吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

【Disc Review】“Surrounded by Sea” (2015) Andy Sheppard

“Surrounded by Sea” (2015) Andy Sheppard

Andy Sheppard (soprano, tenor sax)
Eivind Aarset (Guitar) Michel Benita (Double Bass) Sebastian Rochford (Drums)

Surrounded By Sea
Universal Music LLC
2015-04-17


 イギリスのサックス奏者Andy Sheppardの変則カルテットの普通なようで不思議なジャズ。
 前作“Trio Libero” (2012)のトリオにギターのEivind Aarsetが加わる形。
 静かながら躍動感が前面に出た前作に対して、本作は漂うようなバラード中心。
 Eivind Aarset は前々作“Movements in Colour” (2008)以来の参加。
 Nils Petter Molværバンド的な深刻な感じではなく、あくまで静かでスペーシーな背景作りに徹しています。
 サックストリオがキッチリとジャズを演奏する後ろで、薄い膜を作るような、あるいは緩やかに時空をゆがめていくようなギター。
 幻想的な色合いはBill Frisell入りのPaul Motianのトリオのようでもあるのですが、もっともっとジャズ寄り。
 主導するのは、あくまでどことなく懐かし気なメロディと、心地よさ最高の音のジャズサックストリオ。
 でもなんだかトリオだけの音とは印象は異なります。
 毒気まで行かずとも、不思議感を増幅するギター。
 ルバートでのスローバラードを間に挟みつつ、穏やかでゆったりとしたジャズが続きます。
 締めも“Looking for Ornette”と題された穏やかなバラード。
 本作はあまりにも穏やかなのでそれは感じていなかったのですが、やっぱり根っこはOrnette Colemanだったのかあ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Trio Libero” (2012) Andy Sheppard

“Trio Libero” (2012) Andy Sheppard

Andy Sheppard (soprano, tenor sax)
Michel Benita (Double-Bass) Sebastian Rochford (Drums)

Trio Libero
Universal Music LLC
2017-07-28


 Andy Sheppard、“Movements in Colour” (2008)に続くECMでの制作作品。
 とても妖しい前作のメンバーを刷新し、オーソドックスなジャズ色合いのフランス人ベーシストにイギリス人ドラマー。
 サウンドもまるっきり違う色合い。
 インド的な不思議なグルーヴの前作に対して、本作はジャスト、ジャズ。
 但し、Ornette Coleman的なジャズ。
 それを思いっきり静かにソフトにスムースにした感じでしょうか。
 Charlie Haden的だけども、もっともっと柔らかい感じ、低い重心でぐんぐん前に進むベースに、静かなドラム。
 サックスはいつも通りにスムース。
 たっぷり余裕のある空間の中を漂うたっぷりのエコーが効いたサックスの音と、ボコボコと音を置くベース、静かに背景を作るようなドラム。
 心地よさ最高。
 ECMのお約束、ルバートでのスローバラードも交えつつ、不思議感たっぷりに、但し、終始明るく前向きなムードで進む音。
 さらに、普通のジャズのようでどこか幻想的な雰囲気は、ECMだからこそなせる技か、百戦錬磨の名手のなせる技か。
 ま、両方なのでしょう。
 オーソドックスなようで不思議感たっぷり。
 わかりやすいのだけども、異色。
 日常と少しだけズレたような空気感と、音の響きがとても心地よい一作。

※こちらはギター入り。


posted by H.A.


【Disc Review】“Movements in Colour” (2008) Andy Sheppard

“Movements in Colour” (2008) Andy Sheppard

Andy Sheppard (soprano, tenor sax)
John Parricelli (acoustic, electric guitar) Eivind Aarset (guitar, electronics) Arild Andersen (double bass, electronics) Kuljit Bhamra (tabla, percussion)

Movements in Colour (Ocrd)
Andy Sheppard
Ecm Records
2009-06-30


 イギリスのサックス奏者Andy Sheppardの変則カルテットによるエスニック~近未来ジャズ、ECMでの制作。
 Carla Bleyバンドのイメージが強く、そこでは奇をてらわないオーソドックスでスムース、手練れたサックスのイメージ。
 本作でもサックス自体はそのままですが、バンドのサウンドは摩訶不思議。
 激烈ジャズベースArild Andersen、音響系未来系ギターEivind Aarsetのノルウェー勢に、イギリス人ギタリストJohn Parricelli、加えて打楽器の主役はタブラ。
 それら各人のイメージそのままがフュージョンしたような不思議なジャズ。
 ビートは淡々と進み次第に熱を帯びていくインド風、メロディはスパニッシュかインドっぽいエスニック風味、ベースは強烈なジャズ、フロントに立つサックスとギターはオーソドックスなジャズ、さらにときおり電子音が空間を支配して近未来的に・・・ってな感じ。
 何が何だかよくわからないフュージョン。
 そんな音が中心ですが、最後にさり気なく収められた“International Blue”なる妖しいギターとサックスの哀しく漂うような絡み合いが、これからの作品を予見しているような、そうでもないような・・・
 ECM流のエスニックジャズではあるのですが、あっちの世界には行かないオーソドックスさ。
 そんな不思議なバランスの一作。

※別のバンドでの作品から。


posted by H.A.


