吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

【Disc Review】“Clareia” (2017) Sabrina Malheiros

“Clareia” (2017) Sabrina Malheiros
Sabrina Malheiros (Vocals, Guitar)
Zé Carlos Santos (Acoustic Guitar) Kiko Continentino (Electric Piano, Synthesizer)
Alex Malheiros (Bass, Backing Vocals) Ian Moreira, Jakaré (Percussion)
Daniel Maunick (Programming, Synthesizer)
Marcelo Martins (Flutes), Leo Gandelman (Sax, Flute)

Clareia
Far Out Recordings
2017-07-28


 ブラジルのボーカリストSabrina Malheirosの最新作。
 バンドのメンバーはAzymuthの父上Alex Malheirosを含めて、十数年前のデビュー作“Equilibria” (2005)とほぼ同じ。
 プロデューサーも同じくIncognitoのファミリーのDaniel Maunick。
 ってな感じで、こちらも変わらないブラジリアンIncognitoなダンサブル・ブラジリアンファンク。
 冒頭から1980年代にタイムスリップしたかのような、ブリティッシュファンク、あるいはAORな音。
 チョッパーベースにタイトなドラム、フルートの涼し気な響きにクールな歌声、ギターのカッティングに少々懐かし気なシンセサイザーの音。
 “New Morning” (2008)に比べると、サウンドはよりシンプルになり、デビューアルバム“Equilibria” (2005)に戻ったようにも感じます。
 そちらよりもデジタルっぽさは薄くなりましたが、デビュー時十数年から基本的なサウンドは変わりません。
 少々悲し気でキャッチーなメロディもそのまま。
一度聞いただけで頭に残るほどの強烈な美メロはないにせよ、捨て曲なしの名曲揃いなことも、どのアルバムも共通。
 ちょっとビートを落としてルーズな音作りにすると、郷愁感が強くなって、もっと今風のブラジルっぽく浮遊感の強い音になるのかもしれませんが、ま、このタイトな感じがこの人の色合いなのでしょう。
 Incognitoもさることながら、“Night-Birds” (1982) Shakatak を想い起こしてしまうのは、ブリティッシュファンクの色合いゆえ。
 ま、あちらもブラジルの香りもあったので通じる音になるのは必然なのですかね。
 ってな感じで、あの時代のオシャレでバブリーな懐かしいような空気感。
 この時代、希少・・・なのかな?




posted by H.A.


【Disc Review】“New Morning” (2008) Sabrina Malheiros

“New Morning” (2008) Sabrina Malheiros
Sabrina Malheiros (Vocals)
José Roberto Bertrami (Organ, Piano, Synthesizer) Fernando Moraes (Clavier, Clavinet, Fender Rhodes, Organ, Piano, Synthesizer) Zé Carlos (Guitar)
Alex Malheiros (Bass, Guitar, Vocals) Saulo Bezerra De Melo (Bass)
Paulo Braga, Ivan Conti (Drums) João Hermeto, Zero (Percussion)
Idriss Boudrioua (Alto Sax) Paulo Guimarães (Flute, Piccolo) Eduardo Neves, Fernando Neves (Flute, Sax) Jessé Sadoc (Trumpet) Vittor Santos (Trombone)
Leticia Dias, Valéria Lobão, Márcio Lott (Vocals)
Arthur Verocai (Guitar, Tenor Sax) 
Daniel Maunick (Programming, Sound Effects, Synthesizer)
and Strings

