吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2015年07月

【Disc Review】“Tudo Bem!” (1978) Joe Pass

“Tudo Bem!” (1978) Joe Pass
Joe Pass (guitar)
Paulinho da Costa (percussion) Octavio Bailly, Jr. (bass) Oscar Castro-Neves (guitar) Don Grusin (keyboards) Claudio Slon (drums)
 
Tudo Bem
Paulinho Da Costa
Ojc
1992-02-17
ジョー パス




 Joe Passのお気に入りアルバムをもう一枚。
 こちらはブラジルのミュージシャンと録音したボサノバアルバム。
 “Intercontinental” (1970)はクール目でしたが、こちらは少々暖かめ。
 ブラジルの手練れが演奏するハッピーな感じのボッサの上で、Joe Passさんはいつも通りのクールなエレキギターを弾きまくり。
 この組み合わせが最高にカッコいい。
 この人のギターはいつもメロディアスでスムース。
 個々のフレーズが魅力的であること、キチンとコードに乗っているのは当たり前として、そのつながり、展開が極めて自然で、文字通り滑らか。
 Jobimをはじめとするボサノバの素敵で洒落たコード展開の曲だと、さらにそれが生きてくるのかな?
 サックスとかが入ってもカッコいいんだろうけども、それだとちょっとベタつきそうだし、ボーカルやガットギターが前面に出るとありきたりな音になりそう。
 ベースはエレキだし、エレピとかも入るんだけども、Joe Passのエレキギターが鳴ると質感はなぜか上品でアコースティックなジャズ&ボッサ。
 そんな感じの絶妙なバランス。
 クールで爽やか。
 でもとても楽しげな音楽。



posted by H.A.

【Disc Review】“Intercontinental” (1970) Joe Pass

“Intercontinental” (1970) Joe Pass
Joe Pass (guitar) Eberhard Weber (bass) Kenny Clare (drums)


Intercontinental
Joe Pass
Mps-Jazz
2014-11-18
ジョー パス



 とても暑いので涼しげな音を。
 このアルバムは私にとってのBest of Jazz Guitar. なアルバム。
 Joe Passさんはギターソロの方が有名なのでしょうが、私的にはバンドものの方が好み。
 素敵なシングルトーンのインプロビゼーションがたっぷり聞けるから。
 ゆったりしたフレーズから早いフレーズまで、全てがメロディアスで、スムース、かつ、一つ一つのソロの起承転結が明快。
 何の不安も緊張感も無く、気持ちよく聞けるフレージング。
 かといって決して平坦では無く、微妙なニュアンスの変化がたっぷり。
タメだったり、加速感だったり、抑揚だったり・・・
 また、小節や主だったメロディ間のちょっとしたオブリガードがものすごくカッコいいのはソロギターの名手ゆえかな。
 選曲はよくあるスタンダード&ボッサ&ブルースだし、演奏もスタンダードなJust Jazzなんだけども、それが最高にカッコいい。
 しかもこのアルバムの録音、ギターのリバーブが少々強めで、ものすごく艶やか、かつ透明度の高いキレイな音。
 1960年代から活躍している人とは思えないようなモダンな音。
 他のアルバムでは無い音作りではないかな?
 決して熱くはならない上品で含蓄の深いギター。ベース、ドラムは落ち着いたサポートに終始。
 結果、ちょっとクールな質感が夏場にピッタリの音。
 小さめの音量でかけていると、まるで涼しげでゆるい風が吹いてくるよう。
 この質感はなかなかないなあ。
 手に汗を握らない、小難しくない、心地よさ最高なギターアルバム。
 この季節は激しいやつよりこんな音がイイですね。



posted by H.A.

【Disc Review】“Blackstone Legacy” (1970) Woody Shaw

“Blackstone Legacy” (1970) Woody Shaw 
Woody Shaw (trumpet) 
Gary Bartz (alto saxophone, soprano saxophone) Bennie Maupin (tenor saxophone, bass clarinet) George Cables (piano, electric piano) Ron Carter (bass) Clint Houston (electric bass) Lenny White (drums)

Blackstone Legacy
Woody Shaw
Contemporary
ウッディ ショー







 通好み?のトランぺッターWoody Shaw。
 私もそれほど馴染みが深いわけではなく、Miles、Freddie以降、Wynton Marsalisまでの間、ちょっと新し目だけど基本はオーソドックスなジャズトランぺッターかな?ってなイメージでした。
 でも、たまたま手に入れたこのアルバムを聞いてびっくり。
 エレクトリック・マイルスの進化版のものすごくカッコいい音楽。
 なんというか、最初から最後までぶっ飛びまくりのエネルギー放出型のハイテンションジャズ。
 メンバーはMiles系、Herbie Hancock系のつわもの達。
 Ron Carterを除けばまだ若手で売出し中のところかな?
 でも彼らが凄まじい演奏。
 冒頭からドラムがドカドカバコバコ、ベースがブンブンドコドコ、怒涛のような音の波。
 そこに上品なエレピ入ってバランスを保ちつつ、管の皆様がブチ切れたソロを展開。
 あの"Bitch’s Brew" (1969) Miles Davisをさらに激しくしたというか、そんな感じ。
 リーダーのトランペットは全くMilesっぽくは無いので逆に新鮮な感じだし、サックスが入るとColtraneが若返って吹きまくっているようでもあるし、ピアノがHerbieっぽいのはご愛嬌。
 全体を通じては4ビートも多く、エレクトリックマイルスよりもジャズっぽい。
 ”Bitch’s Brew”が世に出たばかりのあの時代、Miles帝王や神様Coltraneを崇めつつも、新しい音を模索していたんだろうなあ、と思わせる音作り。
 よりジャズっぽい"Bitch’s Brew"というか、ポップでは無い"Head Hunters"というか。
 ちょっと時代を感じさせつつも、カッコいい音楽。
 大音量で聞くとストレスが吹っ飛びそうな心地よさ。
 この季節には暑苦しいけども・・・ 




posted by H.A.