【Disc Review】“On the Edge of a Perfect Moment” (2005) Rita Marcotulli, Andy Sheppard

“On the Edge of a Perfect Moment” (2005) Rita Marcotulli, Andy Sheppard

Rita Marcotulli (Piano) Andy Sheppard (Saxophone)

 イタリア人女性ピアニストRita Marcotulliとイギリス人サックス奏者Andy Sheppard、両大御所のDuo作品。
 どちらもヨーロッパのコンテンポラリージャズの人。
 不思議感たっぷりの音楽の中でオーソドックにジャズ演奏しているイメージが共通しているような感じでしょうか。
 本作も不思議なようなオーソドックスなような、不思議な音。
 淡いメロディのオリジナル曲と静かな演奏。
 Rita Marcotulliはあの疾走を封印し穏やかな音、Andy Sheppardはいつものスムースな音。
 ときおりフリーな場面を挟みつつ、どことなく遊んでいるような、どことなくクラシカルで上品な感じもこの二人のイメージ通り。
 今にも止まりそうなスローバラード、“Les Mains d'Alice”、“On the Edge of a Perfect Moment”がとても悲しくて美しい。
 さらに、そんなオリジナル曲の中にさり気なく挟まれたPink Floyd ”The Dark Side of the Moon” (1973)の“Us And Them”。
 Ritaさんが他でも取り上げていたように思うので、よほど好きなのでしょう。
 確かにどことなく似た空気感のようにも思います。
 そんな不思議なジャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】“La Notte” (2010) Ketil Bjørnstad

“La Notte” (2010) Ketil Bjørnstad

Ketil Bjørnstad (piano)
Eivind Aarset (guitars, electronics) Arild Andersen (bass) Marilyn Mazur (drums, percussion) Anja Lechner (cello) Andy Sheppard (tenor, soprano sax)

La Notte
Ketil Bjornstad
Ecm Records
2013-06-11


 ノルウェーのピアニストKetil Bjørnstadのライブ録音。
 リーダーはクラシック色が強い人、メンバーはいろんな世代のECMオールスターズ。
 チェロのAnja Lechnerのイメージが合いますが、他は少し前に“Movements in Colour” (2008)を制作したゴリゴリのジャズの人に音響系の先端ギタリストといったメンバー。
 なんだかミスマッチな感じもするのですが、予想に違わず、チェロとピアノが前面にでたクラシック色と、Andy Sheppardのサックスが前面に出るジャズ色が交錯するステージ。
 “夜”?と題された組曲、全8編。
 例の跳ねないビートと沈痛で深刻なメロディ、チェロとピアノのDuoでのクラシカルな雰囲気からスタート。
 ベースが入るとジャズなサックスにズルズルギターの激しい系コンテンポラリージャズに、妖しくフリーなパーカッション。
 硬、軟、ジャズ、クラシックを織り交ぜつつ、メンバーの色合いそのままがフュージョンするアンサンブル。
 妖し気な音響系ギターがさり気ない背景を作りつつのチェロとクラシカルなピアノの絡み合い、あるいは激烈Arild Andersenと優雅なAnja Lechnerの低音Duo、なんて他ではなかなか聞けないのでしょう。
 全編わかりやすくてキャッチ―なメロディ、さまざまなシーンを織り込んだ映画のようにドラマチックな構成。
 哀し気ですが、他の諸作よりも沈痛は低め、どこかあっけらかんとした、優しい色合い。
 最後のルバートでのスローバラードも、妖しく幻想的ながら前向きなメジャーコード締め。
 この人の作品にしては深刻度低め、ジャズ度強めのクラシカルコンテポラリージャズ。
 気難しくなくていいなあ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】 “Dream Logic” (2012) Eivind Aarset

“Dream Logic” (2012) Eivind Aarset

Eivind Aarset (Electronics, Guitar, Bass, Percussion, Programming, Sampling)
Jan Bang (Dictaphone, Programming, Sampling)

