吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

【Disc Review】“Timba” (2016) Diego Schissi Quinteto

“Timba” (2016) Diego Schissi Quinteto

Diego Schissi (piano)
Guillermo Rubino (violin) Santiago Segret (bandoneon) Ismael Grossman (guitar) Juan Pablo Navarro (contrabass)

Timba
Club del Disco
2016-06-27


 現代タンゴのDiego Schissi、2016年作品。
 “Tongos” (2010)と変わらないメンバー。
 “tipas y tipos–en vivo en café vinilo” (2012), “Hermanos” (2013)は他のメンバーが加わっていましたが、Diego Schissiバンドは不動のメンバーのキンテート。
 本作はフォルクローレ風味は抑え気味、現代音楽~クラシック色が強めのバランスの複雑で不思議なタンゴ。
 重苦しい弦の響きから始まる複雑なアンサンブル。
 先の読めない変幻自在な展開。
 クラシカルなタンゴの香りの目まぐるしい楽器の絡み合い。
 “Tongos” (2010)、“tipas y tipos–en vivo en café vinilo” (2012), “Hermanos” (2013)あたりで感じられたフォルクローレな色合い、優しく感じられた質感が薄まり、デビュー作“Tren” (2008)の強さ、高い緊張感に戻ったようにも感じます。
 さらに少々ダークな色合い。
 ピアノが前面に出る場面は少なくなり、終盤の何曲かに限られています。
 アンサンブル中心、少人数で静かな場面でも前面に立つのはバイオリン、バンドネオン、ギターが中心。
 結果としては、コンテンポラリージャズの色合いも薄くなっているようにも感じます。
 共通するのは繊細さ。
 前半の激しく沈痛な面持ちの絡み合いから、終盤に収められたピアノを中心とした静かな数曲にほっとしつつも、最後は妖し気なボイスと叫び声、SEを絡めた不穏な空気感の中で幕・・・
 そのタイトルの英訳は“Dead talking”・・・なるほど・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Tangofied” (2012) Torben Westergaard, Diego Schissi

“Tangofied” (2012) Torben Westergaard, Diego Schissi

Torben Westergaard (bass) Diego Schissi (piano) 
Guillermo Rubino (violin) Paula Pomeraniec (cello) Santiago Segret (bandoneón) Ismael Grossman (acoustic guitar)

 デンマークのベーシストTorben WestergaardとアルゼンチンのピアニストDiego Schissi双頭リーダーバンドの現代タンゴ。
 Astor Piazzollaキンテートと同様の編成+チェロ。
 Astor Piazzollaの色合いが強く感じられますが、もう少し軽めで不思議感たっぷり。
 硬めのビート感に硬質なピアノ、とても哀し気な音色のバイオリンに、漂うバンドネオン、クールなギター、それらに重厚な背景を作りカウンターを当てるチェロ、そして不思議なエレキベース。
 計算されたアンサンブル、各人が代わる代わる前面に立ち、うねりを作りながら次々と変化していく背景のアンサンブルはいかにもタンゴですが、そんな中でエレキベースがファンクに跳ねる感じ。
 ピアノを中心とした全体のパキパキ感とベースの不思議な跳ね具合、さらに他の楽器の浮遊感の組み合わせがなんとも新しい感じ。
 リーダー陣のピアノとベースが後ろに下がる時間は強い浮遊感、とても優雅でクラシカルなムード。
 二人が戻るとピキピキパキパキしながら跳ねる感じの不思議な空気感。
 少々硬めの質感ながら、インプロビゼーションの場面では疾走系のジャズになるDiego Schissiのピアノがとてもいい感じ。
 一聴バラバラな感じが、なぜか自然に収まっていく感じがこれまた不思議。
 楽曲はAstor Piazzolla風もふんだんに取り入れた、哀愁、郷愁たっぷり、ドラマチックな構成。
 が、彼ほどの深刻感、沈痛感はなく、甘からず辛からず、そして曖昧過ぎない淡い色合いが中心。
 さらにどこかすっとぼけたような明るさがある不思議なテイスト。
 ベタつかないクールで乾いた質感もいかにも現代の音、そんなタンゴ。
 とても不思議な感じですが、とても素敵だと思います。




posted by H.A.


