吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

【Disc Review】“Remember me, my dear” (2014) Jan Garbarek, The Hilliard Ensemble

“Remember me, my dear” (2014) Jan Garbarek, The Hilliard Ensemble

Jan Garbarek (soprano saxophone)
The Hilliard Ensemble:
David James (countertenor) Rogers Covey-Crump, Steven Harrold (tenor) Gordon Jones (baritone)

Remember Me, My Dear
Hilliard Ensemble
Ecm
2019-10-18

 Jan Garbarek、The Hilliard Ensembleとの共演、2019年発表。
  “Officium Novum” (2010)後、“Officium Farewell”なるツアーの際のライブ録音、2014年。
 本作、先の三作に比べて、音がさらに広い空間に広がっていくイメージ。
 それも強烈に。
 リバーヴを伴いどこまで広がっていくソプラノサックス。
 気が付けば低く鳴っている静かなストリングスのようなコーラス。
 コーラスの音量が上がり、スキャットが言葉に代わる頃には周囲は別世界。
 ここまで美しいソプラノサックスの音は、他にあるのでしょうか。
 コーラスを含めてたっぷりのリバーブを残しながらゆっくりと動いていく柔らかな音。
 前三作ではスッキリとまとめられていた極めて完成度の高い音が、強い生気を伴ってゆっくりと動き出し、拡散し、周囲を包み込んでいく感じ。
 澄み渡った空気感は諸作と同様ですが、少し温度、湿度が上がった感じ、広大に広がる音は、ここまでの三作とは印象が異なります。
 コーラスとサックスは溶け合ったり、対峙したり、さまざまな表情、素晴らしいバランス。
 自然の成り行きで出来上がったモノなのか、そこまで含めてコントロールされたものなのかはわかりません。
 それら含めて生の音そのままなのか、一定の加工がなされたのかもわかりません。
 いずれにしてもおそろしいまでに豊かで、柔らかで、敬虔で、美しく、穏やかな世界。
 強烈な非日常感、別世界からの音。
 極めつけ。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Officium Novum” (2010) Jan Garbarek, The Hilliard Ensemble

“Officium Novum” (2010) Jan Garbarek, The Hilliard Ensemble

Jan Garbarek (Soprano, Tenor Saxophone)
The Hilliard Ensemble:
David James, Gordon Jones, Rogers Covey-Crump, Steven Harrold (Vocals)

Officium Novum
Hilliard Ensemble
Ecm Records
2010-10-05


 Jan Garbarek、The Hilliard Ensembleとのアンサンブル、“Officium” (1993)、“Mnemosyne” (1999)に続く第三作。
 前作から十年が経過しているようですが、ここまでの二作と同様に、静謐、清廉、敬虔な天上サウンド。
 第一作“Officium” (1993)では、コーラスとサックスが別の場所から聞こえるように、あるいは対峙しているように聞こえ、それが特別な緊張感を醸し出していたように感じました。
 本作、前作では、サックスの音量をわずかに落とし定位を調整したのか、サックスがコーラスの一部のように全体が溶け合う場面が増えたように感じます。
 元々極限までに洗練されていたようなサウンドが、さらに洗練され、熟成し、より柔らかくマイルドになったようにも感じます。
 が、それは聞いた際のこちらの気持ちの違いなのかもしれませんし、楽曲の違いに寄るところなのかもしれません。
 本作ではKomitasの楽曲が多く取り上げられ、アルメニアをテーマにしているのかもしれません。
 いずれにしても、キリリとしつつもまろやかなサックスの音とフワリとしたコーラスが一体化して周囲を包み込む、極上の音。
 哀しげでやるせない空気感、が、前向きで優しい音。
 ヨーロッパ近辺の人々にとっては、もっと深い捉え方ができる特別な音なのでしょう。
 歴史観、宗教観が全く異なる極東の現代人にとっても、最高の慈しみサウンド。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Mnemosyne” (1999) Jan Garbarek, The Hilliard Ensemble

“Mnemosyne” (1999) Jan Garbarek, The Hilliard Ensemble

Jan Garbarek (Soprano, Tenor Saxophone)
The Hilliard Ensemble:
David James, Gordon Jones, John Potter, Rogers Covey-Crump (Vocals)

