吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

2014年10月

【Disc Review】 “Blow by Blow” (1975) Jeff Beck

“Blow by Blow” (1975) Jeff Beck
Jeff Beck (guitar)
Max Middleton (Keyboard) Phil Chen (bass) Richard Bailey (drum)
 
Blow By Blow
Jeff Beck
Epic Records
2001-03-28
ジェフ ベック



 先のHerbie Hancock 、Actual Proof、You tubeでのベースTal Wilkenfeldで思い出して。
 ギターが好きな人でJeff Beckを嫌う人には出会ったことがありません。
 私も「ギター殺人者の凱旋」のシュールな邦題のLPレコード、なぜか内袋?についていた二曲の楽譜を見ながらコピーしたクチ。
 ロックもいろいろ聞いたけど、結局これが一番好きなアルバムの一つ。
 今聞き直してみても、ものすごくカッコいい。
 弾むようなファンキーさ、グルーブ感、完璧なアレンジ、ギターソロ。
 古くはなっていないなあ。
 あの時代のロックやフュージョンとは一味違う。
 バンド全体の雰囲気はロックっぽくもソウルっぽくもあるけど何か特別な質感。
 重々しくないのよね。
 特にこのアルバムは。
 ギターはさておいたとしても、リズムの作り方に惹かれるのか、フェンダーローズをはじめとしたキーボードの使い方に惹かれているのか。
 歌物でも同メンバーの二期Jeff Beck Groupが一番好きだったしね。
 近年のライブにも行ったけど、やっぱりこれが一番いいかな。
 後のアルバムと比べても異質。ロック度が低くてしなやかな質感。
 ジャズ中心に聞いている今でも、この種の重くなくて、グルーブ感、疾走感があり、浮遊感もあり、ちょっと翳りがある質感を求めているんだろうなあ。
 約40年前、Pat Methenyのデビューと同時期ね。
 知らなかった・・・

※近年のライブ。このアルバムとはちょっと雰囲気が違うか。御大は見た目もギターも変わりませんが。

posted by H.A.

【Disc Review】 “Flood” (1975) Herbie Hancock

“Flood” (1975) Herbie Hancock
Herbie Hancock (piano)
Bennie Maupin ( Sax,Flute etc ) Paul Jackson (Bass) Mike Clark (drum) Bill Summers (Percussion) Blackbyrd Mcknight (guitar)

Flood
Herbie Hancock
Wounded Bird
2014-09-23
ハービー ハンコック

 御大Herbie Hancockさん、Headhunters?の東京でのライブ録音。
 ポーランドのピアニストMarcin Wasilewskiが最新作でカバーしていたActual Proof。
 Electric Herbieが中心ですが、あのMaiden Voyageから、エレクトリックでポップな曲まで、この御仁のいろんなカッコよさがギュッと詰め込まれた一枚。
 冒頭、Maiden Voyageは、アコースティックピアノのソロではじまり、終盤にフルートとファンキーになりそうでなりきらないエレキベースが参入、どうなるのかな?と思っていると、いきなりドファンキーな名曲Actual Proofがはじまります。
 この微妙で唐突な切り替わりがカッコいいことこの上なし。
 ベースがノリノリで凄まじいグルーブ感。
 さらに長いピアノソロは最初から最後までぶっ飛び疾走しまくりで痛快そのもの。
 こりゃ、凄いです。
 アコースティックピアノは冒頭2曲で終わり、以降、エレピ系を中心にHeadhuntersの人気曲が続きますが、ポップというより過激にファンキー。
 全編エレキベースが跳ねまくり、その上をエレピ、Saxが縦横無尽。
 わかりやすくてカッコいいあの時代のJazz Funk。
 今聞いてももちろんカッコいい。

※こちらは近年の演奏。ベースは近年のJeff Beckバンドの人だなあ。


posted by H.A.