【Disc Review】“Tren” (2008) Diego Schissi Double Cuarteto

“Tren” (2008) Diego Schissi Double Cuarteto

Diego Schissi (piano)
Juan Pablo Navarro (contrabass) Ismael Grossman (guitar) Mario Gusso (percussión)
Guillermo Rubino, Herman Ringer (violin) Ricardo Bugallo (viola) Paula Pomeraniec (cello)

Tren
Diego Schissi
Epsa Music
2015-12-27


 現代タンゴのピアニストDiego Schissi、これがデビュー作でしょうか?
 全体の印象は、硬質なピアノを中心としたビート感固め、現代音楽~クラシック色が強いタンゴなのですが、さらにコンテンポラリージャズが複雑にフュージョンするような、いろんな要素が混ざり合う現代のタンゴ。
 ピアノトリオにギターのカルテットに、ストリングスカルテットのアンサンブル、本作ではバンドネオンは無し。
 凝りに凝ったアレンジ、アンサンブル。
 甘くないメロディと、強めで複雑なビート。
 いろんな楽器がこれまた複雑に絡み合いながら、激しくアップダウンする音の流れ。
 ストリングスのアンサンブルが前面に出る場面は、強い緊張感もあわせて、Astor Piazzola的であるし、プロレッシブロックのようにも現代音楽のようにも響きます。
 ピアノが前面に出る場面はヨーロッパの香りが漂う、あるいはフリージャズ混じりのコンテンポラリージャズのような色合い。
 などなど含めて、映像が早送りで再生されているような、目まぐるしく周囲の景色が変わっていくような音の動き。十二分に激しいのですが、それでいてなぜか極めて繊細な質感。
 激しく動く演奏の合間々に挟まれる美しいソロピアノ、ピアノとギターとのDuoなどの静かな場面がアクセント。
 デビュー作?にしてとてもクリエイティブな力作。
 次はハイテンションながら繊細な質感はそのまま、本作のカルテットにバンドネオンを加え、以降不動のクインテットでの“Tongos” (2010)へと続きます。




posted by H.A.


【Disc Review】“Tap: Book of Angels Volume 20” (2013) Pat Metheny

“Tap: Book of Angels Volume 20” (2013) Pat Metheny

Pat Metheny (acoustic guitar, electric guitar, bandoneon, sitar guitar, baritone guitar, orchestra bells, orchestrionic marimba, keyboards, piano, bass guitar, tiples, percussion, electronics, flugelhorn)
Antonio Sánchez (drums) Willow Metheny (vocals)



 Pat MethenyによるJohn Zorn楽曲集。
 “The Orchestrion Project” (2010)の後、”Unity Band” (2012)の後の時期の制作。
 盟友Antonio Sánchezのドラムをサポートに迎えたソロ演奏。
 メロディ自体はいつもの作品と違ってJohn Zornのそれ、サウンドもここまでは無かった色合いが中心。
 ズルズルのロックギターと電子音の絡み合いの激しい音からスタート。
 フリージャズの演奏、あるいは ”Imaginary Day”(1997)にこんな感じもあったように思いますが、この人のここまでハードロックなギターは珍しいなあ。
 他にもいくつかのそんなロックな演奏がありますが、これがまたピッタリはまった凄い演奏。
 ロックギタリストPat Metheny、畏るべし。
 他の楽曲ではフリージャズピアニストPat Metheny、畏るべし、の場面もあります。
 また、Antonio Sánchezのジャズっぽくないロックなドラムがタイトでグルーヴィーで、これまたカッコいい。
 アコースティックギターになっても中近東系?の不思議感。
 ギターソロになると徐々にいつもの雰囲気が出てきたかな・・・と思っていたら、いつの間にかまたエスニックな別世界に・・・
 ギターシンセサイザーが鳴り出してもまた同じ。
 ハードロックあり、フリージャズあり、エスニックあり。
 Pat Methenyとしてはやはり異色な作品。
 異質だけども、カッコいいなあ。






