吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

【Disc Review】“Dorival” (2017) Tutty Moreno, Rodolfo Stroeter, Andre Mehmari, Nailor Proveta

“Dorival” (2017) Tutty Moreno, Rodolfo Stroeter, Andre Mehmari, Nailor Proveta
André Mehmari (Piano) Nailor Proveta (Alto sax, Clarinet) Rodolfo Stroeter (Contrabass) Tutty Moreno (Drums)

 ブラジリアンジャズの名手が揃ったDorival Caymi作品集。
 大将はJoyceの夫君Tutty Morenoでしょうか?それともAndré Mehmari
 いずれにしても“Forcas D'Alma” (1999) Tutty Moreno、“nem 1 ai” (2000) Monica Salmaso、“Nonada” (2008)などを制作した中核メンバー。
 上記の作品群からかなりの年月が経過し、ほんの少しエキセントリックに、言葉を変えればクリエイティブに変化した音。
 ベテラン陣はあまり変わっていないのかもしれませんが、André Mehmariのピアノが変わっているように思います。
 近年の彼の作品のようにクラシック色は強くなく、あくまでジャズピアニストな演奏。
 それも内面から出てくるモノを抑えきれないような、その場に止まれないような、激しい演奏。
 スローテンポで漂うような音の流れから始まり、徐々に飛び跳ね、突っ走るピアノ。
 過去のジャズカルテット作品でも、頭抜けた演奏力のピアノだけがぶっ飛ぶ場面はあったのですが、この期では彼のピアノが全体を支配しているようにも聞こえます。
 そんなピアノに寄り添うように伸びたり縮んだり、時に共に突っ走り、時に定常に引き戻すバンド。
 多くの場面でフロントに立っているのは流麗なサックス、クラリネットなのですが、後ろで動きまくるピアノに耳が行ってしまいます。
 郷愁漂うDorival Caymiのブラジリアントラディショナルなメロディとドラマチックな編曲、ハイテンションなジャズカルテットの演奏。
 企画、メンツどおりの心地よい、ほんの少しだけぶっ飛んだブラジリアンジャズ。
 なお、録音はノルウェー、OsloのRainbow Studio。
 言わずと知れたECMのホームグラウンド。
 ここまでの作品とは音の感じが変わってそれっぽい音?・・・・ではありませんね・・・?





 Andre Mehmariの参加作品、私が知る限り。
 他にもたくさんあるのでしょう。
 2017年は極めて多作。
 近年はクラシック色が強くなってきているように思いますが、いずれにしてもどれもハズレなしの名作、佳作揃いなのが凄いなあ・・・

edição comemorativa: 10 anos de lançamento” (1998) with Celio Barros
 “Forcas D'Alma” (1999) Tutty Moreno 
nem 1 ai” (2000) Monica Salmaso
“Canto” (2002)
 “Áfrico” (2002) Sérgio Santos
Lachrimae” (2003) 
Piano e Voz” (2004) with Ná Ozzetti
 “Ia Ia” (2004) Monica Salmaso
 “Sergio Santos” (2004) Sergio Santos
Continuous Friendship” (2007) with Hamilton de Holanda
 “Io So” (2007) Sergio Santos
de arvores e Valsas” (2008)
Veredas” (2006-2008) Omnibus
Miramari” (2008) with Gabriele Mirabassi 
 “Nonada” (2008) with Rodolfo Stoeter, Tutty Moreno, Nailor Proveta, Teco Cardoso
 “Litoral e interior” (2009) Sérgio Santos
Gimontipascoal” (2009, 2010) with Hamilton de Holanda
 “Antonio Loureiro” (2010) Antonio Loureiro (一曲のみ)
Canteiro” (2010, 2011)
Afetuoso” (2011)
 “Naissance” (2012) François Morin
Triz” (2012) with Chico Pinheiro, Sérgio Santos 
“Orquestra A Base De Sopro De Curitiba e André Mehmari” (2012)
"Macaxeira Fields" (2012)  Alexandre Andrés
 "Sunni-E" (2012) Renato Motha & Patricia Lobato (一曲のみ)
Arapora” (2013) with Francois Morin
Tokyo Solo” (2013)
“Angelus” (2013)
Ao Vivo No Auditorio” (2013) with Mario Laginha
Ernesto Nazareth Ouro Sobre Azul” (2014)
 ”Caprichos" (2014) Hamilton de Holanda (一曲のみ)
As Estacoes Na Cantareira” (2015)
 “Partir” (2015) Fabiana Cozza (一曲のみ)
"MehmariLoureiro duo" (2016) with Antonio Loureiro
Três no Samba” (2016) with Eliane Faria, Gordinho do Surdo
Guris” (2017) with Jovino Santos Neto
Am60 Am40” (2017) with Antonio Meneses
Serpentina” (2017) with Juan Quintero, Carlos Aguirre
Dorival” (2017) with Tutty Moreno, Rodolfo Stroeter, Nailor Proveta
 "Macieiras” (2017) Alexandre Andrés(一曲のみ)


