吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2016年01月

【Disc Review】”acacia” (2013) Mery Murua & Horacio Burgos Trio

“acacia” (2013) Mery Murua & Horacio Burgos Trio
Mery Murúa (vocal)
Horacio Burgos (guitar) Fernando Bobarini (bass) Diego Clark (percussion) Juan Arabel (huancara)

acacia
Mery Murua
有限会社 大洋レコード
2015-12-25
メリー ムルア & オラシオ ブルゴス トリオ

 アルゼンチンのボーカリスト、ギタートリオをバックしたネオ・フォルクローレ。
 いかにも南米な優しげな音楽。
 透き通った柔らかな声とこれまた柔らかいギタートリオ+α。
 アカシアの森の中で録音したそうですが、虫?鳥?牛?の声も背景に置きながら、ナチュラルで優しく、透明感の強い音。
 曲はオリジナルに加えてアルゼンチンの楽曲が中心なのでしょう。フォーキーでどれも優しげな曲。
 この種のフォルクローレ系音楽、リズムもメロディもジャズ的ではないし、ブラジル、リオ系とも違う。ミナス系には近いのかもしれないけども、いわゆるポップスに近い質感。
 それでも欧米系には感じられない、南米系特有の心地よい柔らかさ。
 そこはブラジル系と通じる部分だし、その境目が曖昧になりつつある感じなのでしょうかね。ギターはいかにもブラジルっぽい感じなのですが、ボリビア?の人のようですし・・・
 ナチュラル系、オーガニック系、それも計算し作られたものでなくて、あくまで自然体の音。
 自然な透明感。
 普段の生活の中ではなかなか聞けない素敵な音楽。
 これを流すとコンクリートジャングルがアカシアの森に・・・なればねえ・・・・・・




posted by H.A.

【Disc Review】”tipas y tipos – en vivo en café vinilo”(2012)Diego Schissi Quinteto

”tipas y tipos – en vivo en café vinilo”(2012)Diego Schissi Quinteto
Diego Shissi (piano)
Juan Pablo Navarro (bass) Santiago Segret (bandoneon) Ismael Grossman (guitar) Guillermo Rubino (violin) Juan Quinteto, Andrés Beeuwsaert, Mariano Cantero, Mora Martínez (voice) Paula Pomeraniec (cello) Ricardo Bugallo (viola) Tomás Barrionuevo (violin)

ディエゴ スキッシ

 アルゼンチンのピアニスト、自身のバンド+αでの現代的タンゴ。
 ジャズに食傷してブラジル系を探していると何故か引っかかるアルゼンチン音楽、これもそんな一枚。
 分類すればタンゴなのでしょうが、現代的フォルクローレの香りもそこそこ。
 明らかにそれらしい優しげな音・・・とか思っていると、ミナスっぽくなったり、Egberto Gismontiっぽかったり・・・やはりピアソラっぽかったり・・・現代的南米フュージョン。
 ストリングスを交えた複雑な構成の楽曲群。でも難解ではないし、重々しくもない。それがいかにも現代的。
 これが今の南米大陸、アルゼンチンの空気感なのしょうかね。
 寂寥感、さまざまな要素が絡み合う複雑さ、葛藤。それでもそのすべてを包み込む優しさ、穏やかさ、大らかさ・・・。
 計算しつくされたアレンジ、穏やかなグルーヴ。
 ピアノ、バンドネオン、ギターの決して長くはないソロ演奏のドキッとするような美しさ。
 これ、いいですね。




posted by H.A.

【Disc Review】“Brazilian Duos” (2002) Luciana Souza

“Brazilian Duos” (2002) Luciana Souza
Luciana Souza (voice)
Romero Lubambo, Marco Pereira, Luis Gonzaga (guitar) 

Duos Brasileiros
Luciana Souza
Biscoito Fino Br
2002-01-12
ルシアーナ スーザ

 Luciana Souza、Duoシリーズの一作目。
 好みはさておき、前掲の“Duos 3” (2012)、“Duos 2” (2005)よりもこちらの方が人気なのでしょう。
 こちらも基本的には雑味なしのギターと声だけ。
 バラード中心なのだけども、シャキッした質感。
 なんだか緊張感が高くて、ギターも声も張りつめた感じ。
 さらに、とてもクリアな録音も手伝って、目の前に声とギターの音が見えるような生々しさ。
 このテンションの高さで好みは分かれるのでしょう。
 とかなんとか言いながら、どこを切り取っても郷愁あふれる素晴らしい音。
 Jobimの隠れ?大名曲”Eu Não Existo Sem Você”なども含めて渋めの選曲。
 たとえ著名でなくともいい曲揃、いい演奏揃い。
 そして優しい声。
 えっ?で、結局、これと、“Duos 2”,”Duos 3”のどれがいいの?って?
 全部いいに決まっているでしょ。
 



posted by H.A.

【Disc Review】“Duos 2” (2005) Luciana Souza

“Duos 2” (2005) Luciana Souza
Luciana Souza (voice)
Romero Lubambo, Marco Pereira, Guilhrme Monteiro (guitar)

Duos II
Luciana Souza
Sunny Side
2005-05-24
ルシアーナ スーザ

 Luciana Souza、ギターとのDuo作、二作目。
 Duoの初作“Brazilian Duos” (2002) から3年後、“Duos 3” (2012)より7年前。
 ちょうどよくできていて、いい具合で両作品の中間の質感。テンションも瑞々しさも中くらい。
 キリッとした“Brazilian Duos”よりも少し緩やかなテンション。 
 のほほんとした“Duos 3”よりも少し強めの声とギター。
 いくら強めと言っても、基本的にはブラジルの柔らかなメロディ、リズム。
 そしてちょっとだけスモーキーな柔らかな声。
 たった二人での演奏ながら、アップテンポではめくるめくような目まぐるしい展開、スローではこの上もなくしっとりと。
 曲はブラジルの名曲からの選りすぐり。ギターは手練れた名手たち。
 悪いわけがありません。
 こちらはBGMにはちとテンションが高いかな?そうでもないか・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Duos 3” (2012) Luciana Souza

“Duos 3” (2012) Luciana Souza
Luciana Souza (voice)
Toninho Horta, Romero Lubambo, Marco Pereira (guitar)

Duos III [輸入盤]
Luciana Souza
Sunnyside
2012-10-12
ルシアーナ スーザ


 ブラジル人ボーカリストLuciana Souza、とても素敵なギターとのDuo。
 声はブラジル定番、優しげで柔らかなハスキーボイス。
 ウイスパー系ではないけども、押し込んでくるタイプではないので、安心して聞けるいい頃合いの力の加減。
 ちょっと聞こえるだけで不思議な浮遊感?躍動感?が出る素敵なボイス。リズムへの乗り方が普通の人とは違う感じなのかな?
 基本的にはギターとボーカルのみのシンプルな音。
 私が知る限りこの編成で三作あるはずですが、生々しさでは一作目“Brazilian Duos”(2002)が一番。
 この三作目はちょっとゆるめで落ち着いた感じ。
 曲はJobimはもちろん、Dorival Caymmi、Toninho Hortaナンバー等々ブラジルの名曲群。
 但し、いわゆる著名曲ではなくて、知る人ぞ知る?ような渋い選曲。それでも全てが名曲。
 柔らかくて哀愁があって優しくて・・・・。このシリーズ、Brazilian Song Bookとしても、いいんでしょね。
 いい感じでゆるくてのんびりしていて、緊張感なく聞ける平和な音。
 お昼寝のBGMにもピッタリ、かな?




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