(録音or発表年)  Group/ Solo/ Suport
(Jun.1974)   Jaco” with Jaco Pastorius
(Jul.1974)    Ring” Gary Burton 
(Dec.1975)  Bright Size Life” 
(Dec.1975)  Dreams So Real” Gary Burton 
(1976)    Passengers” Gary Burton 
(1977)    Watercolors” 
(Jan.1978) ”Pat Metheny Group” 
(Aug.1978)  New Chautauqua
(Jun.1979) ”American Garage
(Sep.1979)  Shadows and Light” Joni Mitchell
(May.1980)  80/81” 
(Sep.1980)  As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls” Lyle Mays, Pat Metheny 
(1980)    Toninho Horta” Toninho Horta
(Sep.1981)  “The Song Is You” Chick Corea
(Oct.1981) ”Offramp” 
(1982)   ”Travels” 
(1983)  Rejoicing” 
(1983)  ”All The Things You Are” with The Heath Brothers
(1983)  “Move To The Groove” with The Heath Brothers
(1984)  ”First Circle” 
(1985)  The Falcon and the Snowman” 
(1985)  “Contemplacion” Pedro Aznar
(1985)  "Encontros e Despedidas" Milton Nascimento
(1986)  Day In-Night Out” Mike Metheny
(1985)  Song X” with Ornette Coleman
(1987)    ”Still Life (Talking) ” 
(1987)  “Story Of Moses” Bob Moses
(1987)  Michael Brecker” Michael Brecker
(1989)    ”Letter from Home” 
(1989)  Question and Answer” 
(1989)  “Electric Counterpoint” Steve Reich
(1989)  Reunion” Gary Burton 
(1989)  Moonstone” Toninho Horta
(1989)  ”WELCOME BACK” 矢野顕子
(1990)  Parallel Realities” Jack DeJohnette
(1990)  Parallel Realities Live...” Jack DeJohnette
(1990)  “Tell Me Where You're Going” Silje Nergaard
(1991)      ”The Road to You” 
(1991-2) Secret Story” 
(1992)  Till We Have Faces” Gary Thomas
(1992)  ”Zero Tolerance for Silence” 
(1993)  Wish” Joshua Redman
(1993)  I Can See Your House from Here” with John Scofield
(1994)  “Noa” Achinoam Nini
(1994)  “Te-Vou !” Roy Haynes
(1994)  "Angelus"  Milton Nascimento
(1995)     ”We Live Here” 
(1996)     ”Quartet
(1996)  Passaggio per il paradiso” 
(1996)  “Sign of 4” with Derek Bailey
(1996)  Pursuance” Kenny Garrett
(1996)  Beyond the Missouri Sky” with Charlie Haden
(1996)  "Tales from the Hudson" Michael Brecker
(1997)  ”The Elements : Water” David Liebman 
(1997)    ”Imaginary Day
(1997)  The Sound of Summer Running” Marc Johnson 
(Dec.1997)  Like Minds” Gary Burton 
(Jul,Aug.1998) Jim Hall & Pat Metheny” 
(1999)  A Map of the World” 
(1999)  “Dreams” Philip Bailey
(1999)  Time Is of the Essence” Michael Brecker
(Aug.1999)   ”Trio 99 → 00” 
(1999-2000)    ”Trio → Live” 
(2000)    Nearness of You: The Ballad Book” Michael Brecker
(2001)    ”Reverence” Richard Bona 
(2001)    ”Speaking of Now” 
(2002)     ”Upojenie” 
(2001,3)   One Quiet Night” 
(2003-4)   ”The Way Up” 
(Dec.2004)  Tokyo Day Trip” 
(Oct.2005)  Day Trip” 
(Dec.2005)  Metheny/Mehldau Quartet” 
(Aug.2006)  Pilgrimage” Michael Brecker
(Dec.2006)  Metheny/Mehldau” 
(2007)    Quartet Live" Gary Burton  
(2009)    Orchestrion” 
(2010)    The Orchestrion Project” 
(2011)    What's It All About” 
(2012)    Unity Band” 
(2013)    Tap: John Zorn's Book of Angels, Vol. 20” 
(2013)    “SHIFT” Logan Richardson
(2013)    KIN (←→)
(2014)    The Unity Sessions
(2015)    Hommage A Eberhard Weber”  
(2016)    Cuong Vu Trio Meets Pat Metheny” Cuong Vu


posted by H.A.


