吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2015年01月

【Disc Review】"Fabula" (1996) Maria João

"Fabula" (1996) Maria João
Maria João (voice)
Ralph Towner (guitar) Dino Saluzzi (bandoneón) Manu Katché (drum) Kai Eckhardt de Camargo (bass) Mario Laginha (piano) Ricardo Rocha (portuguese guitar)

Fabula
Maria Joao
Verve
2007-10-16
マリア ジョアン

 デビューから10余年?ジャズっぽかった前掲の“Cem Caminhos”(1985)からは大きく変化。
 ボーカルの表現力はさらに大幅に増幅。いったいどこから声が出ているのやらよくわかりません。
 裏返しているのか、鼻に抜いているのかよくわからない強烈な高音ボイスは、ここまで来ると普通のジャズやボサノバボーカルの範囲は逸脱。
 少し変わった音階の使い方も含めて、少々エキセントリックな彼女だけの世界。
 空間を漂うような浮遊感と、怒涛のように突っ走る疾走感が交錯するボイス。
 緊張感の塊のような凄みのあるボイス。
 オールスターのバンドは少し落ち着いた演奏ながら、不動のメンバー、夫君のグルーヴの強いカッコいいピアノを中心にした名演奏。
 Manu Katchéの少々ロックっぽいドラムがこのアルバムの色合いを決めているかな?
 いずれにしても多彩な楽曲を多彩な演奏でカラフルな音。
 普通のジャズではないし、ワールドミュージックと呼ぶには国籍が見えてこないし、ポップスっぽくもあるけども少々アバンギャルドに過ぎるか。
 メンバーからすればECMあたりのヨーロピアンジャズの音になりそうだけども、温度感は高目だし、それも違う。
 ま、Maria Joaoの音と呼ぶしかないのでしょうねえ。 



posted by H.A.

【Disc Review】“Cem Caminhos” (1985) Maria João

ブログネタ
冬物を出すタイミングは? に参加中!
“Cem Caminhos” (1985) Maria João
Maria João (vocal)
Carlos Martins (sax) David Gausden (bass) Carlos Vieira (drum) Mário Laginha (piano)
 
Cem Caminhos
Maria Joao
West Wind
2014-02-18
マリア ジョアン




 吉祥寺のBar Foxholeで教えてもらったポルトガル人ボーカリストの初期?作品。
 何ともジャンル分けしづらい人。とりあえずコンテンポラリージャズと呼ぶしかないかな。
 このアルバムではMy Favorite Things、Take Fiveとかもやっているし、バックもサックスカルテット、素直な4ビートも何曲かあるので、ジャズっぽい。
 だけども何かちょっと変わっています。
 かといって奇をてらったアレンジをしているわけではないし、難解でもありません。
 何とも言えない不思議な質感。スタンダードには少々飽きが来ている身にとっては新鮮でカッコいい。
 リーダーのボーカルは表現重視?の超絶技巧。
 後の作品と比べるとまだまだ普通、強烈な高音ボイスは多用していません。
 スタイルを確立する前なのだと思いますが、それでも万華鏡のような表現力。
 さらに、バンドのメンバー全員がとてつもなく上手い。
 単に早く音が動くとかではなく、これまた表現力が豊か。
 普通っぽい音で普通っぽい演奏しても何かが違う。
 おまけに凄いグルーブ感、疾走感。
 世評がどうかはわかりませんが、私にとってはほどほどに普通で、ほどほどに変わった、お気に入りのコンテンポラリージャズボーカルアルバム。



posted by H.A.

