horta、Pat Methenyあたりのファンには受けるだろうなあ。
 曲は自作オリジナル中心、これまた柔らか系。粒ぞろいの佳曲ばかり。
 ボサノバはもちろん、ミナスっぽかったり、とても優しげな、いかにもな現代的ブラジルサウンド。
 同じくブラジルの若手ギタリストだと、少々テンション高めのChico Pinheiroに対して、あくまで柔らかなBruno Mangueiraってな感じ。
 とても爽やかで浮遊感のある素敵な音。
 表面上はあまり見えないジャズの香りが隠し味、かな。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