【Disc Review】 “Paseo de los Castanos” (2007) Tomatito

“Paseo de los Castanos” (2007) Tomatito
Tomatito (Guitar) and Others

Paseo De Los Castanos
Tomtito
Universal I.S.
2003-02-25
トマティート




 フラメンコギタリストTometito。
 Michel Camiroとの共演は知っていたけど、このアルバムにはGeorge Benson (Guitar)との共演曲を収録。
 フラメンコ特有の汗臭さが薄まり、強烈な哀愁感を残しつつも都会的なクールなムード。
 そしてとてつもない疾走感。




posted by H.A.

【Disc Review】“Continuum” (1983) Rainer Brüninghaus

“Continuum” (1983) Rainer Brüninghaus
Rainer Brüninghaus (piano, synthesizer)
Markus Stockhausen (trumpets, fluegelhorn) Fredy Studer (drums)

Continuum
Rainer Bruninghaus
Ecm Records
2001-02-27


 前作“Freigeweht” (1980)では宇宙的浮遊感の音楽だったRainer Brüninghaus。
 同じような編成ですが、本作の空気感は地上です。
 不思議なもので、ビートが微妙にはっきりしているから?
 構成が複雑だから?
 ピアノがはっきりとフィーチャーされているから?
 何故かはわかりませんが、これまた心地よい音楽であることは変わりません。
 緊張感があるけども、美しく優しいピアノ。
 浮遊感のある、しなやかな音楽。




posted by H.A.

【Disc Review】“Freigeweht” (1980) Rainer Brüninghaus

“Freigeweht” (1980) Rainer Brüninghaus
Rainer Brüninghaus (piano, synthesizer)
Kenny Wheeler (flugelhorn) Jon Christensen (drums) Brynjar Hoff (oboe, English horn)
 
Freigeweht
Rainer Bruninghaus
ECM Records
2000-04-04





 ベーシストEberhard WeberやサックスJan Garbarekの諸作品でカッコいいピアノを弾いていた人。
 ベースレス、ホーン入りの変則トリオ。
 近未来の香りとクラシックの香りが混在する、クールな質感のコンテンポラリージャズ。
 シンセサイザーが作る未来的、宇宙的空気の中を、ピアノ、ドラム、ホーンが泳ぐ。
 なるほど、ベースレスならではの浮遊感。
 あの凄いピアノを派手に弾く場面は少なく、ホーン、ドラムと均等なバランス。
 でも、やはりこの人のピアノは只者では無い。
 低速時のタメと、高速時の加速感のバランスがいいのでしょうか。
 クラシックの香りも併せて、上品かつ疾走感、情緒感のある演奏。
 サラリとしていて、ベタつかない美しさ。
 緊張感は低くないけども、厳しくはなく、あくまで優しいピアノ。
 サポートメンバーの好演奏も手伝って、終始、上品なグルーブ感、昂揚感がある音楽。
 スペースシャトル、もう一回地球を周回しましょうか、ってな感じの、静かで美しく平穏、だけども昂揚感、微妙な緊張感がある音。
 心地いいピアノ、心地いい音楽。


※ピアノだけでもカッコいい・・・

posted by H.A.

【コンテンポラリーな日々】No.5 ~モンクとコンテンポラリー・ジャズ~

f0321768_02401888
墟に共感することは人間の業(ごう)を肯定することに等しい。

だがそのことに気づいている人間は意外と少ない。
by S.I.


 
 若い頃、ジャズを聴き始め、ちょっとピアノをかじり始めた私にとってのアイドルや心の師匠は、レッド・ガーランドやウイントン・ケリー、ジョン・ルイス、それにビル・エヴァンス、など等。当時は教本も豊富ではなく、ピアノの先生や教室に通った経験も無いので、レコードを聴きながら耳コピで練習するのみでした。

 むろんセロニアス・モンクの存在は良く知っていたし、アルバムもたくさん買い求めたました。でも、モンクはアイドルではなかった、というか、ピアニストとして目指す存在ではなかった。モンクをコピーして演ってみると、それはあまりにモンクそのもの、モンク以外には聴こえないのです。モンク風に演奏することは、「影響」ではなく、「真似」になってしまう。それほどにモンクの個性は際立ち、異彩を放っている感じでした。