【Disc Review】“Tango: Zero Hour” (1986)  Astor Piazzolla

“Tango: Zero Hour” (1986)  Astor Piazzolla
Astor Piazzolla (bandneon)
Fernando Suarez Paz(Violin) Hector Console(Bass) Horacio Malvicino(Guitar) Pablo Ziegler(Piano)
 
Tango: Zero Hour
Astor Piazzolla
Nonesuch
1998-09-08
アストル ピアソラ




 モダンタンゴの雄、Astor Piazzolla。
 当方、基本的にはジャズ~ボッサファン。
 タンゴやフラメンコなどもいくらかは聞いてみましたが、愛聴盤はあまりありません。
 タンゴと言えば固い質感のリズム、大仰でエキセントリックに聞こえる曲調に抵抗感が無きしもあらず。
 が、さすがにピアソラさんの素晴らしさについては他言ありません。
 このアルバムはアメリカのレーベル(Kip Hanrahanプロデュース)。
 だからかどうかはわからないけど、私が知る限り、他のアルバムと比べて全体の質感はクール。
 録音の質感も含めて、ひんやりとした感じ。あのECMレーベルに近い感じもするけども、あそこまでは温度感は低くはない。
 結果、ジメッとしたこの季節の夜に聞くと心地よい。
 北風が吹く感じの冷たさではなく、エアコンがキリッと効いた感じ、あるいはひんやりした地下室の感じ、ですかね・・・
 クールで透明感が高い分、背筋に冷たい物が走るというか、ながら聞きを許さない緊張感があるというか。それも何とも言えず心地よい。
 曲と演奏は言わずもがなの名曲、名演揃い。
 ドラマチックな哀愁曲がてんこ盛り。
 このアルバムではMilonga del Angel、Mumuki辺りが白眉かな?
 哀愁の塊のようなメロディをバンドネオン、バイオリンといったこれも哀愁の塊のような音色で演奏されるとこれはもう・・・
 さらにグルーブは強いし、さらりとした哀愁~ベタベタのタメ~超弩級の疾走感、あざといまでの昂揚感・・・
 等々、変幻自在。
 ピアノ、ギター、ベースといった馴染みが深い楽器もいい感じでフィーチャーされ、ジャズファンからしてもありがたい限り。
 この盤がジャズファンには一番馴染むのでしょうかね。
 哀愁の塊のようなメロディ、哀愁~絶望と激情~狂気が錯綜するような演奏、完璧なアンサンブル。
 言わずもがなの凄い音楽、凄いバンド、凄いアルバムだなあ。

 

posted by H.A.

【Disc Review】“The Montreal Tapes” (1997)Charlie Haden, Gonzalo Rubalcaba, Paul Motian

“The Montreal Tapes” (1997)Charlie Haden, Gonzalo Rubalcaba, Paul Motian
Charlie Haden (bass) Gonzalo Rubalcaba (piano) Paul Motian (drums)
  
Montreal Tapes
Charlie Haden
Polygram Records
1998-01-27
チャーリー ヘイデン
コゴンザロ ルバルカバ



 新譜で思い出して久々に聞いてみました。
 前掲のTokyo Adagioの8年前のようですね。記憶通りの美しくも凄まじい演奏。
 Tokyo Adagioは「静」ですが、こちらは激しく「動」。
 一曲目、Keith Jarrettの名演がある名曲Vignetteから。
 冒頭は思索的な感じですが、だんだんとぶっ飛びだすピアノ。
 どれだけ手が早く動くの・・・といった超高速フレーズの連発。
 さらに二曲目、ブルーノートチックなカッコいいジャズ曲、クールで落ち着いたジャズかと思いきや、これまた凄まじい演奏。
 等々、これでもかこれでもかと叩き込むような演奏が最後まで続きます。
 体育会的というか、サディスティックというか。
 ピアノが凄すぎて、ピアノの音が無くなるとホッとするぐらい、あの曲者の大御所Paul Motianの音がほとんど気にならないぐらい。
 近年は抑制的?とも思える本人含めて、この手の激しい系のピアノ、最近は流行らないのでしょうかね?
 さておき、Gonzalo Rubalcabaの凄味が純ジャズ的なセット、エネルギーを放出する形で表出されている名演奏。
 やはり凄いピアニスト。
 さて、上品なTokyo Adagioと 壮絶なThe Montreal Tapesのいずれを選ぶか?
 若い時なら後者、今は前者ですね。
 自分の年齢のせいか、時代の変化のせいかは???



posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