Mnemosyne
Hilliard Ensemble
Ecm Import
1999-10-05


 Jan Garbarek、クラシックコーラス隊The Hilliard Ensembleとのアンサンブル、“Officium” (1993)に続く第二作、同じくECM New Seriesから。
 たっぷり二時間に近い大作。
 近い時期ECM Recordsからの“Rites” (1998) Jan Garbarekに並ぶ大作、敬虔な空気感も同様ですが、勇壮で沈痛なそちらに対して、静謐、清廉な本作。
 タイトルは記憶、あるいはそれにまつわる女神?とのこと。
 古楽、クラシックの楽曲にオリジナル曲を加えつつ、遠い記憶を呼び戻し、拾い集め・・・なストーリーが込められているのかもしれません。
 全編に流れる仄かな哀しみ、希望なのか落胆なのか絶望なのか、言葉がわからないだけにかえって想像力が掻き立てられる音。
 ともあれ、とても柔らかく優しい音、前作“Officium” (1993)と同じく天上の音。
 前作ではサックスとコーラスが別の位相から聞こえてくるような不思議なバランスでしたが、本作ではサックスとコーラスが同じ場所から聞こえてくる場面が増えたように感じます。
 その分、より自然に響いてくるように、リラックスして聴けるようにも感じます。
 いずれにしても周囲の空気、景色をガラリと変える特別な音、陶酔へと誘う静かな音。
 非日常、非現実への強烈なトリップミュージック。
 全編通して集中して聴くと、心身が浄化され、生まれ変われる・・・かも・・・


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Officium” (1993) Jan Garbarek, The Hilliard Ensemble

“Officium” (1993) Jan Garbarek, The Hilliard Ensemble

Jan Garbarek (Soprano, Tenor Saxophone)
The Hilliard Ensemble:
David James, Gordon Jones, John Potter, Rogers Covey-Crump (Vocals)

Officium
Ecm Records
1999-11-16


 ノルウェーの大御所Jan Garbarek、こちらもクラシックコーラス?の大御所The Hilliard Ensembleとの共演。
 ECM New Series、もちろんジャズではなくクラシック。
 この領域には疎く、古楽なのかクラシックなのか教会音楽なのかグレゴリオ聖歌なのか、聖歌コーラスとサックスの組み合わせが一般的な手法なのかどうか、その他諸々わかりません。
 とにもかくにも、ヴォイスアンサンブルとサックスが絡み合う、この世のものとは思えないほどの美しい世界。
 静謐、清廉、敬虔。
 ゆったりと静かに鳴るコーラスと、それに寄り添うようにオブリガードともソロともつかない音を奏でていくサックス。
 1970年代の刃物のような厳しさは和らぎ、同じく張り詰めた感じながらも優しい音。
 サックスが少しだけ前に出る感じ、あるいは別の場所から聞こえてくる感じ、コーラスと一体化するわけでも、かといって対峙するわけでもない不思議なバランス。
 その上での完璧なアンサンブル。
 部屋の天井が高くなり、面積が広大になったような、さらに周囲の空気が浄化され、湿度、温度が少し下がったような錯覚。
 そんな空間に残るサックスの残響音がとても心地よい・・・、なんて下衆な感覚がはばかられる、心洗われる美しい時間。
 全部含めて強烈な非現実感。
 天上の音。
・・・・・
 なお、ECMで一番売れたアルバムはこの作品とのこと。
 さすがヨーロッパ。
 さらに余談、これに続けて、近い時期の”Twelve Moons” (1992) Jan Garbarekを聞くと、類似するムード、同じく非現実的なほどに美しいのですが、デジタル混じりで少し現代の世俗に戻れた感じがして安心できます。
 それが最高に心地よかったりします。


  

posted by H.A.



【Disc Review】“The Call Within” (2020) Tigran Hamasyan

“The Call Within” (2020) Tigran Hamasyan

Tigran Hamasyan (Piano, Voice, Synthesizer, etc.)
Evan Marien (Bass) Arthur Hnatek (Drums) 
Tosin Abasi (Guitar) Areni Agbabian (Voice) Artyom Manukyan (Cello) Varduhi Art School Children’s Choir (chorus)