 アイドルではなかったけど、いつも「気になる」存在だったのを覚えています。目指す存在ではなくても、時々聴きたくなり、「どうも不可解な音だなァ」と思いつつも、また聴きたくなる。考えてみると、不思議で奇異な存在でした。

 あれから数十年が経ち、今ではすっかりヨーロピアン・コンテンポラリー派になったしまった私は、ふとコンテンポラリー・ジャズの発芽はいつごろからで、どんなミュージシャンによるものだったのか・・・そんなことを想っている最中、モンクに行き着いたのです。モンクの音楽こそは、バップの時代の中、コンテンポラリーの要素をふんだんに宿していたのでは、と思い始めたのです。

 
 コンテンポラリー・ジャズの演奏にある通常のコードやスケールからOUTする瞬間の美のような要素。モンクはあの時代に既に演っていたのではないか。さらにモンクはたくさんの名曲を残しているけれど、どの曲も、きわめてユニーク。その曲の中にところどころ不可解な音が数多くちりばめられている。

 G・ガーシュインやC・ポーターの曲のように全ての文脈がすっきり展開・解決するメロディとはきわめて違う異質な曲だ。でも、今にして思うと、これが実にカッコいい、というか、これはコンテンポラリーではないか。彼のピアノスタイルはきわめて素朴で、コンテンポラリーのピアニストのように流麗な印象とは程遠い。だから、ちょっと聴くとコンテンポラリーとは異質な感じだけど、その音使いは、まさにOUT OF SCALEではないのか。

 モンクはその風貌から、「ひとくせある人物」という印象、と云ったら失礼かもしれませんが、彼の音には、私がヨーロピアン・コンテンポラリーに感じる「闇」のようなものが含まれていたのかもしれません。多かれ少なかれ誰の心の中にも深い「闇」のようなものがあると思いますが、モンクはその心の闇をひた隠しにはせず、彼の書いた曲や自身の演奏にそのまま映し出したのでは、と思えてならないのです。

 と・・・そこまで考えて、私はハッと思いついたことがあります。

 
 エリントンはどうなんだ、と・・・。デューク・エリントンはビリー・ストレイホーンと共に、数多くの名曲を残しました。エリントンの曲も、あの当時としてはちょっと不可思議なユニークな音がかなり含まれていたように思います。コード進行も奇妙とも思えるような流れの曲もあります。ガーシュインやH・マンシーニが書くような曲とは、やはり一味も二味もう。


 いや待てよ・・・そういえばジョビンはどうなんだ。ボサノバの開祖のひとりA・C・ジョビンの曲のことも思い出しました。彼の曲もとても美しく、チャーミングで愛くるしいまでの名曲がたくさあります。が、その曲の殆どは、どこかにちょっと首をかしげるような音が含まれている。それはほんの半音だけずらしているような印象を受けてしまうのです。

 
 楽譜を見るとオヤッと思うのですが、実際に音を聴くと、これがなんとも云えないジョビン・ワールドを演出する。デザフィナードという彼の名曲は、「調子っぱずれ」という意味ですね。そういえば、あっちこっち半音ずれているような感じがするのだけど、それが実にお洒落でモダンな印象を振りまいている。やはり只者ではない。

 
 若い頃、ただ何気なくモダン・ジャズを聴き続けていた私はあまり気にもせず通り過ぎていたことが、こうして思い返すとそれぞれのミュージシャンたちが音に封じ込めたメッセージは計り知れない要素があったのかもしれません。

 70年代以降に台頭してきたコンテンポラリー・ジャズは、突如として発生したのではなく、モダンやスゥイングの時代から、ジャズという母体に受胎し、脈々と育まれ、やがてひとつのスタイルとして生み落とされたのかもしれない。

 もしかしたら、モンク、エリントン、ジョビン以外にも、多くのミュージシャンが気付かないところで、モダン全盛時代にもささやかな主張をしていたのかもしれない。

 
 コンテンポラリー・ジャズの本質へ迫る私の旅はまだ始まったばかりです・・・




si50posted by S.I.