ニュー・モーニング
サブリナ・マリェイロス
ビクターエンタテインメント
2008-06-25


 ブラジルのボーカリストSabrina Malheirosのセカンド?アルバム。
 MPBの重鎮Arthur Verocaiも参加していますが、先の“Equilibria” (2005)と同様にプロデューサーはIncognitoのファミリーのDaniel Maunick。
 ブラジル的Incognitoサウンドというか、イタリアンなクラブジャズサウンドボッサというか・・・
 基本的には前作と同じテイストですが、少人数で作ったのであろう前作に比べるとデジタルっぽさが薄くなり、シンセサイザーではない本物のストリングス、ホーンなども加わりゴージャスな音作り。
 よりクールなのは前作かもしれませんが、いかにも気合入ってます、な音作り。
 リーダーのボイスは、サラリとナチュラルに歌うスタイルが板についてきたようにも感じます。
 ガッチリ作りこまれたアレンジ、厚めでゴージャスなバックサウンドと、サラリとクールな歌の好対照。
 楽曲は本人に加えて、父上Alex Malheiros、Arthur Verocai、などのオリジナルを中心として、Carole Kingの”It's Too Late”など。
 本作も前作に引き続きそこはかとない哀愁が漂うキャッチーなメロディ揃い。
 前作に引き続き、捨て曲なしのカッコいいメロディ、アレンジの楽曲が並びます。
 私的にはもっと薄くて軽いサウンドの方が好みなのですが、こちらの方が一般受けはするのでしょうかね?
 オシャレで、ポップでダンサブル。
 おまけにゴージャスなブラジリアンファンクな一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Equilibria” (2005) Sabrina Malheiros

“Equilibria” (2005) Sabrina Malheiros
Sabrina Malheiros (Vocals)
Zé Carlos Santos, Jean-Paul "Bluey" Maunick (Guitar) Kiko Continentino (Piano, Electric Piano, Organ) Alex Malheiros (Bass, Guitar, Keyboard, Backing Vocals) Chico Batera (Drums, Percussion) and others

Equilibria
Sabrina Malheiros
Far Out UK
2005-08-02


 ブラジルのボーカリストSabrina Malheirosのデビュー作。
 あのブラジリアンフュージョンバンドAzymuthのベーシストの娘さん。
 ボイスは、ウイスパー系ではない透明度の高い可憐系。
 お父上も参加してAzymuthサウンドか?と思いきや、少々空気感は異なります。
 エレピよりもギターが前面に出ることもあるのですが、ビート感が少々堅め、懐かしい感じのフュージョンサウンドと現代的なクラブ系ボッサがフュージョンした音。
 クレジットを見てみると、レーベルはイギリスのFar Out Recordings、プロデューサーはあのIncognitoのJean-Paul 'Bluey' Maunickのお子さんDaniel Maunick。
 なるほど・・・な1980~90年代ブリティッシュファンク~フュージョンな感じも混ざった音。
 メンバーはブラジル系中心で、ビートはボサノバ中心ですが、ブラジルなのかイギリスなのかイタリアなのかよくわかりません。
 とにもかくにもオシャレでスタイリッシュ、カッチリした感じのビート感強めのボサノバサウンド。
 ちょっと前のクラブあたりで流行ったような感じがありあり。
 さらにいかにも"Bluey"なギター(もちろん本人)のカッティングと、最近あまり効かなくなった感じのシンセの響きが要所にフィーチャーされます。
 そんなポップでオシャレな感じ。
 楽曲は本人に加えて、父上Alex Malheiros、Daniel Maunickなどのオリジナル曲中心。
 これまた都会的で洗練されたオシャレな感じの楽曲が揃っています。
 さすがの完成度とポピュラリティ。
 ときおりの少々のデジタル臭はご愛敬。
 クールでキャッチーなブラジリアンファンク~ポップス。
 ・・・最近はあまり聞かれなくなったサウンドではあるのかな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Luminescence” (2014) Gregory Privat & Sonny Troupé

“Luminescence” (2014) Gregory Privat & Sonny Troupé
Grégory Privat (Piano) Sonny Troupé (Ka)

Luminescence
Gregory Privat
Jazz Family
2015-08-11


 カリブ、フランス領マルティニーク島出身のピアニストGrégory Privatの第三作。
 ハイテンションでソリッドなコンテンポラリージャズ“Ki Koté”(2011)、ストーリー性をもった組曲風のフュージョン混じり作品の前作“Tales of Cyparis” (2013)と来て、本作はシンプルにパーカッション「カ」とのDuo。
 カリブ風味全開のラテンジャズ、あるいは静かで郷愁感の強いピアノミュージック・・・と思いきや、アメリカ系コンテンポラリージャズの色合いが強いハイテンションなジャズ。
 少し細めの鋭いタッチ、カッチリした音の流れで突っ走るピアノ。
 シンプルなようで、不思議なタイミングで切り返し、ブレイクする複雑なビートとメカニカルなメロディライン。
 やはり現代の若手。
 ピアノ自体にはクラシックの色合いも感じるのですが、ロック、ポップスを聞いて育った世代の音なのでしょう。
 ホーンやギター、ボイスが無い分、全編これでもかこれでもかのピアノの音の洪水。
 さらに少人数でも、次々と場面が変わるような何かしらのストーリー性をもった楽曲の展開、アルバムの構成も、ここまでの作品と同様にこの人の作品の特徴。
 前向きな組曲風、アップテンポでアグレッシブな演奏、など、さまざまな色合いの楽曲ですが、終盤に収められたラテンなビート、哀愁を帯びたメロディの疾走曲“La Chose”、”Improvising in Meudon”のカッコいいこと。
 さすがカリブの人。
 やはりこの人はこの色合いがいいと思うなあ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Ki Koté”(2011)Grégory Privat

“Ki Koté”(2011)Grégory Privat
Grégory Privat (Piano)
Rafael Paseiro (Bass) Sonny Troupé (Drums、Ka) 
Olivier Juste (Ka) Renaud Gensane (Trumpet) Faustine Cressot (Vocals) Nesrine Ghalmi (Speech)

Ki Kote
Gregory Privat
Gaya Label
2015-10-13


 カリブ、フランス領マルティニーク島出身のピアニストGrégory Privatのデビュー作。
 近年、北欧ジャズのドンLars Danielssonのバンドに抜擢された人。
 いかにもカリブの人らしく、フワフワとした浮遊感のある、かつ強烈に疾走する、ラテンな空気感も漂うコンテンポラリージャズ。
 ピアノトリオをベースにして、トランペットやスキャットボイスが乗ってくるいかにもラテンジャズな構成。
 が、陽気で派手なラテン系ではなく、少々の翳りと憂いを含んだクールでシャープな質感。
 クラシックの香りも漂う上品なピアノですが、翳りや憂いがあっても、ヨーロッパの人に比べると暗さや深刻さがなく、あくまでカリブ~南米系特有のサウダージ、あるいは郷愁感といったムードでしょう。
 全曲のオリジナル曲はいかにも現代的なクールネスが漂うメロディ揃い。
 冒頭からドラムではなくて“Ka”の軽快なビートに乗って突っ走るピアノ。
 リズム陣もカリブ系の人たちなのでしょう。
 ハードでハイテンション、エキサイティングな演奏が続きますが、全くうるさくありません。
 そんな中を、美しい音のシャープなピアノ、同じく似た質感のトランペットが、加速、減速を繰り返しながら疾走します。
 さらにカリブ~南米お得意の、ふわふわと漂うような女声のスキャットボイスが乗ってきます。
 のほほんと楽し気な感じではなく、そこはかとない翳りと憂いを含んだ絶妙のバランス。
 充分に明確でハードにも聞こえるこの手の音を幻想的とは言わないのだろうけども、どこか現実から離れた、懐かし気な感じもする、デリケートな音の流れ。
 ジャズのグルーヴと疾走感、カリブ~南米の浮遊感がフュージョンした素晴らしい音が続きます。
 大きくフィーチャーされるトランペットがこれまたカッコいい。
 バリバリと吹いているようで、あくまで端正でクール、スムース。
 フレージングもさることながら、リズムへの乗り方が抜群にいい感じで、音の流れ、さり気ない入り方、抜け方にもタダものではない凄みが滲み出ています。
 初めて見る名前ですが、カリブ~キューバにはとんでもないトランペッター、ピアニストがごろごろしているのでしょうねえ。
 デビュー作にしてすごい作品。
 次作は本作の空気感を保ちつつ、ギターその他を加えつつ、物語性を持たせたカリビアンコンテンポラリージャズ作品“Tales of Cyparis” (2013)へと続きます。




posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