Dream Logic
Eivind Aarset
Ecm Records
2012-11-13


 ノルウェーのギタリストEivind AarsetのECM作品。
 同胞Nils Petter Molværの未来系ファンク諸作“Khmer” (1996-1997)などはさておいても、“River Silver” (2015) Michel Benita、”Atmospheres” (2014) Tigran Hamasyan, “Movements in Colour” (2008) Andy Sheppardなど、意外な人たちと共演を重ねている人。
 アンビエント系、音響系、未来系・・・、なんとカテゴライズするのかはわかりません。
 同胞のJan Bangと二人で制作した本作もそんな音。
 Nils Petter Molværのバンドでは激しく凶悪なイメージもありましたが、本作はひたすらゆったりとしていて静謐。
 そして近年のECMらしく哀し気ながらとても穏やか、どこか懐かし気。
 ギター、エレクトロニクスその他の音が緩やかに絡み合う静かな迷宮。
 ふわふわした心地よい時間、ゆったりと周囲の空気が変わっていくような音の流れが続きます。
 ときおり輪郭が明確になるたっぷりのエコーが効いたソリッドギターの音がアクセント。
 静かに広がる電子音の空間の中、そんなギターの音が静かに響く場面は心地よさ最高。
 場所、時代、時間、温度、湿度・・・その他諸々、すべてが曖昧な、静かな迷宮へのトリップミュージック。
 なお、本作のプロデューサーはJan Bang。
 Manfred Eicherのクレジットはありません。
 なるほど・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Casa” (2016-2017) Clara Presta, Federico Seimandi

“Casa” (2016-2017) Clara Presta, Federico Seimandi

Clara Presta (piano, voice) Federico Seimandi (bass)
Juan Pablo Theaux (timpe, guitar) Lisandro Mansilla (sax) Rodrigo Carazo, Guadalupe Gómez (voice)

Casa
Independiente
2018-02-05


 アルゼンチンの男女Duoの現代フォルクローレ。
 フォーキーで優しい、でも不思議感たっぷりな現代の音。
 ピアノとボーカルの女性とベースを中心として、楽曲によって少人数のゲストが加わる編成。
 音楽自体は静かなバラードを中心としたオーソドックスなテイスト。
 クラシック、ジャズ、フォルクローレ、少々のタンゴの香りがするポップス風味。
 ピアノもベースも奇をてらった感じでも派手な感じでもありません。
 むしろ訥々した感じ、少人数での南米ミュージックゆえの柔らかな浮遊感。
 さらに諸々ひねったような不思議感。
 シンプルなようで凝ったアレンジなのだと思います。
 全編に哀感が漂っていますが、激甘センチメンタルではない淡くてクールな感じ、複雑な動きのオリジナル曲は、いかにも現代の若者のメロディ。
 そんな音を背景にした、とても繊細で美しい声。
 ブラジルNo.1の超美声Gisele De Santiを薄めにしたような感じでしょうか?
 透明度高い可憐系、さらさらと流れながら、上に上がると自然に裏返る、ふわりとした心地よい声。
 素晴らしい歌なのですが、なぜか前面に出る感じではなく、ピアノ、ベース、ゲストのギター、サックスと対等にアンサンブルの一部として溶け込んでいるさり気ないイメージ。
 全編に漂うどこか懐かし気な空気感は、もちろん南米Saudade。
 などなど含めて、近年の現代フォルクローレの色合いが揃ったようなサウンド、優しい系。




posted by H.A.

【Disc Review】“Trino” (2017) Aca Seca Trio

“Trino” (2017) Aca Seca Trio

Juan Quintero (Voice, Guitar, Ronroco, Pandero cuadrado) Andrés Beeuwsaert (Voice, Piano, Keyboards, Bass, Pandero cuadrado) Mariano Cantero (Voice, Drums, Percussion, Efecters)

Trino トリノ
Aca Seca Trio
NRT
2018-04-20


 アルゼンチン、現代フォルクローレの定番ユニット、Aca Seca Trio の最新作。
 近作の関連作品に“Hermanos” (2013) 、“Serpentina” (2017) などがありますが、トリオの作品としては“Ventanas”(2009)以来でしょうか?
 瑞々しいギターに零れ落ちてくるようなピアノ、朗々とした男声のスキャットにコーラス。
 本作ではゲストはなくトリオのメンバーだけでのシンプルな音。
 元気で若々しい音、アルゼンチン現代フォルクローレの定番サウンドのひとつ。
 Juan Quinteroの楽曲を中心に、Sebastian Macchi、Jorge FandermoleのShagrada Medra勢などなど。
 このバンドにしてはセンチメンタル度が強いなあ・・・と思っていたら、Sebastian Macchiの曲だったり、幻想的だなあ・・・と思っていたら、Andrés Beeuwsaertの曲だったりします。
 それにしてもAndrés Beeuwsaertのピアノがカッコいい。
 クラシカルな上品さを漂わせつつ、タメが効いていて、要所で突っ走る美しい音。
 元気で前向き、フォークロックなJuan Quinteroとの組み合わせ、そのバランスがいいんでしょうね。
 そんなこんなでいつものこのバンドの音。
 これまた定番。




posted by H.A.