【Disc Review】“The Orchestrion Project” (2010) Pat Metheny

“The Orchestrion Project” (2010) Pat Metheny

Pat Metheny (guitar, orchestrionics)

The Orchestrion Project
Pat Metheny
Nonesuch
2013-02-12


 Pat Metheny、orchestrionicsによるソロ演奏、“Orchestrion” (2009)に次ぐ第二弾、映像作品制作を主とした教会での無人のライブ演奏音源。
 “Orchestrion” (2009)五曲全てを演奏し、さらに過去の楽曲のセルフカバーに即興演奏を二編、全13曲。
 音の作りも前作と同様に、マリンバの響きがエスニックで、自動演奏の生楽器のサウンドがどことなくノスタルジックながら、複雑に動きまくる音、それでいてポップで聞きやすい音。
 懐かしい曲から即興演奏まで、激しい系からバラードまで、凄い演奏が揃っていますが、とりわけなのは前作のタイトル曲の再現“Orchestrion”、ハイテンションで疾走する”We Live Here” (1995)収録の”Stranger in Town”でしょうか。
 自動演奏でよくここまでグルーヴし、疾走し、高揚感を出せるものだと呆れるやら、感動的やら・・・
 即興演奏の二曲はドラムとのDuoに加えて、その場で楽器を選択したうえで、ギターとシンクロした様々な楽器で短いフレーズを作りながらそれらを重ね、ループさせながら全体の音を作っていくスタイル。
 おのずと同じフレーズの繰り返しが中心となるミニマルミュージック的になるのですが、徐々に音量とテンションが上がっていく構成はこれまたとてもドラマチック。
 などなど含めて本作も凄い「ソロ」演奏が並びます。
 が、なんだかんだでPat Metheny Groupのサウンドっぽいのが何とも趣き深いというか、何と申しましょうか・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“The Orchestrion” (2009) Pat Metheny

“The Orchestrion” (2009) Pat Metheny

Pat Metheny (guitar, orchestrionics)

Orchestrion
Pat Metheny
Nonesuch
2010-01-26


 Pat Metheny、orchestrionicsによるソロ演奏。
 ピアノ、ドラム、ベース、マリンバ、ビブラフォン、ギター、オルガン的な楽器などの自動演奏とギターとの共演。
 プログラミングした自動演奏ながらあくまで生楽器の音。
 デジタル臭はなく、極めて自然にグルーヴし、疾走し、漂う音。
 ヒタヒタと迫ってくるようなビート感と、極めて複雑ながらメロディアスでときに幻想的、ドラマチックな展開はまさに一人Pat Metheny Group状態。
 全五曲の各曲長尺な演奏。
 冒頭の組曲“Orchestrion”は超弩級にドラマチックな一人”The Way Up” (2003-4)状態。
 静かに始まり複雑な展開、目くるめくようなリズムブレイクにすさまじいユニゾン・・・などなどを経て、ラテンな疾走と高揚~沈静まで、15分を超えるなんともすさまじい演奏。
 こりゃスゲーや。
 バンドでの演奏であれば凄いなあ・・・ってな感じでいいのだけども、フレキシブルな楽器の絡み合い、自然なグルーヴや疾走、強烈な高揚感までを計算尽くでプログラミングし、事実上、独りで同時に演奏しているのだろうから、もはや言葉がありません。
 これでもかのドラマチックさに加えて、マリンバ系の音がしっかり効いていてエスニックな感じもするし、どことなくある時計仕掛け感がノスタルジックな感じなど含めてなんとも複雑な質感。
 それらを背景に弾きまくられる、いつも通りの丸い音のギターのインプロビゼーションもすさまじい限り。
 名曲揃いなだけにPat Metheny Groupとしてやっていればまた違った大名作に・・・なんてことは愚かな考えなのでしょう。
 おそらくは前人未到の凄い音楽、しかもそこそこポップでサラリとも聞ける音。
 こりゃスゲーや。




posted by H.A.