【Disc Review】“Rio” (2008) Till Bronner

“Rio” (2008) Till Bronner
Till Bronner (trumpet)
Annie Lennox, Milton Nascimento, Vanessa Da Mata, Aimee Mann, Luciana Souza, Sergio Mendes, Melody Gardot, Kurt Elling (vocals) and others

Rio
Till Bronner
Uni Classics Jazz UK
2009-01-26
ティル ブレナー




 ドイツ人トランぺッターのブラジル音楽集。
 チェットベイカー風だったり、クラブジャズだったり、フュージョンだったり、なんでもやってしまうトランぺッターですが、このアルバムではボッサ~ブラジリアンポップス。
 これが都会的、現代的でいい感じ。
 Jobimの定番ナンバーも入っていますが、Toninho Horta、Joyce等々、現代の楽曲も織り交ぜながら、さながらブラジリアン名曲集。
 やっぱりブラジル人の書く曲は哀感(郷愁、saudadeですね)があっていいなあ。
 ゲストも多彩でいいミュージシャン、ボーカリストがたくさん。
 演奏は、ナチュラルな雰囲気が薄く、いかにもなポップスっぽく、あくまではクール。
 音の景色は、南米の森林や海岸では無くて、エアコンが効いたリゾートホテル、あるいは都会のオシャレなバー。
 その意味でものすごく良く出来た、現代的なブラジル音楽集。




posted by H.A.

【Disc Review】“Eréndira” (1985) “Cantilena” (1989) First House

“Eréndira” (1985) “Cantilena” (1989) First House
Ken Stubbs (alto saxophone) Django Bates (piano, tenor horn) Mick Hutton (bass) Martin France (drums)

Eréndira
Universal Music LLC
2009-02-25





Cantilena
Universal Music LLC
2000-11-16






 イギリス?のワンホーンカルテット。
 ECMレーベルにしてはまあまあオーソドックス、明るい印象のジャズバンド。
 バンド全体としては、Ornette ColemanやKeith Jarrettあたりの影響が強いのかもしれませんが、より分かりやすくなじみやすい。
 それでもヨーロッパのバンドならではの妖しさもそこかしこに感じられ、奥が深そうで退屈しません。
 イギリスのジャズに特別なイメージは持っていないのですが、ヨーロッパとアメリカの両大陸の中間、ちょうどそんな質感。
 アルトサックスがカッコいい。
 David Sanbornから歪みを除去したというのが適当かどうかわかりませんが、鳴りのいい伸びやかな音、メロディアスなフレーズとエモーショナルな抑揚。
 絶妙なタメとノリ、スピード感。
 ちょっと強めのエコーも心地いい。
 ピアノも只者では無い感が漂うフレージングと美しい音。
 リーダー作はアバンギャルドですが、ここのバンドではオーソドックスに美しく、時々激しい演奏。
 ドラムとベースも決して派手ではないのですが、いい感じの上品なグルーブ感。
 曲は美しいバラードから、Ornette風、Keith Jarrett風、などなど、バリエーション豊か。
 いいバンドだと思うのですが、作品はわずかのよう。
 ちょっとアブストラクト、妖しげで浮遊感が強い“Eréndira”(廃盤?)、より整った“Cantilena”、どちらもいいアルバム。



posted by H.A.

【Disc Review】“Confirmation” (2012) Django Bates' Beloved

“Confirmation” (2012) Django Bates' Beloved
Django Bates (piano)
Petter Eldh (bass) Peter Bruun (drums)

Confirmation
Django Bates' Beloved
Imports
2012-09-25
ジャンゴ ベイツ

 英国のピアニストのトリオ、最近作。
 ECMレーベルの”First House”でカッコいいピアノを弾いていたのは知っていたのだけど、アバンギャルド系の人だと思い(事実、そう。)避けてました。
 何の気なしに聞いてみたこのアルバムが凄まじい。
 チャーリー・パーカーナンバーが数曲ありますが、何の曲やらさっぱりわかりません。
 テーマはわかるのですが、超変拍子というか、小節すらもよく分りません。
 さらに加速したり、減速したり。
 が、ブレイクになるとピタリと合う。
 もちろん全編通じて、過激、アバンギャルドですが、いわゆる全編即興ではなく、ちゃんとルールと決めがあって、その上で暴れまくっているのでしょう。
 ピアノは超高速、変幻自在。ガンガンゴンゴン。
 でも音がものすごく綺麗。
 さらに、ベースがゴリゴリ。ドラムはバシバシ。
 凄いバンド。
 これは気持ちいいわ。
 あまりにも凄いので、疲れているときは避けて、気力、体力があるとき、半分だけ聞くといい感じかな?



posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