【Disc Review】"King Crimson Songbook 1、2" (2005,2009) Crimson Jazz Trio

"King Crimson Songbook 1、2" (2005,2009)
Crimson Jazz Trio
 
King Crimson Songbook 1
King Crimson
Voiceprint UK
2005-11-15
クリムゾン・ジャズ・トリオ
King Crimson Songbook 2
King Crimson
Inner Knot
2009-04-07


 プログレッシブロックの最高峰、キングクリムゾンの完全なジャズアルバム!
 すべての楽曲がキングクリムゾンの曲とゆうだけに留まらず、当バンドのリーダーがアイランド期のメンバーだったドラマー、イアンウォーレス!しかもゲストで曲により、これまたアイランド期の名サックスプレイヤー、メルコリンズも参加している。
 キングクリムゾンはプログレの中でも最もジャズ的要素を持つバンドとして認知さえているが、この2枚のアルバムはピアノトリオによる、完全なモダン・コンテンポラリージャズだ。ジョディー・ナードンのピアノ、ティム・ランダースのベース、と共にイアン・ウォーレスが完璧にジャズっている。
 プログレ好きだった私は1972年にチックコリアのリターン・トウ・フォーエバーと出会いジャズの底知れない魅力(スウィング・バップ・ボサ等も含む)にはまり現在に至っているが、ジャズファンとなった後もプログレ勢だけは気になる存在であり続けた。
 とくにクリムゾンは・・・・
 ともかくクリムゾンファン、いやジャズ色が強いプログレ、ジャズロックには是非聴いてもらいたいアルバムだ。


posted by M.A.

【Live Report】“Lage Lund Trio” at NARU 2014/10/19

“Lage Lund Trio” at NARU, Ochanomizu,Tokyo
2014/10/19

Lage Lund (guitar)
Matt Brewer(bass) Johnathan Blake(drum)

 若手ギタリスト、Lage Lundのトリオ。
 コンテンポラリー系のギタリストの中ではオーソドックスな方かな?
 ファンだったのですが、ライブは初参加。さてどんな音やら。
 意外にもスタンダードが半数以上。やはり若い人もモダンジャズが好きなのかなあ。とはいえ、ギターのフレーズは浮遊感のある現代的な音づかい。
 2ndセットはオリジナル曲中心。不思議系のメロディ、リズムも多様化。
 
 なるほど、クールな質感も含めて、やはり現代的ジャズでカッコいい。
 これも意外だったのが、エフェクターをほとんど使わない。(足元見てませんがディレイのみ?)ピックアップもおそらくフロントのみ。
 ほぼ生音だけであの艶のある音を出し、多彩な楽曲をやっていたのね。確かにCDでもそれっぽいなあ。
 Pat Metheny以降、似た音を使う人が多いなあと思っていたものの、やはり人それぞれ、多彩です。


posted by H.A.

【コンテンポラリーな日々】No.4 ~ヨーロッパの闇~


廃墟を愛することは、心地良い絶望である

by S.I.




 若い頃、買い求めたレコードやジャズ喫茶で聴きまくった音は、その殆どはアメリカからのモノだったでしょう。当時それほど意識はしなかったと思うけど、ジャズなんだからアメリカ発であるのはきわめて自然。


 むろんヨーロッパ録音のレコードなんかもあったけど、あくまでアメリカのミュージシャンがたまたまフランスや北欧でレコーディングしたものが多く、あとは邦人ジャズのモノ。

 しかし、コンテンポラリーを聴き始めたこの数年間、買いあさったCDをよくよく見返してみとそのほとんどがヨーロッパ発のモノであると気がつきました。レーベルもECMなどヨーロッパのモノが断然多い。

 別にアメリカの発信力が弱まったわけでもないでしょう。ですが、ここ数年私の心を揺さぶった音源の多くはヨーロッパ発のモノで、ミュージシャンもヨーロッパ人が殆どです。それもフランスやドイツ、イギリスのような主要国ばかりでなく、ポーランド人やベルギー人、また北欧の人達も多い。さらに、ヨーロッパが活動拠点だとしても、イスラム圏やアフリカ出身者のミュージシャンのCDも少なくない。