【Disc Review】“A Map of the World” (1999) Pat Metheny

“A Map of the World” (1999) Pat Metheny

Pat Metheny (acoustic guitars, piano, keyboards) 
Gil Goldstein (orchestrator, conductor, organ) Steve Rodby (acoustic bass) Dave Samuels (percussion) and Orchestra

A Map of the World (1999 Film)
Warner Bros / Wea
1999-11-15


 Pat Methenyによる映画のサウンドトラック?。
 ”Imaginary Day” (1997)と”Speaking of Now” (2001)の間の時期の制作。      
 中心となるのはアコースティックギターとGil Goldsteinが率いる優雅で美しいオーケストラとの共演。
 センチメンタルな空気感は近い時期のサントラ作品“Passaggio per Il paradiso” (1996)にも共通しますが、質感は異なります。
 ナチュラルでアコースティックな一貫性のある音作り。
 バラード中心ですが、後の“One Quiet Night” (2001,3)シリーズのように沈んだ感じ、静的な感じではなく、ほどよい風が吹くアメリカの大草原的な爽やか系。
 “Beyond the Missouri Sky”(1996)に近い感じかもしれませんが、もっと明度、透明度が高く、優雅かつさり気ない音。
 全編でアコースティックギターのシングルトーンが前面に出て、メロディもあのPat Metheny節。
 他の作品と比べてマニアックな成分が薄くて、いい感じで普通な雰囲気。
 優雅で洗練されたGil Goldsteinのオーケストラの音ゆえでしょうか?
 アルゼンチン系、現代フォルクローレ系の作品にこの種の空気感の作品が多いのですが、共通するのは全体を漂う郷愁感。
 本作はさながらAmerican Saudadeってな感じ。
 景色が次々と変わっていくような音の流れ、細かく刻まれた全28曲ですが、サントラ臭はなく純音楽作品として極めて上質で心地よい音。
 隠れた名作。
 聞き流しても気持ちよさそうなさり気なさは、CaféのBGMに最高の音なんだろうなあ・・・
 和みます。




posted by H.A.


【Disc Review】“Passaggio per Il paradiso” (1996) Pat Metheny

“Passaggio per Il paradiso” (1996) Pat Metheny

Pat Metheny (Instruments)

Passaggio Per Il Paradiso
Pat Metheny
Geffen Import
1998-10-20


 Pat Methenyによる映画のサウンドトラック。
  ”Quartet” (1996)、”Beyond the Missouri Sky” (1996)と同じ年の制作。
 ギター、ピアノ、シンセサイザー、その他、一人での演奏、制作。
 中心となるのはストリングス、シンセサイザーのサウンドを前面に出したスローバラード。
 その合間々に挟まれるアコースティックギターで繰り返し奏でられる何曲かの美しいメロディ。
 長い演奏はありませんが、それらはどれも絶品です。
 それらがアクセントとなりつつ、幻想的で物悲しい音の流れが続きます。
 いつものサウンドとは異なりますが、メロディ自体はいつものどことなく懐かしさが漂うPat Methenyのバラード。
 ここで描かれるParadisoは明るくてのほほんとした感じではなく、物悲しくて幻想的。
 静かで沈んだ感じですが、あくまで前向き。
 きっとそんなSaudadeな映画なのでしょう。
 違うのかな?




posted by H.A.


