2014年7月、『パラジャーノフ生誕90周年記念映画祭』
 これを逃すと次回またいつ観れるか分からないと思い、渋谷ユーロスペースで久し振りの映画三昧。
 監督のセルゲイ・パラジャーノフはソ連邦当時にグルジアで生まれたアルメニア人(1924~1990年)。
 映画自体が古いのためお世辞にも良い画質とは言えなかったけど、どの作品も美術と音楽が民俗色&宗教色全開でなんとも妖しい美しさ…
 初期の傑作『火の馬』は特に美しくて痺れるカットが多く、劇場の大画面で観ることが出来て良かった。
 また観たいけど、DVDは廃盤でプレミア価格状態…是非とも再販、もしくはBlu-ray化して欲しいです。
 代表作とされる『ざくろの色』は全編ほぼセリフなしで撮影方法も特殊(固定カメラで対象を静止画の様に撮影したり、登場人物が殆ど正面か横顔だったり)で、まるで夢を見ているかのような魔術的な映像。
 『ざくろの色』のオリジナル『サヤト・ノヴァ』は当時の検閲によりマスターが散逸してしまい、後に再編集されたものだそうです。
 遺作となった『アシク・ケリブ』は監督がようやく自由に創る事が出来た集大成の様な作品で、当時亡くなって間もないアンドレイ・タルコフスキー監督に捧げられています。
 劇場で観る機会はなかなか無いかもしれませんが、機会があれば是非ともハリウッド映画ともヨーロッパ映画とも違う世界にふれてみて下さい。
 おススメは上記3作(火の馬、ざくろの色、アシク・ケリブ)です。

 今映画祭での上映作品リストはこちら。
  『アンドリエーシ』1954-55年/62分
  『石の上の花』1962年/75分(未鑑賞)
  『火の馬』1964年/96分
  『ざくろの色』1971年/71分(『サヤト・ノヴァ』1968年の短縮版)
  『スラム砦の伝説』1984年/87分
  『ピロスマニのアラベスク』1985年/20分
  『アシク・ケリブ』1988年/77分

posted by R.Y.