posted by H.A.

【Disc Review】“Vento Sul” (2017) Luis Leite

“Vento Sul” (2017) Luis Leite
Luis Leite (guitar)
Erika Ribeiro (piano) Fred Ferreira (guitar) Marcelo Caldi (acordion) Ivo Senra (Fender Rhodes) Peter Herbert (bass) Diego Zangado, Felipe Continentino (drums) Luis Ribeiro (percussion)
Wolfgang Puschnig (flute) Giuliano Rosas (clarinette) Sergio Krakowski (adufo) Elisa Monteiro (viola) Márcio Sanchez (violin,viola) Tatiana Parra, Lívia Nestrovski (voice)

 Vento Sul [CD]Luis Leite

 ブラジルのギタリストLuis Leiteのブラジリアンジャズフュージョン。
 Andre Mehmari系の知る人ぞ知る名作“Naissance” (2012) François Morin、あるいはアルゼンチンのQuique Sinesi諸作を想い起こすアルバム。
 リオデジャネイロの若手なのだと思いますが、ミナス的であり、フォルクローレ的な優しく繊細なサウンド。
 Tatiana Parraの参加が目を引き、確かにそんな表情もありますが、彼女の諸作よりももっと穏やかでポップなテイスト。
 ピアノとギターの美しいDuoで始まり、Tatiana Parraのテクニカルなスキャット、この種の音楽の定番クラリネット、アコーディオン、さらにはストリングスとの絡み合い、などなど。
 女性ピアニストErika Ribeiro も、Andre Mehmariのエキセントリックな部分を削ってヨーロピアンジャズのテイストを混ぜたような素晴らしいピアノ。
 速いテンポになるとあの一時期のPat Methenyのようなヒタヒタと迫ってくるようなビート。
 さらにはあの?Wolfgang Puschnig?のフルートを交えたコンテンポラリージャズカルテット、などなど。
 全曲違った編成、ムードも異なるのですが、なぜか一貫した質感。
 リーダーが派手にギターを弾きまくるわけではありませんが、素晴らしいバランスのサウンド。
 全曲オリジナル曲、少々哀し気なような懐かし気なような、それでいて前向きな、サウダージな表情のメロディ揃い。
 最後は弦が奏でるとても切ない音の流れで幕・・・
 近年の南米ジャズ系音楽のカッコいい所が詰まったような傑作。
 “Naissance” (2012) François Morin、あるいはAndre MehmariCarlos Aguirre諸作に並ぶような・・・は大袈裟でしょうか?
 こういうのがあるから、ブラジル~南米音楽探しはやめられまへん。




posted by H.A.

【Disc Review】“Gafieira São Paulo” (2010) Gafieira São Paulo

“Gafieira São Paulo” (2010) Gafieira São Paulo
Veronica Ferriani, Cae Rolfsen (Vocal)
Conrado Goys (Guitar) Marcio Roldan (Piano) Daniel Amorim (Contrabass) Thiago Rabello (Drums) 
Anderson Quevedo (Sax) Jaziel Gomes (Trombone) Paulinho de Viveiro (Trumpet) Paulinho Timor, Bruno Prado (Percussion)