Call Within
Hamasyan, Tigran
Nonesuch
2020-08-28


 Tigran Hamasyan、2020年作。
 ECMレコードでの静かな作品Nonsuchでのピアノソロなどの作品が続いていましたが、再びハードでハイテンションなワールドミュージック的・変拍子・プログレッシブロック・ジャズ。
 この色合いは“Mockroot” (2014)以来でしょうか。
 ピアノトリオをベースに楽曲ごとにゲストが加わる構成。
 激情をほとばしらせるようなハードでヘビーなビート。
 ここまでくると変拍子というよりも、楽曲の動きに合わせて動いていくビートアンサンブル。
 疾走と突然のストップ、緩急の目まぐるしい展開。
 変幻自在。
 ときおりのデジタルなビートと電子音も加えつつ、その中で響くクラシカルなピアノ。
 そんな音の流れの中、そこかしこに散りばめられる緩急交えた妖しいヴォイス。
 祈祷系なのか太古の声系なのか、はたまた未来からの声なのか何なのか、とにもかくにも現世では聞こえてこないような音。
 とても幻想的。
 が、まどろめるような時間はほんのわずか、強烈に覚醒を促す音。
 度々現れるトゲトゲした変拍子でのハードなリフの繰り返しが誘う、脳みそ掻き回される系の危ない陶酔感・・・
 とてもドラマチック。
 あの軽やかに疾走するジャズピアノインプロビゼーションの場面はありません。
 それにこだわる方の考えが古いのでしょう。
 これまたジャズ、ロック、クラシック、民族音楽の枠などどこ吹く風の新しい音。
 それにしてもごっつい音楽。




posted by H.A.


【Disc Review】“Triptych” (2020) Tatiana Parra + Vardan Ovsepian

“Triptych” (2020) Tatiana Parra + Vardan Ovsepian

Tatiana Parra (voice) Vardan Ovsepian (piano)

Triptych
Vardan Ovsepian
2020-02-29


 ブラジルの女性ボーカリストとアルメニアルーツのピアニストのDuo。
 “Lighthouse” (2014)、“Hand In Hand” (2016)に続く三作目(たぶん)。
 それらと同じくフラジリアンな柔らかさとアルメニアンな硬質さが交錯しつつ、両者の幻想が入り混じる、複雑な質感のハイテンションDuo。
 柔らかで透明度の高いヴォイスとカミソリように鋭利なピアノ。
 国籍不明、不思議感たっぷり、悲しみを湛えたような表情のメロディ。
 おそらくは事前に計算尽くでキッチリと譜面に落とされたのであろう、複雑で予測不可能な音の動き。
 激しくアップダウンする強烈なユニゾンから浮遊へ、ヴォイスが引くと疾走を始めるピアノ。
 変幻自在。
 二人だけの静かな音ながら、ながら聞きを許さない緊張感。
 さりげなく挟まれたMichel Legrandの哀愁曲のメロディも解体されたような、そのままの形で全体の中に溶け込んでしまったような。
 ここまでの諸作と同様の質感ですが、作品が進むにつれて様々な要素が整理され、すっきりとまとまったようにも感じます。
 これ見よがしなところのない静かな演奏です。
 が、クラシックのノーブルさと完成度、ジャズのグルーヴと興奮、MPBのポップネスが入り混じる、それらのどれでもない新しさ、ってな感じ。
 ジャンルも国籍も時代も不明な現代の音。
 いつの時代も音は動いているなあ・・・などと、当たり前のことをいつも思ってしまうこの二人のDuo。




posted by H.A.


【Disc Review】“City Of Dreams” (2019) Chico Pinheiro

“City Of Dreams” (2019) Chico Pinheiro

Chico Pinheiro (Guitars, Vocals)
Tiago Costa (Piano, Keyboards) Bruno Migotto (Bass) Edu Ribeiro (Drums) Chris Potter (Tenor Sax)

CITY OF DREAMS
CHICO PINHEIRO
Rip Curl Recordings
2020-07-24


 ブラジルのギタリストChico Pinheiroのコンテンポラリージャズ。
 リーダー作は共作では“Triz”(2012)André Mehmari, Chico Pinheiro, Sérgio Santos以来?、単独では“There's a Storm Inside” (2010)以来?でしょうか?
 サポートはファーストコールなブラジリアンピアノトリオに、数曲で大御所Chris Potterを加えたオーソドックスなジャズフォーマット。
 面々から予想される通りの今風コンテンポラリージャズ。
 奇数系のビートがちらほら、もちろんフワフワとしたブラジル風味も漂っていますが、都会的ニューヨーク的なムード。
 それっぽい複雑な動きのビート、メロディ、構成。
 テクニカルでメカニカル。
 が、奇をてらったところや実験色もない、いかにもこの人らしい音。
 そんな音を背景にして突っ走るクリーントーンのジャズギター。
 これでもかこれでもかと音数たっぷり。
 でもあくまで上品なジャズギター。
 ガットギターが鳴ってスキャットボイス乗ってくるブラジルっぽい幻想的な感じ、直球センチメンタルな場面もありますが、あくまでハイテンション。
 さらにChris Potterが入ってくるといかにもな超ハイテンションジャズになりますが、突っ走りつつもドカーン、グシャーンとはこない、あくまで抑制されたノーブルさ。
 同じような編成であっちの世界までぶっ飛んでいくPat MethenyKurt Rosenwinkelとはまた違ったカッコよさ。
 そんな感じと、微かなブラジル風味がほどよいバランスのコンテンポラリージャズ、とにもかくにも古今東西、疾走するジャズギターの心地よさ最高、ってな感じでよろしいのでは。




posted by H.A.