 これっていったい何なんだろう? 私のアンテナと波長は、アメリカを遮断し、すっかりヨーロッパ側の周波数にフィットしまったのか。


 ヨーロッパ発のモノをとりあえずヨーロピアン・コンテンポラリーと呼ぶことにしましょう。さて、このヨーロピアン・コンテンポラリーの全体の印象は、やはりどことなく「暗い」そして「影」というか「闇」のようなモノが音の源流に流れているような気がしてならないのです。


 この暗さは何なのか、そしてこの「影」のようなモノに魅かれるのはなぜなのか。


 ヨーロッパというと、この地球上では、いち早く文明が発展し、政治的にも民主化を実現させ、かつてはイギリスに代表されるように世界の海洋を制覇し、もっとも早く整然とした国家体制を作り上げた世界のお手本のような国々だと、心のどこかで思い込んでいたような気がします。


 しかし、しかしですよ。ヨーロッパの歴史を知れば知るほど、その「おぞましさ」に直面する。大部分が陸続きであるがゆえに侵略、虐殺、それもその規模において想像するだけで身も震えるほどの凄惨な史実がある。その多くは民族や、それに伴う宗教問題があり、故に壮絶な差別も厳然と存在していた。しかも、近代化以後、その大部分は解決したのかと云えば、必ずしもそうではない。今も尚、様々な問題と闇をかかえヨーロッパ社会に依然として暗い影を落としている。

 これは私の強引な推論に基ずくものですけれど、ヨーロピアン・コンテンポラリーに反映される「暗さ」と「影」のようなものの正体は、実はこのヨーロッパの人々が心のどこかにトラウマのように抱える「積年の恨みと、懺悔」のような、もっと言えば、人間そのものに対する「懐疑と絶望」のようなものではないかと思ってしまうのです。新興国家アメリカでも様々な問題もあるけれども、はっきり云って「ヨーロッパの歴史は一筋縄では行かない」と思います。いえ、アメリカが根底に抱える問題さえ、元をただせばヨーロッパが持ち込んだものではないでしょうか。


 つい最近までアメリカ発のジャズばかり聴いていた私が、今ではすっかりヨーロピアン・コンテンポラリー派になってしまったのですが、しかし良く考えてみると、こんな音楽を通じ、私がずっと以前から漠然と感じていたヨーロッパへの印象が、見事に一致したような気がしてなりません。


 冒頭に私の廃墟迷文を書かせてもらいました。

 「廃墟を愛することは、心地良い絶望である」と。


 廃墟のようにこれまで私が若い頃から愛し、親しんできたものを、この「廃墟」に当てはめると、不思議としっくりするような気がしてならないのです。


 「カフカ文学を愛することは、心地良い絶望である」

 「Deathtopiaの世界感に共感を抱くのは、心地良い絶望である」

 「エドガー・A・ポー作品に親しむのは、心地よい絶望である」

 ・・・など等。

 そして、

 「ヨーロピアン・コンテンポラリーを聴くことは、心地良い絶望である」

 いかがでしょう・・・?

 おそらく私にはヨーロピアン・コンテンポラリーにのめり込む素地が既にあったのかもしれません。


si50posted by S.I.


 

【Disc Review】”Live in Luxembourg” (2008) Tubis Trio

”Live in Luxembourg” (2008)
Tubis Trio

 Jazzと言われて想像する音楽はどんな物でしょうか。
 皆それぞれ異なると思いますが私は「疾走感、開放感、切れのあるコード」を想像します。

 その一つの曲がJest Jak Jest 。
 個人的にピアノトリオを好む傾向が有りますが、曲の疾走感はミステリアスでありながら、曲そのものの構造はとてもシンプルなつくりです。
 この曲もその要素を多く含んでいます。軽い感じが良いです。
 トリオの魅力は「調和」。下手でも上手でも、人に響けば良作です。

 ポーランドの人は、個人的好きな音楽家の人が多いのですが、普段どんな生活をしているのでしょうか?
 何気ない普段の事から音楽は出来上がって行くと考えていますので、非常に興味があります。



posted by N.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