 ブラジル、サンパウロのミュージシャンのプロジェクトによるジャジーなMPB作品。
 明るくてほのぼのとした、それでいてグルーヴィーでハイテンションな演奏。
 同じくサンパウロのDani Gurgel諸作に近い感じ、おそらく仲間の人たちなのでしょう。
 若手?のミュージシャンが集まって作った作品なのだと思いますが、演奏は超ハイレベル。
 ピアノトリオ+ギター+パーカッションの定番の編成に、ホーンのアンサンブルが加わる形。
 いわゆるジャジーなサウンド、クラブジャズ的なノリ、アレンジを含めてとても現代的でオシャレ。
 ブラジル混じりのイタリアンなクラブジャズが一時期流行っていたようなことを思い出しますが、そのクールな感じをウォームな感じにしたイメージ。
 もちろん、ブラジリアンのジャズならではのしなやかなグルーヴ。
 そんな音を背景に、これまたブラジルの定番、優し気な男女ボーカルが入れ代わり立ち代わり。
 楽曲はMoacir Santos, Chico Buarque, Caetano Veloso, João Donato, Joyce Morenoなどの大御所に加えて、若手の Giana Viscardi、参加メンバーのオリジナル曲も何曲か。
 どれもキャッチーで素敵なブラジリアンメロディ。
 何のことはなさそうな楽し気な演奏ですが、とてもグルーヴィーで完璧なアンサンブル。
 バラバラなようで完璧な統一感。
 この上質さはどこから来るのでしょうかね?
 とても明るくて温かな陽だまりのような音。


 

posted by H.A.

【Disc Review】“Wear My Love” (2009) David T. Walker

“Wear My Love” (2009) David T. Walker
David T.Walker (Guitar)
Leon Ndugu Chancler (Drums, Percussion) Clarence McDonald (Piano, Synthesizer) Byron Miller (Bass) Barbara Morrison (Voice)

Wear My Love
Universal Music LLC
2009-11-18


 David T.Walkerのクリスマスアルバム。
 一番好きなギタリスト。
 全体のサウンドは、ちょっとキッチリし過ぎてポップに過ぎるフュージョンかな?
 でもまあ、この人のギターが鳴ればどうでもいいや。
 ソフトでメロウなクリスマスサウンドに映える激渋ギター。
 これ、最高。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Study of Touch” (2017) Django Bates' Beloved

“The Study of Touch” (2017) Django Bates' Beloved
Django Bates (piano)
Petter Eldh (double bass) Peter Bruun (drums)

The Study of Touch
Django Bates
Ecm Records
2017-11-10


 イギリスのフリージャズ系ピアニストDjango Bates、ECMでのリーダー作。
 ECMでは客演で“So I Write” (1990), “Exile” (1993) Sidsel Endresen, “Eréndira”(1985), “Cantilena”(1989) First Houseなどがありますが、リーダー作としては初めてでしょう。
 ECMとDjango Bates、ソロ、変則コンボ・・・何でもありそうないかにも危険な組み合わせですが、本作はオーソドックスな編成のピアノトリオ、“Confirmation” (2012)など、超弩級に激しく過激なジャズバンドDjango Bates' Belovedでのアルバム。
 1970年代ECMならいざ知らず、その激烈なジャズが現代のECMに合うのかなあ・・・と思いながら・・・
 さすがECM、厳しいご指導があったのでしょうかね?
 ほどほど静かなDjango Bates' Beloved。
 トレードマークの変幻自在、予測不能、複雑怪奇なジャズの色合いははそのまま。
 が、激烈さは影を潜め、穏やかなサウンド。
 激しくは弾かれないピアノと、それに合わせるような暴れないバンド。
 このバンドの流儀と思しきジャズスタンダードをグチャグチャに解体するのではなく、何となくジャズっぽい感じのオリジナル曲。
 メカニカルでピキピキパキパキとしつつも、ECMのお約束、ルバートでのスローバラードなども交え、近年のECM的な淡いサウンドに近づけようとしているようにも聞こえます。
 それでもフワフワとした感じにならず、なんだかんだでDjango Batesのパキパキした感じ、ECM諸作の中ではジャズ寄りのサウンドでしょうかね。
 直近の客演“Blue Maqams” (2017) Anouar Brahemでは、もう少しフワフワしていて、ECMっぽかったようにも思うのですが・・・?
 なんだかんだで過激ではない、上品で上質なピアノトリオジャズ。
 ECM移籍第一作目は淡い色合いになる、の法則は、鬼のようなベテラン激烈ピアニストにも当てはまる・・・かな?




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