【Disc Review】“Remember: A Tribute to Wes Montgomery” (2006) Pat Martino

“Remember: A Tribute to Wes Montgomery” (2006) Pat Martino

Pat Martino (Guitar)
David Kikoski (Piano) John Patitucci (Bass) Scott Robinson (Drums) Daniel Sadownick (Percussion)



 Pat Martino、Wes Montgomeryへのオマージュ作品。
 ピアノトリオを迎えた正統ギターカルテットにパーカッションの編成。
 “Four On Six”, “Full House”, “Road Song”の名曲御三家はもちろん、“Groove Yard”, “Twisted Blues”などのブルース、Milt Jackson絡みの“Heartstrings”, “S.K.J.”から、 バラード“If I Should Lose You”まで、所縁の人気曲の選曲。
 絵にかいたような企画ですが仕方ありません。
 演奏もいたってオーソドックス。
 手練れのメンバーも奇をてらったことをしようとはせず、あくまで1960年代のジャズをやってみよう、ってな感じ。
 テーマ一発、後は突っ走るのみ。
 Patさん、齢おいくつの時の演奏なのかはわかりませんが、本当に突っ走っています。
 Wesさんとはまた違った感じのフレーズを散りばめながら、どこまでもどこまでも続いていきそうなギター。
 続くピアノもまた然り。
 Tommy Flanaganほどノーブルではなく、 Wynton Kellyほど黒くはない、でも突っ走り転げまくる現代のモダンジャズピアノ。
 皆、1960年代ジャズ、Wesさんの音楽が好きなのでしょう。
 カッコいい現代の1960年代ジャズ、Wes Montgomeryミュージック。




posted by H.A.


【Disc Review】“Live at Yoshi's” (2001) Pat Martino

“Live at Yoshi's” (2001) Pat Martino

Pat Martino (guitar)
Joey DeFrancesco (organ) Billy Hart (drums)

Live at Yoshi's
Pat Martino
Blue Note Records
2001-06-01


 21世紀に入ったPat Martino。
 オルガン入りトリオでのライブ録音。
 サポートは名手のお二人。
 ドラムは名作“Exit” (1976) のBilly Hart。
 あのタイトル曲とまではいかずとも、攻めまくるドラム、そしてオルガン。
 その上で、さらに攻めるギター。
 オーソドックスなジャズの少人数での演奏ながら、徹底的に攻撃的。
 火の出るような”Oleo”から始まって、Miles Davis所縁が二曲にオリジナル。
 静かに始まる演奏も、気がつけば怒涛の弾きまくり、叩きまくり。
 いくら興が乗っても、そこまでやらなくても・・・なんて演奏がてんこ盛り。
 というか、最初から最後までそれ。
 なんだか昔の徹底的に音を並べていく怒涛のジャズ路線に戻った感じもするし、特に新しいアプローチがあるわけではありません。
 それでいてビックリ仰天な演奏揃い。
 21世紀になっても攻撃的なジャズはカッコいい。




posted by H.A.


【Disc Review】“The Maker” (1994) Pat Martino

“The Maker” (1994) Pat Martino

Pat Martino (guitar)
James Ridl (piano) Marc Johnson (bass) Joe Bonadio (drums)

The Maker
Pat Martino
Evidence
1995-04-20


 Pat Martino、1994年作。
 大病の療養から復帰して10年弱。
 ピアノトリオを迎えたオーソドックな編成でのオリジナル曲の演奏集。
 摩訶不思議な展開のメロディたち。
 そんなテーマの提示が終わったら、落ち着いたジャズ演奏。
 かつての怒涛のような激しい演奏とはイメージが違う、スッキリとした音。
 10分を超える演奏が何曲か並び、たくさんの音を高速に繰り出していくギターのスタイルは変わりません。
 が、音の流れに合い間が出来ていて、それがいい感じ。
 あわせて、音のイメージがすっかり現代的になり、ほどよいリバーブ、艶のあるギター、きらびやかなピアノ。
 空間に響くギターの残響音が心地よい場面もしばしば。
 これでメロディに愛想があってキャッチーだったらなあ・・・
 オーソドックスながらちょっとここまでとは違った感じの新時代のジャズ、でもそこはかとなく漂う不思議感がいかにもPatさんといえばその通りなのかもしれません。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