【Disc Review】“Fiero.” (2017) Quinteto Bataraz

“Fiero.” (2017) Quinteto Bataraz

Lisandro Baum (piano) Pablo Farhat (violin) Matías Gobbo (bandoneon) Sebastián Henríquez (guitar) Carolina Cajal (contra-bass)

FIERO
QUINTETO BATARAZ
Independent


 アルゼンチンのバンドQuinteto Bataraz、タンゴ、フォルクローレ、ジャズ、クラシックなど、さまざま要素が入り混じるアンサンブル。
 いわゆるAstor Piazzollaキンテートの編成。
 基本はタンゴなのだと思いますが、クラシック色、フォルクローレ色が入り混じるコンテンポラリージャズな感じ、でもジャズ的なビート感ではないので、さて、何でしょう・・・?
 ってな感じのバランス。
 現代タンゴのDiego Schissiの音楽に近いのかもしれませんが、もう少し柔らかい感じでしょうか。
 複雑にビートを変えながらアップダウンする音の動き。
 それでいて上品でつつましやかで淡々とした音の流れ。
 Astor Piazzolla的展開、静かなジャズ、室内楽クラシック、もろ“展覧会の絵”のインタールード・・・、端正なピアノ、漂うバンドネオン、悲し気なバイオリン、クールなギター・・・
 次々と風景が変わっていくような音の流れ、ピアノ、バイオリン、バンドネオン、ギターが代わる代わるフロントに立ち、他のメンバーがアンサンブルを加えつつ、音量と熱量が上がっていく構成はタンゴのそれ。
 が、淡くてクールな感じのメロディ、演奏、計算しつくされたと思われるアンサンブルの中に時折現れるインプロビゼーションが現代な感じ。
 Astor Piazzolla縁の音の現代版。
 彼の音楽にさまざまな要素をフュージョンした、クールな現代の音。
 ベタつかない感じ、また、明るくて軽快、前向きな感じが、とてもいい感じ。
 こんな感じが現代アルゼンチンの若者のタンゴの色合いなのでしょうかね・・・?
 中身もいいのですが、ジャケットがカッコいいなあ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Tanguera” (2017) Diego Schissi Quinteto

“Tanguera” (2017) Diego Schissi Quinteto

Diego Schissi (piano)
Guillermo Rubino (violin) Santiago Segret (bandoneon, voice) Ismael Grossman (guitar) Juan Pablo Navarro (contrabass)
Lidia Borda, Nadia Larcher, Micaela Vita (voice)

Tanguera
Club del Disco
2018-06-01


 現代タンゴのDiego Schissi、“Timba” (2016)に続く最新作、ライブ録音。
 本作は不動のバンドメンバーに何曲かにボーカリスト。
 少し面持ちが異なるのがオリジナル曲ではなく、タンゴクラシックのアーティストMariano Moresの楽曲に絞って取り上げていること。
 あの硬質で不思議なピアノの短いイントロを過ぎると、いかにもなボーカルも含めて、タンゴなイメージそのままのハイテンションな情熱系の序盤。
 この人のバンドらしく不思議感はたっぷりですが、強いビートに沈痛で哀し気なメロディ、激しくアップダウンする音の動き。
 前半はそんなハイテンションな演奏が続きます。
 中盤からギターとバンドネオンの優しいDuo、ピアノとバイオリンの優雅なDuoなどをを間に挿みつつ、徐々に優雅で優しい表情の場面が増えてきます。
 終盤は前向きな印象、ドラマチックなバラードに、少々コミカルな演奏でクールダウン。
 さらに締めはピアノSoloでのとてもメロディアスなバラード、ほっとするようなエンディング。
 キツめの音から穏やかな音へのグラデーション。
 次々と景色と空気感が変わっていくような構成は、ハッピーエンドなサスペンス映画を見たような感覚。
 これが現代、あるいは伝統的なタンゴの時代からのステージ構成の王道なのかな?
 ドラマチックです。



posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