【Disc Review】“The Falcon And The Snowman” (1984) Pat Metheny Group

“The Falcon And The Snowman” (1984) Pat Metheny Group

Pat Metheny (Guitar Synthesizer, Acoustic Guitar, Electric Guitar)
Lyle Mays (Synthesizer, Piano) Steve Rodby (Acoustic Bass, Electric Bass) Paul Wertico (Drums, Percussion) Pedro Aznar (Voice)
David Bowie (voice) 
National Philharmonic Orchestra, Ambrosian Choir

 Pat Metheny Groupによる映画のサウンドトラック。
 名作連発期、“First Circle” (1984)と”Still Life (Talking)” (1987)の間、Pat Metheny Group名義。
 あくまでサントラ、いきなり聖歌隊で始まるし、この期の色合いの南米度はほどほど、Pat MethenyよりもLyle Maysの色合いが強い感じ、ビート感も重め、ジャケットもいつもの雰囲気ではないし・・・
 が、メロディ、コードの動きはなんだかんだでPat Metheny Groupの音楽。
 ポストECMの時期、近い時期の“Lyle Mays” (1985)に近いのかもしれませんが・・・
 スキャットとシンセサイザーが作る幻想的な空気感にリリカルなピアノ、掻き鳴らされるアコースティックギター。
 あの丸っこいクリーントーンのエレキギターが出て来ないのが寂しいのですが、その分Pedro Aznarのヴォイスが映える場面、あるいはシンセサイザーが作る宇宙的、幻想的な場面が多い構成。
 ポップスからシンセサイザーミュージック、クラシック的な音までさまざまな表情。
 David Bowieとの共演も含めて、このポップでてんこ盛りな感じはECMでは作らせてもらえないんだろうなあ・・・
 この後、Geffen RecordsでのPat Metheny Groupの快進撃が始まります。




posted by H.A.


【Disc Review】“Nascimento” (1997) Milton Nascimento

“Nascimento” (1997) Milton Nascimento

Milton Nascimento (Vocals, Guitar, Whistle)
Hugo Fattoruso (Piano) Túlio Mourão (Keyboards) Wilson Lopes (Guitar) Jeff Mironov (Acoustic Guitar) Hugo Fattoruso (Accordion) Rob Mounsey, Túlio Mourão (Synthesizer)
Luiz Alves (Bass) Alberto Continentino, Anthony Jackson (Electric Bass) Lincoln Cheib, Robertinho Silva (Drums) Ronaldo Silva (Electronic Drums)
Lincoln Cheib, Ricardo Cheib, Rob Mounsey, Ronaldo Silva (Percussion)
Nivaldo Ornelas, Rob Mounsey (Flute) Nivaldo Ornelas (Soprano Sax)
Lani Groves, Mardey Souza Nascimento Russo, Tawatha Agee, Vaneese Thomas (Vocals)

Nascimento
Milton Nascimento
Warner Bros / Wea
1997-06-05


 Milton Nascimento、1997年作。
 “Minas” (1975)、“Milton” (1976)、“Miltons” (1988)とか似た感じのタイトルのアルバムが多くてややこしいのですが、本作は“Nascimento”。
 “Angelus” (1993)に近い洗練されたスムースなテイスト。
 1970年代のフォークロック、1980年代の少々キツめのフュージョン~AOR路線を経て、スッキリとまとまった音。
 冒頭はパーカッションとボイスのみ。
 ブラジリアン山奥エスニックな音、一聴ではワイルドなのですが、なんだかとても洗練されています。
 そんな楽曲を間にはさみつつ、フォークロックあり、ソフトなソウル風あり、フュージョンあり。
 どれも時代的なあざとさはなく、洗練されたコーラスワークとスキャット、ソフトでメローなバンド、ナチュラルでスッキリとした音の流れ。
 “Native Dancer” (1974)に収められていたWayne Shorterナンバー“Ana Maria”のソフトなコーラス、オシャレなソプラノサックスとストリングスの絡み合いなどがその典型でしょうか。
 ソフトなAORでもあり、エスニックミュージックでもあり。
 ハードなジャズっぽい演奏が無いのはちょっと寂しい感じもしますが、ま、お好み次第。
 洗練されたブラジリアンエスニックなポップミュージック、ここに極まれり、ってな感じの一作。




 posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